DAIGO☆STARDUST
『The space toy』に
あふれるロック愛!
DAI語的に言えば
“DYH=DAIGO、やっぱり半端ない”

『The space toy』('03)/DAIGO☆STARDUST

『The space toy』('03)/DAIGO☆STARDUST

BREAKERZのデビュー15周年記念アルバム『BREAKERZ BEST -SINGLEZ-』が6月15日に発売となった。今週はそのBREAKERZの音源でも良かったのだが、いい機会だし、バンドの中心人物であるDAIGOのキャリアを振り返ってみたい。彼がデビュー時、DAIGO☆STARDUSTと名乗っていたことを知っている人はどれほどいるだろう? ファンでなければ“何それ?”という感じではなかろうか。『The space toy』はDAIGO☆STARDUST名義で発表された、DAIGOのメジャーデビュー作品。セールス的には芳しくなかったようだが、そこには彼らしいスピリッツがしっかりと宿っていた。

マルチに活躍する稀代のアーティスト

“天は二物を与えず”などと言うけれど、二物どころか、三物も四物も天から授かっている人物が世の中にはいる。結構いる。これまでの人生、ちょくちょく出会ってきたようにも思う。その都度、天というのは案外不公平なものなのだなと思ってきたのだが、一物も授かってないこちらとしては、もはや達観するようにもなってきた。それが天なのだ。で、その“天は二物を与えず”が当てはまらない人物。いろいろと思い浮かぶが、DAIGOその最たる人物と言えるだろう。まず、家柄。祖父が第74代内閣総理大臣の竹下 登であるというのは有名な彼の出自である。“政治家の家系がどうした!?”と突っ込まれそうな話だし、自分もおじいちゃんが首相経験者だからといってその孫が何か大きな権力を持つとまでは思わないけれど、家柄というのは決して無視できない。それによって生じる社会的信用は間違いなく大きなものだ。これが一物。

続いては、そのルックスである。見た目のことを指摘すると、ルッキズムだなんだと言われる昨今ではあるが、178センチのスラッとした長身。そのフェイスはキリっと決めれば映えるし、そうじゃない時は柔和な印象で笑顔も爽やかだ。これは明らかにアドバンテージであろう。若手アイドルほどにはコケティッシュではないかもしれないけれど、現在、40代半ばの彼の齢を思えば、十分すぎるほどに好感の持てる見た目だと思う。“理想のパパ”ランキングで上位に選ばれるのもよく分かる。これも一物である。

本業の芸能、エンタメの分野でもDAIGOは幾らか物を持っている。弁が立つし、キャラクターも立っている。よって、テレビタレントとして重宝され続けている。とりわけMCで起用されることも多く、目立つところで言うと、『みんなのKEIBA』、『ZIP!』、『DAIGOも台所〜きょうの献立何にする?〜』辺り。それぞれ“関東競馬中継の顔”、“木曜朝の顔”、“新しい料理番組の顔”といった具合にそれぞれに“顔”と なっているのは、その才能の成せる業であろう。レギュラー番組はこれだけに留まらないし、ドラマや映画、舞台への出演もある。『DAIGOも台所』以外の冠番組も少なくない。テレビCMへの出演も多いことも言うまでもなかろう。ここ15年間のテレビタレントとしての存在感は圧倒的と言っていい。これも一物。いや、二物、三物とカウントしていいかもしれない。

そして、音楽活動である。タレントとしてのDAIGOがあまりにも目立つため、知らない人がいるかもしれないので、念のために記すと、もともと彼は音楽畑から出てきた。タレントがのちに音楽活動を始めたのではなく、インディーズで活躍していたバンドのヴォーカリストが、そのバンド解散後、ソロに転向。そして、メジャーデビュー。その後、バンド、BREAKERZの結成に至っている。タレントとしての知名度を上げたのはその頃。そこから再度ソロ活動も展開という流れだ。BREAKERZは1stシングル「SUMMER PARTY/LAST EMOTION」(2008年)からチャートトップ10入り。アルバムでは5th『GO』(2011年)が4位にランクインした。DAIGO名義のソロ作品では、1stシングル「いつも抱きしめて/無限∞REBIRTH」(2013年)が8位、1stアルバム『DAIGOLD』(2014年)が6位を記録しており、申し分のない成功を収めていると言っていいだろう。その上で別ユニットにも参加している他、他者への楽曲提供も行っている。この音楽活動においても彼は一物も二物も授かっていると言える。最低でも全部で六物くらいとなろう。

しかも…だ。DAIGOは、[『女性が選ぶ「なりたい顔」ランキング』で、2010年、2013年、2014年、2015年、2019年、2020年と6度に渡り首位を獲得している]女優さんを伴侶に迎え、お子さんをもうけている。もはや、天に愛されている男と言っても過言ではなかろう。(マジなところ、婚姻は生まれつき決まっているものではないので、天が与えた一物でも何でもないけどね)。([]はWikipediaからの引用)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」