配信コンサート<USEN唄小屋>で新浜
レオン、二見颯一、平松賢人、期待の
3組が躍動

新浜レオン、二見颯一、平松賢人が出演した無観客生配信コンサート<USEN唄小屋vol.10「NEO歌謡曲大行進」>が、6月25日(土)に開催された。

今回のゲストは、甘いマスクの貴公子・新浜レオン、聴く人すべてに心地よく響く“やまびこボイス”をもつ若き実力派・二見颯一、人気男性グループBOYS AND MENのメンバーでありながら、ソロとして歌謡曲に挑戦し続ける出演2回目の全力青年・平松賢人の3人を迎え、新しい歌謡曲の概念を示す企画で開催。

オープニングトークから世代の近い3人は意気投合する。自己紹介後、オリジナル歌唱コーナーがスタート、トップバッターは平松賢人。ソロ楽曲「灼熱ロマンス」を披露する。通称“灼熱ダンサーズ”のボイメンエリア研究生の内海、中下をバックダンサーに従え華麗にパフォーマンス。続いて二見颯一が「哀愁峠」をやさしくも悲しげに歌い上げる。このパートの最後に新浜レオンが人気曲「離さない 離さない」を披露、情熱的かつ華麗にファンを魅了した。
平松賢人
トークパートは影響を受けた楽曲やお互いのあるある話や、同世代ならではの話で盛り上がる。また、抽選で選ばれたファンと生電話で交流を図り、緊張する受話器の向こうのファンへやさしく話しかける好青年たちだった。同時進行でチャットルームも開設。たくさんの声援などで出演者も大いに刺激になり、3人のテンションが上がっていく。
二見颯一
企画歌唱コーナーに突入。新御三家といわれる、郷ひろみ西城秀樹野口五郎の楽曲をそれぞれ披露。新浜は西城の「情熱の嵐」を、平松は郷の「2億4千万の瞳」を、そして二見は野口の「私鉄沿線」を、それぞれ味のある歌に仕上げた。また、新浜のパートでは平松のバックダンサー2人“灼熱ダンサーズ”を引き連れのダイナミックなパフォーマンスを展開した。
新浜レオン
終盤戦は、それぞれ最新曲をソロ歌唱するコーナーへ。平松は今日が初披露の「別れたっていいじゃない」を披露。自身初のオリジナルムード歌謡に新しい一面をファンに届ける。二見は最新曲「0時の終列車」を歌い上げる。やまびこボイス響く歌声に心も癒される。そして新浜は「ジェラシー 〜運命にKissをしよう〜」をフルコーラスで披露。新しい歌謡曲の魅力たっぷりにその実力を見せた。

エンディングトークにて3組はイベントを通して打ち解け、下の名前で呼び合うなどほほえましい空気のなか最後の曲に。最後は3人で少年隊の珠玉の名曲「君だけに」を披露して終演した。

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着