打首獄門同好会、サンボマスター、氣
志團が出演 矢沢永吉による音楽フェ
ス・Day2のオフィシャルレポート到着

矢沢永吉による音楽フェス『E.YAZAWA SPECIAL EVENT ONE NIGHT SHOW 2022』7月2日(土)・3日(日)に、千葉・幕張メッセ国際展示場4-6 ホールにて開催された。本記事ではDay2・7月3日のオフィシャルレポートをお届けする。

矢沢永吉が仕掛ける音楽フェス『E.YAZAWA SPECIAL EVENT ONE NIGHT SHOW 2022』が7月2日(土)と3日(日)の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場4-6 ホールで開催された。このイベントは2019年に第1回、続く翌年(2020年)も開催が予定されていたが、新型ウィルス感染拡大の中、発表直前に延期され、よえやく2回目の開催に至った。Day2(7月3日)には打首獄門同好会サンボマスター氣志團と矢沢永吉が出演。4時間弱に渡って4組のアーティストが熱いパフォーマンスを繰り広げた。
2日目のトップバッターは男性1人/女性2人の3ピース・ロックバンド、打首獄門同好会。コワモテの3人がぶちかますサウンドはパンク&ラウド・ロック。だがタイトルや歌詞はそのハードコアなサウンドと相反して超・脱力系。「新型コロナウイルスが憎い」ではコロナ禍の中の生活の息苦しさや不自由を歌うが、どことなくユーモラス。「きのこたけのこ戦争」ではあの有名なお菓子同士のバトルを、3曲めの「歯痛くて」に至っては急に襲ってきた歯痛の苦しさを訴える。歌詞はすべてスクリーンに映し出され、デスボイス・スタイルで歌われる大澤敦史のボーカルも客席に伝わる。バンド名や見た目とは裏腹の生活密着型ラウドロック・バンドだ。
打首獄門同好会
そんなスタイルで活動してきただけに「矢沢さんが、こういうバンドをなぜ呼んでくれたのか?」と大澤は不思議がるが、「このあと、矢沢さんが立つステージに立ってると思うと震えます」と話し、サンボマスター、氣志團から矢沢永吉につながるバトンを『しっかり矢沢さんに届けられるようにしたい!」と全力投球宣言。
この時期の天候にぴったりの「なつのうた」、猫のあるある満載の「猫の惑星」と続け、ラストは“米=MY/丼=DON/食=SHOCK”にかけ豊作と音楽シーン復興を祈った「日本の米は世界一」を爆演。終始、客席を翻弄かつ爆笑に渦に叩き込み、40分のステージを駆け抜けた。
打首獄門同好会
打首獄門同好会
打首獄門同好会

ゴダイゴのモンキー・マジックのSEの中、2番手に登場したのはサンボマスター。SEが終わり3人のメンバーが各ポジションに付き、山口隆の「踊りまくれ!!」でスタート。熱量全開で熱い演奏を冒頭から炸裂させ、歌詞を歌う間には「声出せねぇのはわかってんだ、だから手を挙げろ!」「さぼってんじゃねぇぞ、この野郎!」「今日は全員優勝させに来たんだぞ!」と次々とオーディエンスを煽り続ける。もちろん客席もこれに応え興奮の渦に叩き込まれる。
「ラブソング」ではこれまでの熱量込もったパフォーマンスから一転、山口隆がバラードをエモーショナルに歌う。客席もスマホのライトを点灯させ、ゆっくりと左右に振る。続く「ボクだけのもの」は女優ののんが主演・監督を努めた映画『Ribbon』の主題歌。サビの“La La La…”はオーディエンスもマスクの下で大合唱できる壮大なナンバー。この日のハイライトとも言ってもいいほど客席とステージが一体化した。
サンボマスター
後半は再び熱量全開の激しい楽曲をたたみ込み、「最高のライブ、ありがとうございました!」「今日はほんとにあんた方の顔見て、来てくれてホントにありがとうって言いたい!」「全員優勝!全員優勝!全員優勝!」とオーディエンスを曲の合間に称えた。
ラストの「花束」では歌詞をスクリーンに投影。『信じてんだぜ君を/あなたは花のように咲き誇る人/あなたが花束』が観客の目と耳に直接訴える。最後は山口がオーディエンスに向け「愛してる! 愛してる! 愛してるー」と叫んで、ステージを降りた。
サンボマスター

COMPLEXの“BE MY BABY”のSEに乗って勢いよく登場したのは氣志團。客席も大きな拍手で迎え入れる。矢沢永吉が1982年にリリースした英語曲「ROCKIN' MY HEART」のイントロ・コーラスが鳴り響くや場内は大喜び!綾小路翔のトップクのインナーには黒字に白の☆マークがプリントされた永ちゃんTシャツ!しっかりと矢沢永吉に寄せてきた。氣志團の『ONE NIGHT SHOW 2022』出演は2回目。「前回はまさかの大抜擢! そしてこのONE NIGHT SHOWに還ってきました!もしかしてボス、後継者探してる?」と後継者立候補宣言。これには客席も大爆笑。しかし今回の出演メンバーを改めて見返し「強敵しかいません(笑)。でも俺たちやります!」と再びの頼もしい宣言。
氣志團
氣志團
氣志團の次は矢沢永吉のステージ。そこで体力使うだろうとお客さんを気遣い「俺たち氣志團は皆さんの準備運動の担当に来ました!最高の準備体操始めます!」とノリノリのアップチューン「男帝 -Dandy-」に大ヒット曲「One Night Carnival」を続け、永ちゃんファンの体力をほぐしていく。
ここでヒートアップした会場を鎮めるようにロッカ・バラード曲「洛陽」を披露。今夏、3年ぶりに有観客開催される氣志團万博の開催地、木更津の街を歌った曲だ。夕陽をイメージした場内の真っ赤な照明の中に浮かび上がるように綾小路翔が情感たっぷりに歌う。そして最後、「夏はこの曲で行こうぜ!」と始まったのは「ファンキー・モンキー・ベイビー」。前日の布袋寅泰も演奏した、永ちゃんファンにとっても特別な曲。集まったオーディエンスを最高潮に盛り上げ40分のステージを駆け抜けた。矢沢永吉で始まり、矢沢永吉で締めた圧巻の氣志團のステージであった。
氣志團

『ONE NIGHT SHOW 2022』の最後は矢沢永吉。登場を待ちわびるハンド・クラップによる“永ちゃんコール”で場内は満たされる。19時になるとスクリーンに矢沢永吉の名前がアナウンスされ、バンドの演奏がスタート。ステージ下手から、ネイビー・ブルーのシャツに白いパンツ姿の矢沢永吉が両腕を大きく掲げながら現れた。「ようこそ! ロックンロール!」のシャウトでサングラスを外し、一気に「YOU」に突入。コンサート中盤に演奏されることが多い、屈指の名曲がまさかのオープニング! 冒頭からの熱い選曲に早くも会場はヒートアップ。「YOU」を歌い終えると着ていたシャツを脱ぎ捨て真っ白なTシャツ姿になり、「傘」「SHAKE ME」へなだれ込む。
矢沢永吉
この両日のイベントは矢沢永吉にとって、昨年末の横浜アリーナ以来の今年最初のステージ。久しぶりのライブに「俺なんて今年50周年です」と照れながら、「3年ぶりのONE NIGHT SHOW、今日2日目です。次の年も、次の次の年もやろうぜって言ってたんだけど、コロナで延期になって、ようやく2回目が出来ました!」と開催できたことに喜びを隠せない。「18(歳)のころ、絶対チャンス掴むんだ! と広島から東京に向かって出てきて。途中、横浜で降りたんです。その当時の横浜の矢沢を歌った曲、紹介します」と紹介したのは「チャイナ・タウン」。1978年3月にリリースしたシングル「時間よ止まれ」のカップリング曲だ。続く曲「YES MY LOVE」は1982年2月のシングル。初期の矢沢ナンバーの連打にファンも大喜びで、矢沢の声を聴き入る。
『ONE NIGHT SHOW 2022』
しっとりとなったステージに活を入れるように、後半はアップチューンの「BIG BEAT」になだれ込む。曲の中盤、各メンバーのソロ演奏が終わったタイミングで、ステージ下手から氣志團、上手からサンボマスター、打首獄門同好会のメンバーが登場。サビの“C’ mon C’ mon C’ mon”でコーラスに参加し、会場内のボルテージを上げる。3組のミュージシヤンがステージを降りる際、矢沢は「ありがとう!ありがとう!ありがとう!」とねぎらいを込めて送り出す。
ここでサテンブルーのシャツを羽織った矢沢は「最後の1曲行くぜ!」と「恋の列車はリバプール発」へ。前日にアンコールで演奏した鉄板ロックンロール・ナンバーだ。矢沢は広いステージの左右に行って歌い、声を出さずに応援し続けてくれたファンに応えた。
矢沢永吉
アンコール。白いパナマ帽姿で歌い始めたのは鉄板曲の「止まらないHa-Ha」。いつもはサビの部分で観客がタオルを上に投げることで知られる人気曲だ。この日はタオルを上に掲げることで対応。どんな状況にあってもボスのパフォーマンスに応えるぞ! という矢沢ファンの意地をみた。初日の「止まらないHa-Ha」で始まった矢沢の『ONE NIGHT SHOW 2022』のステージは、「止まらないHa-Ha」で締められた。矢沢永吉の50周年プロジェクトはこのイベントでキックオフ。このあと8月27日の国立競技場を皮切りに50周年記念のスタジアム/ドーム・ツアーが始まる。

撮影=ほりたよしか(打首獄門同好会、氣志團)、平野タカシ(サンボマスター、矢沢永吉)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着