aiko、映画『もっと超越した所へ。』
の主題歌を担当「めっちゃ楽しいラブ
ソング」

aikoの新曲「果てしない二人」が、10月14日(金)公開の映画『もっと超越した所へ。』の主題歌に決定。同時に「果てしない二人」の一部を聴くことができる特報映像も公開された。
『もっと超越した所へ。』は、クズ男を引き寄せてしまう4人の女性たちが、めんどくさい感情とキレッキレの本音をさらけ出しながら、エネルギッシュに生きる様を痛快に描きあげられた作品。原作・脚本は、演劇界最高の名誉・岸田國士戯曲賞の最終候補に4度選出された劇作家・根本宗子が担当。監督は、ドラマ『忘却のサチコ』『有村架純の撮休』などテレビ・MV・CMで活躍する映像クリエーター・山岸聖太が務めている。主演は前田敦子で、ダメ恋愛体質の主人公、メンヘラと勘違いされがちな衣装デザイナー・真知子を演じている。また、その彼氏でやっかい系のヒモストリーマー・怜人役を、Sexy Zoneの菊池風磨が演じている。
aikoが劇場版主題歌を担当するのは、2016年9月リリースのシングル「恋をしたのは」以来、約6年ぶりとなる。今回主題歌を担当したaikoは、「この映画を見終わった後ありえない事は心の中ではいくらでもありえるし、そう願っていればそれは現実になるかもしれないって凄くワクワクしました。始まりと終わりでこんなに気持ちが変わるなんて最高!!そして『めっちゃ楽しいラブソングが歌いたい!』となりました。主題歌を担当させていただけて本当に嬉しいです!果てしなく歌います!!!」とコメントしている。
『もっと超越した所へ。』特報映像

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着