柏木由紀、母親からのLINE「もう放送
見ません」【ゆきりんワールド】

6月10日(金)AKB48柏木由紀(愛称ゆきりん)が、自身のYouTubeチャンネル「ゆきりんワールド」を更新。近況をゆるく語る動画を投稿。いつも笑顔の印象があるゆきりんの愚痴が止まらない!母親ブチギレ!その理由とは…「AKB48」という国民的アイドルグループに15年在籍しているゆきりん。最近は知らない人に誹謗中傷を受けることも慣れてしまったそうで「面白かったらいいや」と、自分の気持ちを変換させているという。だが、ゆきりんは良くても、親族や周りのファンは心配しているようで、ゆきりんがバラエティ番組内で自らが受けた誹謗中傷について話していると「もう放送見ません」と母親からLINEが送られてきたという。続けて「ファンもそんな話題は好きじゃないと思うよ」と、ファンの気持ちになって考えることのできるゆきりんの母親。一番近しいマネージャーとしている約束とは…アンチから「老害」と言われ、老害の意味を検索するゆきりん。“組織や社会で幅を利かせすぎて言動が疎まれる高齢者”という説明に「でもそう見えても仕方ないかも」と大爆笑するゆきりん。今回あまりにも自虐ネタが多いゆきりんに対し「内側からすればゆきりんの存在は必要だよ」と、しっかりフォローをするマネージャー。一番近しいマネージャーとはなんでも言い合える関係で、ゆきりんがAKB48を引退するタイミングになったら、引退を促す約束までしている仲なんだとか。ここまで思ってくれているマネージャーがいるからこそ、アイドルとして輝くゆきりんが存在しているのだろう。

新着