L→R TORU(Gu)、KOUTA(Gu)、YU-TO(Dr)、DOUGEN(Vo)、AKIRA(Ba)

L→R TORU(Gu)、KOUTA(Gu)、YU-TO(Dr)、DOUGEN(Vo)、AKIRA(Ba)

【THOUSAND EYES インタビュー】
いろいろ試してみたけど、
できることを
全曲でやろうと開き直った

日本を代表するメロディックデスメタルバンドのひとつとして高い支持を得ているTHOUSAND EYES。最新アルバム『BETRAYER』は自身の個性を継承した上でハードネスや抒情性、疾走感といった総ての面にさらなる磨きがかかった極上の一作に仕上がっている。リーダーでありギタリストのKOUTAとシンガーのDOUGENをキャッチし、同作について語ってもらった。

作業を積み重ねていった時に
ちょっとずつ自信を持てるようになった

新しいアルバムを作るにあたってテーマや構想などはありましたか?

KOUTA
構想というところで言うと、3枚目のアルバム(2018年2月発表の『Day Of Salvation』)は自分の中で本当に納得できるアルバムにしたいという意識のもとに作って、それを実践できたと実感しているんですね。それに続くアルバムで、さらに次は4枚目ということで、これまでと同じ路線をやっても飽きられるだろうし、全然違うことをやったらがっかりさせることになるんじゃないかと。どっちにしても、きっとファンを裏切るアルバムになると思ったんです。そこからまず“BETRAYER=裏切者”というキーワードを思いついて、それをタイトルにしようと決めました。当初は今までやっていない路線で、1曲目はとにかくエクストリームでギターソロとかメロディーとかがまったくないものにチャレンジしてみようと考えたりもしていたんです。そんなふうにいろいろ試行錯誤しながら作り始めました。

ということは、最終的には最初にイメージしていたものとは違う方向にいかれたんですね?

KOUTA
そう。いろいろ試してみたけど結局うまくいかなくて、イングヴェイ・マルムスティーン的な感じで、できることを全曲でやろうと開き直ったんです。

その結果、『BETRAYER』は王道的なメタルテイストとモダンな感覚が融合された非常に良質なアルバムになっています。曲を作っていく中でキーになった曲はありましたか?

KOUTA
確信を得られたというか、今回が最高傑作だと自信を持って言えるようになったのは2曲目に入っている「Dead Blind Nightfall」が最後のほうにできた時でした。この曲ができて、振り返って他の曲も聴いて、ようやく“今回、いけるかも!?”と思ったんです。最初に作ったのが「BETRAYER」と「Shadow Dancer」で、もともは違うメロディーが乗っていて、DOUGENに歌を入れてもらったんですね。いつもはヴォーカルが入るとすごく印象が変わって、“これはいいな”と自信を持てることが多いんですけど、今回はそれがあまりなかったんですよ。自分の中で確信が持てないままいろんな曲を作っていったので、「Dead Blind Nightfall」ができるまではずっとあまり自信がない状態でした。

カッコ良い曲が揃っていますので、それはちょっと意外です。全曲の完成度が高いことに加えて、バラエティーにも富んでいますし。

DOUGEN
そういうアルバムにはなったかなと思いますね。『BETRAYER』の曲は全部気に入っていて、中でも僕が特に気に入っているのは「Garden Of Thorns」で。先ほどのKOUTAの話とちょっと被ってしまいますけど、歌を入れても“うーん…”という感じが続いていた中で、この曲を録って“カッコ良いじゃん! いけるじゃん!”と僕は思えたんです。THOUSAND EYESのこれまでの流儀を汲みつつよりスピード感を増しているし、サビの慟哭感も上がっている。つまり、シンプルにレベルが一段上がっているという印象で、僕はこれをかたちにした時に今回のアルバムは大丈夫だと思いました。
KOUTA
そうなんだ。僕はもうちょっとあとでしたね。「Garden Of Thorns」はもともとはラストナンバーを想定して、展開も多くて、仰々しく終わるというようなイメージで作っていて結構手応えもあったけど、“これならラストに置けるな”という絶対的な自信は持てない状況だったんです。そういう中でメンバーに聴かせた時に、これをアルバムの頭に持ってきても面白いんじゃないかと言われたんです。
DOUGEN
それは僕です。僕が、そう言ったんです(笑)。
KOUTA
DOUGENとAKIRAさんね(笑)。
DOUGEN
めちゃめちゃ推しましたからね。
KOUTA
自分的にもそれはありだなと思ったけど、1曲目だけ良くて、そのあとがしょうもない曲が続くアルバムってあるじゃないですか。そうなってしまわないかという恐怖心があったんです。でも、いろいろ曲を作っていく中で、「BETRAYER」や「Bastard Angel」や「Shadow Dancer」とかはもともとあったサビのメロディーを全然違うものに変えたし、他の曲もいろいろ手を入れたりしたんですよ。そういうふうに作業を積み重ねていった時に、“この曲いいかも! これもいいかも!”というふうにちょっとずつ自信を持てるようになっていって。それで、「Garden Of Thorns」が1曲目でも大丈夫だと思えるようになりました。僕が今回のアルバムの中で特に気に入っているのは最後に入っている「Eye Of The Hate」で、サビのDOUGENの合唱が…これは僕の勝手なイメージですけど、DOUGENがお祭りで気持ち良さそうに裸で踊ってるみたいな感じがするんですよ(笑)。
DOUGEN
あははは!
KOUTA
DOUGENを裸にしてやった感覚がある(笑)。歌詞で《Eye, eye, eye of the hate》とあるんですが、DOUGENは最初はそれをすごく恥ずかしがっていたんです。
DOUGEN
そう! “嫌だ。これはやりたくない”と言いました。

えっ、なぜですか?

DOUGEN
バカっぽいから(笑)。僕はいつも新曲があがってくるとKOUTAさんにサビのビジョンを教えてもらうんですが、“Eye!Eye!と言ってくれと言われて“嫌です!”と(笑)。でも、KOUTAさんは僕が拒否しても絶対に折れないんですよ。それで、“じゃあ、一回やってみましょう”となって、レコーディングしたものを聴いたら“カッコ良い!”となることが、これまでにもう数10回あったんです。なので、今回もやってみたら“ええやん”となりました(笑)。
L→R TORU(Gu)、KOUTA(Gu)、YU-TO(Dr)、DOUGEN(Vo)、AKIRA(Ba)
L→R TORU(Gu)、YU-TO(Dr)、DOUGEN(Vo)、KOUTA(Gu)、AKIRA(Ba)
アルバム『BETRAYER』【Deluxe Edition】(2CD)
アルバム『BETRAYER』【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着