フィロソフィーのダンス、笑顔が溢れ
た現体制ラストツアーで示した愛のカ
タチとは

フィロソフィーのダンス『Love 4 You TOUR 2022』

2022.06.26(sun) TOKYO DOME CITY HALL
「でっかい愛を届けにやって来ました! 世界でいちばん楽しい夜にしましょう!!」
1曲目を歌い終えた、日向ハルの満員の客席に向けた宣言通り、でっかい愛に包まれた、最高に楽しい夜だった。今年3月にメジャー1stアルバム『愛の哲学』をリリースした、フィロソフィーのダンス。最新アルバムを引っ提げて全国12会場を回ったライブツアー『Love 4 You TOUR 2022』のファイナル公演が、6月26日(日)TOKYO DOME CITY HALLにて行われた。
フィロソフィーのダンス
巧みな演奏力を誇る最強の布陣を従えた、バンド編成で行われたこの日のライブ。開演時間を少しすぎた頃、開場BGMから、自然とセッションが始まるように楽器隊の演奏が重なっていくと、ステージ中央に鎮座したライブロゴがゆっくり上がり、期待に満ちた観客の拍手に迎えられて、4人がステージに登場。<世界でいちばん眩しい 今を 私は生きている>と力強く宣言する日向ハルの力強く伸びやかな歌声から「サンフラワー」でライブが始まると、「世界でいちばん幸せな場所、TDCホールへようこそ!」と笑顔で叫ぶ奥津マリリ。佐藤まりあ、十束おとはも歌声を重ね、フラダンスをモチーフとしたダンスをしなやかに踊り、本当に幸せそうな笑顔でパフォーマンスする4人の姿に、1曲目から会場が多幸感と熱気に包まれる。
「ロック★with you」に会場中がクラップを合わせ、ライブ序盤から大きく盛り上げたところで自己紹介。「全11公演やって来まして、ファイナルです! 全国で私たちがメキメキと成長した姿を見せて、今日が人生の中で一番楽しかったと言ってもらえるくらい全力で踊らせたいと思いますので、ついてきて下さい!」と佐藤が意気込みを語ると、痛快にスウィングするビートに踊るしかない「ダンス・オア・ダンス」で会場中を踊らせ、「エポケーチャンス」~「バイタル・テンプテーション」のメドレーで、グルーヴィーなバンド演奏に乗せた、堂々としたパフォーマンスを披露。

フィロソフィーのダンス

続く「テレフォニズム」は、シティポップ調のオシャレなサウンドに乗せた甘い歌声で聴かせると、奥津と日向が息の合ったフェイクの掛け合いで観客を圧倒。ツワモノ揃いのバックバンドの演奏ももちろん素晴らしいが、パワフルなボーカルでしっかりバンドをリードしたり、目配せで丁寧に呼吸を合わせたり、個々の魅せ場ではちゃんと押し引きをしてみたり、多分な遊びやアドリブを挟んでみたりと、瞬間瞬間の状況もしっかり見定めながら、音楽を思いきり楽しんでる4人のライブスキルの高さは衝撃。もちろんメキメキと成長したツアーの成果もあると思うが、フィロのスの音楽的ポテンシャルの高さは類稀だと言える。
フィロソフィーのダンス
音楽でしっかり魅せた後は、“ホテルの一室に集まって、メンバーだけの打ち上げを開催”という設定の寸劇が始まる。4人の仲の良さや個々のキャラがよく見える電話コントも可愛らしく面白くて、音楽だけでなく笑いのポテンシャルの高さも見せつけた後は、部屋着風の衣装でmihimaru GT「気分上々↑↑」のカバーをまったりと披露。さらに部屋着のまま、「誓い合ったんだってね、LOVE」をキュートにいちゃいちゃしながら披露すると、ファンキーなインスト曲「FUNKY BUT CHIC」で部屋着を脱ぎ捨て、白のドレスに衣装チェンジ。華麗にカッコよくポージングを決めると、ライブは後半戦へ。勇ましい吠声で始まった「アイドル・フィロソフィー」で客席をダンスフロアに変えて再び熱気を生み出すと、「シスター」の4人のぴったり息の合った美しい歌声で魅了。日向がソウルフルな歌声でリードした「ジャスト・メモリーズ」は、その圧倒的歌唱力に会場中が釘付け! しっかり楽しませて踊らせて、キメるところはビシッとキメる。彼女らのライブスキルの高さにも驚かされるが、ショーとしてのエンターテイメント性の高さにも驚かされるばかり。
集まってくれた観客に感謝を告げ、「ここまでの11箇所、そして今日のここまでの時間、本当に愛に溢れたホントにホントに幸せなツアーだったね」と奥津が笑顔で語って始まったMCでは、このライブツアーのテーマでもある“愛”について語った4人。「ソロで歌ってた時は『仲間なんていらない』とか言ってたし、音楽なんてやめちゃおうと思ってた時期もあった」という奥津は、「あの時やめてたら、こんな素敵な仲間にも出会えず、大好きなスタッフさんにもみんなにも会えなかったと思うと、一人で頑張ってた自分を褒めてあげたい。今が人生で一番幸せです。これからもみんなのこと容赦なく愛していきます」と頑張った自分とファンへの愛を語る。「今回のツアーで“愛”について考えることがものすごく増えて。私にとっての愛ってなんだろうなと考えた時、一番最初に浮かぶのはフィロソフィーのダンスとファンのみんなのことでした」という佐藤は、「この4人での活動は限られてますが、限られているからこそ、この4人にしか見せられない、この4人でしか出来ない方法で愛を伝えたいし、新しくなるフィロのスもみなさんに愛していただけるように真面目に頑張っていきます」と宣言。
フィロソフィーのダンス
「ずっと人に甘えることが出来なかった私が、人を愛することや人に弱さを見せることを知ったのは、このグループに入ったおかげです」という日向は、「7年間一緒に頑張ってきた仲間がこの3人でよかったなって改めて思います。どんな時も味方でいてくれてありがとう」とメンバーへの愛と感謝を告げる。そして、11月をもってフィロのスを卒業することを発表している十束は、「このツアーを回って感じたことは、本当にフィロソフィーのダンスに入って良かったな、メンバーに出会えて良かったなということと。ファンのみんなが本当に大好きだということでした」と涙ながらに語り、「私のアイドルとしての命は、もう残り数ヶ月しかないけど。みんなが一生分思い出せるくらい大きな愛を、精いっぱい届けていこうと思います」と、残りの活動にかける想いと決意を語った。
4人がたっぷり愛を語り、「最初は私たちから、みんなに愛を届けたいと始まった『Love 4 You』ツアーだったけど。ツアーが始まって、容赦なく愛されていたのは私たちの方だったなと改めて痛感しました。今日は私たちからの愛だけじゃなくて、私たちとみんなの愛の結晶として、この歌を歌いたいと思います」と始まった曲は最新アルバムのタイトル曲でもある「愛の哲学」。4人が一体となって容赦なく愛を届けたこの曲に、観客がカラダ全部でさらなる愛を伝えて、会場が愛に溢れる中、「下手でもいいから、自分のダンスを踊る時間にしましょう!」と始まった「ダンス・ファウンダー」、心を解放する「フォーカス」で最高潮の盛り上がりを生むと、本編ラストの「ライブ・ライフ」で愛で埋め尽くす。
フィロソフィーのダンス
アンコールでは、11月19日(土)東京・日比谷野外大音楽堂にて、十束おとはの卒業ライブを行うことを発表。「フィロソフィーのダンスの音楽は夜風に揺られながら、自由に踊るのが楽しいなと思っていて。野外で最後のライブを終えたいなと思っていたので、念願ったりということで」と、野外会場でラストライブを行える喜びを語った十束。「ホントに終わりたくないから、曲振りしたくないんだけど!?」と駄々をこねながら、4人の強い結束が見える「ベスト・フォー」を全力で披露し、ツアーをフィニッシュ! 名残惜しそうなステージの去り際、奥津が「これからも人生をかけて愛を届けるぞーーっ!」と力強く宣言し、ツアーファイナルのライブは終演。4人の表情は実に晴れやかで美しく、4人で活動する残り数ヶ月を見届けねば! という気持ちにさせられたのは僕だけじゃなかったはず。でっかい愛に包まれた、最高に楽しい夜でした!
取材・文=フジジュン 撮影=nishinaga "saicho" isao
フィロソフィーのダンス
フィロソフィーのダンス
その他画像はコチラから

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着