劇団『ドラマティカ』ACT2 山本一慶
・安井一真・松田 岳・山崎大輝イン
タビュー「『あんスタ!!』キャラク
ターの関係値も反映されている」

山本一慶さん(氷鷹北斗役)、安井一真さん(日々樹渉役)、松田岳さん(乱 凪砂)、山崎大輝さん(斎宮 宗役)のサイン色紙&チェキがあたるプレゼント企画あり! 詳細は最終ページ下部 概要欄にてご確認ください。

大人気アプリゲーム『あんさんぶるスターズ!!』(以下、『あんスタ!!』)のキャラクターが作中で立ち上げたとされる劇団『ドラマティカ』。舞台版『あんスタ!!』の新プロジェクトとして発足した“劇団『ドラマティカ』”は、昨年2021年10月に「劇団『ドラマティカ』ACT1/西遊記悠久奇譚」が大成功のうちに閉幕し、早くもACT2の公演が間近に迫っている。今回は北村 諒(朝比奈ルシカ/鳴上 嵐役)、橋本祥平(雫 斗真/月永レオ役)がW主演として初参加し、さらに大きな期待が寄せられている。
この記事はACT1から出演している、山本一慶(笠舞 歩/氷鷹北斗役)、安井一真(京極哲太/日々樹 渉役)、松田 岳(ギィ・フェルディナント/乱 凪砂役)、山崎大輝(和蒜 デニス 健治/斎宮 宗役)の4人にインタビュー。ACT1の感想や劇団『ドラマティカ』、原作ストーリーを紡ぐ『あんステ』との違い、そしてACT2のストーリーについてなど、気になるところをうかがった。
(c)ENSEMBLE SQUARE/劇団『ドラマティカ』製作委員会
自分たちが繰り返す公演のループも作品のひとつになれた
――前回の公演を振り返って。反響はいかがでしたか。
笠舞 歩/氷鷹北斗役 山本一慶(以下、山本):前回は『あんスタ!!』のアイドルたちが「西遊記」というテーマの作品を演じるという二重構造になっていたので、お客さんにどう見えているのかが「怖い部分」でもありました。役者ではなく、『あんスタ!!』のキャラクターが舞台を演じているっていうものに見せたいっていうのが最終目標だったんです。
僕も最初はめちゃくちゃ緊張しましたね。第一声がもう北斗では考えられないセリフだったので、どう受け入れてもらえるんだろうなと。でも終わってみて、お客さんから「北斗が演じていた」っていう反響をもらえてひと安心しつつも、“劇団『ドラマティカ』“という舞台の大きな可能性を感じましたね。
和蒜 デニス 健治/斎宮 宗役 山崎大輝(以下、山崎):役がふたつあることによって、通さなきゃいけないフィルターがふたつ存在します。となると役者本人としてはすごく苦しい状況なんですよね。例えばACT1で演じた八戒であれば、「八戒を演じる自分」の解釈や、こういう風にやりたいっていう方向性がある。でもそこにもうひとつ、斎宮 宗がやるんだったらきっとこういう風にやるなというフィルターがある。そこでは自分とキャラクターの考え方が戦ってしまったりとかもあるんです。そうなっちゃうと俺を殺して宗を活かすしかないので、苦しい部分ではありました。でもそれも役作りなので、楽しくないというわけではないです。生みの苦しみですね。
山崎大輝
山本:面白い経験だったよね、劇中劇って。ふたりはどう?
京極哲太/日々樹 渉役 安井一真(以下、安井):お客さんもすごく未知な部分があったと思います。でも「西遊記」という題材も入りやすかったし、すごく良かったって言ってくれる人も本当に多くて。僕としては初日が終わった時の、「おしっ……!」って大きく息を吐いたあの安堵感は今でもはっきり覚えています。
山崎:「できた……!」っていうね。
山本:時間もない中で稽古をしてきて、その心配もあったもんね。
安井:終わった後でお客さんの反応を見た時、すごく安心もしました。
ギィ・フェルディナント/乱 凪砂役 松田 岳(以下、松田):僕はACT1が初めての『あんスタ!!』の舞台ということもあって不安な部分はありましたが、振り返ってみたら楽しい思い出しかありません。みなさん役に誠実ですし、明るいし、作品に対しての打ち合わせや相談もずっとしていて、本当にいい環境でやらせてもらえたなって。そういう作品への熱に引っ張ってもらえたからこそ、すごく楽しかったです。本番では積み上げてきたものを自信をもって出すしかないので、お客さんの反応っていうのは正直あまり気にせずに演じることができました。
そんななか面白かったのは、千秋楽までずっとそういう気持ちを続けられたことです。完成という区切りがあるわけではなく、日々濃度を高めていくっていう作業をずっとやり続けられた作品ってなかなかないです。この作品の魅力に僕もあてられているんだなって思いました。
松田岳
山崎:そうだよね。確かに、毎日違うことをやろうとしてたし、やってて楽しかったよね。毎日違う玉投げてたもん、俺。
山本:そういう新鮮さもあったね。
松田:同じ輪廻を繰り返しているっていうストーリー性も、公演を重ねていくことがこの旅の時間をエンドレスに繰り返しているっていう感覚になれたので、試みとしても面白かったよね。
山本:普通の舞台では新鮮さを保つために一回リセットするという作業が毎回必要なんだけど、ACT1ではそれが要らなかったなとは思う。今の公演も次の公演に活かせるな、というような。自分たちのループも作品のひとつになれたっていうのは、この「西遊記」という題材がすごく役者にとってもいい効果になったのかなとも思いますね。
安井:なるほどなぁ。確かに……!
山本:なるほどって! この4人の中で俺と一真は特にそれを感じているはず。オープニングとエンディングで同じことやっているんだからさ。
山崎:この人、感覚派だからね。
安井:うん、なるほど、そうだ。一慶くんの言うように感じていたって改めて思った。こういう感覚ってなかなか言葉にするのが難しくて。
安井一真
――お客さんの好意的な反応はどのタイミングで感じられたんでしょうか。
山本:楽しんでいただいているというのは舞台本番中にも客席から感じられるものが毎回あります。終わってからSNSなどでも反響をいただいて、安堵や嬉しい気持ちにもなりますね。ACT2の発表時もすごく喜んでいただいて。ACT1が成功したのかなっていう実感にもなりました。
山崎:公演中にくすりと笑っていただいているんだろうなっていうのはその場の空気感でもわかります。そういうところにも好意を感じつつはありましたが、それを聞いて役者が何かを変えるわけではありません。でも純粋に楽しんでいただいているのは嬉しいですね。
――山本さんと松田さんは『ドラマティカ』ACT1とACT2の間に「『あんさんぶるスターズ!THE STAGE』-Track to Miracle-」(以下、『あんステ』)の公演がありましたが、このふたつは全然違うものなんでしょうか。
山本:全くの別物ですね。『あんステ』はキャラクターが定まっているので、キャラクター像を見つけやすいし、ゴールがはっきりと見えています。今回の『ドラマティカ』ACT2は完全オリジナルです。その分キャラクターに可能性が無限で、そこから何かを見つけ出さなくてはなりません。まず今回の役柄を定めてから『あんスタ!!』のキャラクターとも話し合って作っていかなければならないので、現状まだまだ『あんスタ!!』感は全然ないです。
山崎:僕と岳くんに関してはこれで『ドラマティカ』の方が多くやってますからね。でも原作の『あんスタ!!』のストーリーを読んで、その上で演じてもいるから、全然「大変だ!」みたいな焦りがあるわけではないです。でも完全に別物だなとは、やっぱり思うよね。
山本:今回はACT1よりも更に別物かもしれない。「西遊記」の方がキャラクターもストーリーもはっきりしてるし、見ている側もある程度知識があるところからのスタートで、そこに若干『あんスタ!!』のキャラクターの関係値とかが反映されている。今回はオリジナルストーリーの分、ハードルが上がっていますね。

山本一慶

松田:上がってますね。寄り添えるものがすごく少ないと思う。
山崎:渡される役柄をそのまま僕らがやっちゃうと『あんスタ!!』ではないし、『ドラマティカ』をやっている意味がなくなってしまう。『あんスタ!!』を楽しみにしていただいているファンの方に向けてという部分を少しずつ追加していきたいなって今思っている段階ですよね。
安井:前回の「西遊記」はファンタジーな面が大きかったんですが、今回は時代背景がより現実的、リアリティーがあります。となるとあまり逸脱ができないという点がとても難しいんです。ファンタジーな世界観ではすごく外れたことをしてもそういう世界観なんだと納得できるけど、今回は世界観そのものに現実感があるので、あまり外れすぎることができない。
山崎:渉がファンタジーの人だからね!
安井:そう。渉さんのギャップや彼のキャラクター性も見せたいんですけど、加減を間違えるとそれって「俺」じゃん! ってなってしまって。今自分の中でぶつかっているところですね。どうやって渉さんを見せていこうかと悩んでいます。
>(NEXT)橋本祥平から理性と常識を取ったらレオになる
橋本祥平から理性と常識を取ったらレオになる
――今回はどんなキャラクター像でどんなお話になるんでしょうか。
山崎:僕は悪のカリスマという立ち位置で、主人公のルシカや斗真とは対立構造です。どちら側にも目的があって……。タイトルが「ファントム インビジブル レゾナンス」なので、仮面、共鳴、見えない、というキーワードが並んでいますね。難しい言葉で、とても抽象的ですよね。
安井:僕が演じる京極哲太はぶっきらぼうな性格で、部下に一慶くん(笠舞 歩)、そして雇ったエージェントとその相棒として諒くん(朝比奈ルシカ)と祥平くん(雫 斗真)がいます。本当に渉さんとは全然違う感じです。もちろん『あんスタ!!』の設定とは全く別物ですが、やはり北斗との関係値を含めて少しリンクしているところがあるなと思います。
松田:僕はバーのマスターであり、謎多き情報屋。個人的に難しいなと思うのが、ギィ・フェルディナントがボケるというシーン。凪砂くんがそれをどうやって演じるのかなというのがすごく難しいんですよ。これで凪砂くんにそういう種類のボケを覚えてほしくないなっていうファン心理もあるんですよね。
山崎:僕もそれ悩んでいます。ちょっとコメディっぽくなる場面もあるんですが、普段だったらこういうツッコミをした方が絶対面白くなるなってわかっていても、宗はやらないよな……って。彼は彼で面白い一面も持っていますが、ここで求められているものとは別のものだよなぁと。宗は格式高い人間なので、どうしたらいいんだろう。これがすごい難しいです。
山崎大輝
山本:『あんスタ!!』ファンとしても苦悩するところではあるよね。
山崎:作品という目で見れば面白くした方がいいのは間違いない。でもファン心理からすると、面白くするよりもキャラクターでありたいと思うんです。
安井:それすごくよくわかる! 2.5次元舞台ってファン目線もすごく必要じゃん。でもこの作品を面白くしなければならないっていう塩梅がすごく難しい……! そういうところが特に『ドラマティカ』は顕著に出ている気がする。
山本:そういうところがいいバランスになるのが正解だから、しっかり話し合って作っていきたいよね。
僕は今、お話自体をどう完成させるかを悩んでいますね。物語の背景的にもリアリティを求めがちで、なぜどうしてという答えを明確にほしくなってしまいます。僕も北斗もすごく頭で考えるキャラクターです。お話自体の良さ、まだ稽古でも構築しきれていない部分、そういうところが北斗を通すことによってより一層気になってしまいます。北斗なら「これはどういうことなんだ」って理論的に辿って考えていって、それで悩んでしまうと思うんです。まだそんな疑問は解決されていませんが、それはこれから稽古でブラッシュアップしていく段階です。
安井:今回はそういう難しいところが多いし、僕自身もすごく不器用な人間なのですが、いつも支えてくれるメンバーで、安心して稽古に臨めています。大輝くん、岳くん、一慶くんとはACT1でも一緒だったので、すごく安心感がありますし。
山本:いつメンだもんなぁ。他の舞台では「わー! 久しぶり!」というようなこともあるけど、今回は初日の顔合わせから「ういーっす」、「おう」みたいなね。
一同:(笑)
山崎:僕、共演経験の点で言うなら、北村 諒くん初めてなんですよ。でも初日から「うい。」くらいの雰囲気でした。ACT1でも一緒にやってたっけ? ってくらいの温度感です。
山本:いつメン、良いね。落ち着く。
左から 安井一真、松田岳、山崎大輝、山本一慶
―ー今、主演のお二人の話も出たので、そちらのお話もお聞きしたいです。彼ら(朝比奈ルシカ/鳴上嵐 役・北村 諒、雫 斗真/月永レオ 役・橋本祥平)にはどういう印象を抱いてますか。
山本:きたむー(北村)との共演は何回もありますが、祥平とちゃんとしたお芝居で絡むのは初めてです。ライブ公演(2018年9月の『あんステフェスティバル』)で一緒になったくらいかな。祥平のレオは「うっちゅ~☆」って言ってるのがすごく印象強かったんですが、いざこうして稽古に入るとふたりともめっちゃ真面目だなって思いました。ずっとあんなに台本をにらみつけてる人だとは思っていなかったから、イメージががらっと変わりましたね。
安井:おふたりとも共演は『あんステ』だけで他の作品ではまだありません。祥平くんは絡むシーンが一度あり、そこがすごく面白かったのを覚えています。本当に真面目でクールなところもあるんですが、やっぱりレオにちょっと似ているような気がします。
山本、松田、山崎:(3人とも頷きながら)うん、似てる。
安井:自由で誰にもペースを乱されないようなところとか。
山本:祥平から理性と常識を取ったらレオになる、ってくらいね。
安井:静かな時はすごく真面目な感じなんですが、急にタガが外れて昂っちゃったりするとそっくり。面白かったのは、この前急にスイッチが入って大輝くんにダル絡みに行ったとき!
山崎:あはは! あったね! 俺そういう対象なのかも。祥平くんがずっとボケ続けてて、俺がずっとツッコミを入れざるを得なくなったことが!
雫 斗真/月永レオ(橋本祥平)  (c)ENSEMBLE SQUARE/劇団『ドラマティカ』製作委員会
安井:僕は諒くんとは過去の『あんステ』ではあまりお話する機会がなく、すごくしっかりしている方というイメージだったので今回若干緊張していたんです。でも今回のビジュアル撮影の時に、すごく気さくにしゃべりかけてくれたんですよ。もう優しい~! 誰に対してもあまり変わらない、フラットな位置でいてくれる方ですね。
松田:僕はおふたりとも共演経験があります。今回のお芝居では僕からアプローチを出すシーンがあるんですが、全部受け取ってちゃんと拾ってくれて。そういうところででも役者としての経験値や本人のお人柄を感じさせてくれますね。誰もが自然についていくような、そういう方々だと思います。
山本:彼らは努力している姿がすごく印象的ですね。台本とにらめっこしているところ、台本を早く覚えようとするところ。すごいなぁと思いますし、何事にもしっかり向き合っている姿っていうのは一緒にやっていていい刺激になっていますね。
山崎:僕はきたむーさんとの共演は初めてですね。リモートでは何度かあるのですが、始まる前は不安に思ってたこともありました。祥平くんは何回か共演させていただいていますが、すごくオンオフをしっかりされている印象です。お芝居をしていると人柄が透けて見えてくるので、素敵な人たちなんだなと思っています。
朝比奈ルシカ/鳴上 嵐(北村 諒)  (c)ENSEMBLE SQUARE/劇団『ドラマティカ』製作委員会
――今回のビジュアル撮影についておうかがいします。前回は桃を持っていたり、撮影で小道具を使ったりされたそうですね。今回は何かありましたか?
山本:お酒持ったな~。みんな何だった? 俺はモヒート。
山崎:俺、赤ワイン。
安井:俺は……水、かな?
山本:せめてジンとかスピリタスとか言ってくれ(笑)。
松田:僕はシェーカーですね。バーのマスターでもあるし。
山本:まぁお酒はストーリーには一切関係ないんですけどね。
山崎:最初に衣装を渡されたときは「あ、赤い。」って思いました。『Valkyrie』自体がワインレッドのイメージがあるので斎宮 宗にはすぐに戻ってこれたかな。俺の衣装はすごく悪そうな雰囲気がしているので、間違いなく悪いヤツですね! 僕はどちらかというとみんなの写真を見た時のインパクトが強かったかな。それこそ凪砂とかね。へぇ、そうきたかって思った。
山本:みんなの写真を見て、衣装が赤いとか白いとかイメージっぽいなとかは思ったけど、俺は……スーツ? って戸惑いもありました。これは、ほぼ俺。メガネもかけてるし、紛れ込んでしまった俺。ビジュアルが出た時にはちょっと裸を見られているような気恥しさが少しありました。岳くんはサングラスでかっこいいよね!
松田:本当ですか。でもサングラスは撮影が大変でした。レンズに反射してカメラマンさんが写りこんじゃったりとか。
松田岳
山本:渉はなんで手袋片方なの?
安井:あれがかっこいい、とのこと! アシンメトリー好きにはたまらないですね。そして今回は髪型もサイドテールになりましたね。衣装を見た時にバットマンのジョーカーを思い出してしまって、テンションあがっちゃったんですよね(笑)!
――このビジュアルの中に本編ストーリーのヒントになるところはありますか?
山本、山崎:ないですね!
安井:(笑)
松田:色は意識してるかも?
安井:嵐とレオの服もかっこいい! エージェントのルシカと死刑囚の斗真。斗真はわかりやすいかな。
>(NEXT)映画にボードゲーム……気軽に集まれる世の中に
映画にボードゲーム……気軽に集まれる世の中に
――劇団『ドラマティカ』は『あんスタ!!』内の演劇サークルですが、みなさんが仲間内でサークルを作るとしたら何を作りますか? 活動内容とサークル名を教えてください。
安井:僕は「MCUC」です。
松田:マイルド・チャイルド……?
山本:マジで・ちょっと……?
松田:ミッション……、チャレンジ……?
安井:どれもちがーう! 「マーベル・シネマティック・ユニバース・サークル」です。僕はヒーロー映画が本当に大好きで! ネタとか感想とかを言い合えるところがほしい。最近ようやくマーベルの知名度が上がってきてファンも増えてきたので、ハマる人をどんどん増やしてみんなで鑑賞会したいです。
安井一真
松田:僕は「BTCCC」ですね。
安井:バットマン?
松田:ううん、「ベネディクト・ティモシー・カールトン・カンバーバッチ・サークル」です!
安井:カンバーバッジ!? 大好きー!!!
(勢い良くハイタッチする安井と松田)
松田:カンバーバッジはイギリスの俳優なのですが、本当に素晴らしい方。彼を語るサークルを作りたい。ちょっと不器用でかわいいところもあるけど、奥が深くて大好きです。
山本:僕はサバゲーサークルかな。サバゲーは一人ではできないし、呼んだら集まれるメンバーがいると便利ですね。
山崎:僕はボードゲームやカードゲームが好きなので、そういうサークルがいいなと思います。戦略とか頭を使うことが好きなんです。
山本:ボードゲームは面白いよね。テレビゲームとはちょっと違う、レトロなところとかもあるし。
安井:大輝くんと「Among Us」とかをすると、本当に頭の回転が速いのがわかります。人数が集まらないとできないゲームなんですが、そのときの大輝くんは初対面の人がいても円滑にまわすことができる。
山本:コミュニケーション能力が高いんだろうね。ボードゲーム楽しいよなぁ。それこそ人数がたくさんいた方が面白いものもたくさんあるし。
山本一慶
――いちばん惹かれたサークルはどれですか? と聞こうと思ったんですが、みなさんどれも興味がある様子ですね。
山崎:どれも好奇心はありますね。サバゲーもやってみたいし、ふたりの映画の話もすごく広がりそうだし、サークル活動として楽しそう!
――今回加わる北村さん、橋本さん、そして公演のファンのみなさんに期待することなどを含めて、メッセージをお願いします。
山崎:今おふたりが真摯に向き合っているのを見ています。そのまま進んでいってくだされば、僕たちが支えられるところは支えたいし、逆に乗っかっていきたいとも思っています。
お客様にはやはり観に来ていただきたいです。今回は余白がかなり残されている作品だとも思うので、そういうところも楽しみにしながら来ていただけたら嬉しいです。
安井:おふたりは雰囲気がすごく素敵に思っています。祥平くんは同い年なのに年上だと思っていたことがあって、まだなかなか敬語が抜けませんが、もっと距離を詰めていきたいです。
お客様には、観に来ていただけますように!僕たちも頑張ります!
松田:おふたりへ。こちらが勉強して吸収できるところ、盗めるところは盗もうと思っているので、じろじろ視線を感じてしまったらごめんなさい。
お客様には気を付けて無事に劇場まで来ていただいて、無事におうちまで帰っていただいて、幸せな思いで布団に入ってくれればいいなってことを期待しています。
山本:ACT1を前回僕らは経験していますが、ふたりが合流してくれて嬉しいです。『あんスタ!!』とACT2でのキャラクターの違いが一番激しいのは嵐とレオなんじゃないかと思っています。それを熱量のあるこのふたりが演じることで、作品の魅力にもなると思う。今回の役の中に嵐とレオをどう忍ばせるんだろう? と出来上がりを僕は楽しみにしています。
お客様へ。この作品は、観劇後に自身の想像力が力になるところがすごくあると思います。舞台を見に来る人は考察が好きな方も多いので、そういう意味ではいろんな背景やストーリーを自分の中に膨らませることができる作品になるんじゃないかなと。そこをじっくりと楽しんで、家まで帰って布団に入ってください。
――ありがとうございました。
左から 安井一真、松田岳、山崎大輝、山本一慶
「劇団『ドラマティカ』ACT2/Phantom and Invisible Resonance」は2022年6月24日(金)より、東京・大阪・京都で公演予定。
★〈おまけ写真あり!〉全ての写真は【こちら】
取材・文=松本裕美 撮影=中田智章

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着