写真左上から時計回りに、杏ジュリア、小泉遥香、吉川ひより、菅田愛貴、坂井仁香、辻野かなみ

写真左上から時計回りに、杏ジュリア、小泉遥香、吉川ひより、菅田愛貴、坂井仁香、辻野かなみ

【超ときめき♡宣伝部
インタビュー】
今作で“ハギュッ”とできるまで
みなさんとの距離を縮めたい

昨年、TikTokから世界的に話題となった「すきっ!~超ver~」(2021年9月発表のミニアルバム『すきすきすきすきすきすきっ!』収録曲)の関連再生回数は60億再生を超え、世界中の人々をときめかせている超ときめき♡宣伝部(以下、超とき宣)。その超とき宣がミニアルバム『ハートギュッと!』をリリースする。今作はこれまで以上にみんなのハートをギュッと掴んで“ハギュッ”とさせたい!というアツい想いが伝わる一枚だ。

台詞が物語の展開に合わせて
変わっていくところも注目してほしい

ときめき♡宣伝部(以下、とき宣)が、なぜ超ときめき♡宣伝部に改名したのか、やっとその意味が分かりました。

全員
お~!

みなさんはTVなどのメディアに出る時はもちろん、ライヴ映像作品の“推しカメラ”やライヴでのロックオンフリータイム(ステージ上を写真撮影可能な時間)時に宣伝部員(ファンの呼称)さんが撮影して、SNSなどにアップしてくださる写真、どれを見ても可愛いくない瞬間がひとつもないんですよね。

小泉
そこまで見ていただいてありがとうございます!
坂井
宣伝部員さんたちも私たちの可愛い写真を厳選して上げてくださっているんだと思います。

いやいや。こうしてお会いする時も、リモートであっても必ずフルメイク&フル衣装で来てくださって。その上に着るパーカー、飲み物に付けているゴム、色紙にサインするペンに至るまで担当カラーにこだわる徹底ぶりを見ていると、みなさんが結成時から時代が変わっても、正統派アイドルとしてどんな時も可愛くフルコンボでやりきっているのがひしひしと伝わってきます。365日24時全身全霊でメンバーはもちろん、スタッフ全員が一丸となって1ミリも気を抜かず本気でやる。それがグループ名に“超”が付いた意味なのかなと思いました。

全員
ありがとうございます!

今回、作品を聴きながら取材準備をする中でそのプロ意識というか、すごさを改めて実感したんです。では、今作について訊かせていただきます。今回のミニアルバム『ハートギュッと!』は、略して“ハギュッ”なんですね。

全員
(手ハートのポーズのまま、左右に広げつつ手を両頬に持っていき、ポーズを決めて)“ハギュッ!”です!

何ですか、そのポーズは?

菅田
タイトルの“ハートギュッと!”と。
小泉
“ハグ”と“ハグ・ユー”をかけているんです。
坂井
今作のリード曲「ギュッと!」の振り付けを使って、超とき宣が作った新しいハートポーズです!

可愛いですね! では、今回の新衣装の見どころは?

菅田
フリフリなところです(笑顔)。
360度全部にリボンとハートが付いているんですけど、実は足元にも付いていて。
辻野
靴下にもイヤリングにも付いています。大きくて、キラキラなんですよ。
吉川
今回はトップスが3人ずつ2パターンのデザインになっていますね。

今回のジャケットはタイプAからCまで、それぞれペアジャケット仕様ですが、ペアはどうやって決めたのですか?

小泉
…スタッフさんが決めましたね。
辻野
年齢の近い順になっているよね。今回は“ハートギュッと!”なので、写真もすごく密着して撮りました。
吉川
ギュ〜っと近づいてね。
キスをされるかと思った(笑)。
菅田
だから、撮られる時にちょっと恥ずかしかったです(微笑)。

すごく新鮮でしたよ! ミニアルバムのコンセプトは?

坂井
「すきっ!~超ver~」で世界中の方々に私たちのことを知ってもらったので、今回はその人たちのハートをギュッと掴む作品にしたくて。ギュッとするためには距離が近くないとできないので、今作を通してみなさんとの距離を縮められたらいいなと思っています。

ここからは収録曲について教えてください。リード曲の「ギュッと!」はMVも撮影されたそうですが、どんな映像になりましたか?

菅田
今回はドローンを使っていろんな画角から撮ったので、可愛いけど迫力のあるMVになっています。海辺の砂浜でダンスシーンを撮ったり、制服姿の学校のシーンもあって、メンバーがお芝居もしたんです。私は童心でピュアとか、それぞれにキャラクターがあるんですけど、6人がライバル同士になって彼にアタックし合いました。
小泉
その彼がひと癖あるんですよ。シロクマを彼に見立てているんですけど…とにかく大きくて(笑)。
坂井
しかも、結構リアルなんだよね。
菅田
そんな彼に向かって私たちが告白したり、ギュッとしたりするんです。
吉川
今までも歌詞に相手の方が出てくる曲のMVはあったんですけど、今回は作品に実像が出てくる…クマさんですけど(笑)。そこは新しいと思います。
坂井
これまでのMVで実像は出てこなかったし。実像だからいっぱいギュッとしたよね?
いっぱいしたね。

「ギュッと!」は曲の展開がちょっと面白い構成になっていますね。

小泉
2サビがないんです!
坂井
この曲は物語性がしっかりとあるんですよ。恋に落ちた主人公が彼にギュッとしたりしながらアタックするんだけど、彼は気持ちを伝えてくれないから《「君は私のこと、どういうふうに思ってるの・・・?」》と突き詰めていき、最終的には《「ずっと私を、離さないで!」》と言って、ギュッとしたままのふたりがいるという展開になります。2サビがないぶん、その代わりにメロディーから物語が動いていくんですけど、フェイクを入れたりしながら盛り上がっていくことで、主人公の胸の高鳴りを表現しました。

小泉さんの“おぉ〜”のフェイクは胸が高まる感じで歌ったんですか?

小泉
めっちゃ高めながら歌っています(笑顔)。

その高まりを後押しするように入ってくるショートギターソロもいいですよね。

小泉
そうですよね!

そして、Dメロでふたりだけの瞬間がやってきて…

吉川
物語が一気に進展していくんですよね。ふたりの心が近づいて《君が言葉を発した瞬間に》のところなんですけど、私の解釈では彼が想いを伝えてくれた時なんじゃないかと。そして、ここでやっとお互いの気持ちを確かめ合えたからこそ…
坂井
《心がキュンとキュンと/キュンとキュンと/キュンとキュンと/ときめき止まらない》とときめきが止まらなくなってね。
吉川
《「ねぇ、ギュッとして。」》とお願いするんですよ!
坂井
話しているだけでキュンキュンしてきた〜(笑)。
菅田
歌詞のふたりが本当に可愛い。
吉川
そこから、ふたりはギュッとしている時の多幸感に包まれたままハッピーエンドに向かっていくからこそ、メロディーも何度も何度も重なっていって。
坂井
そこもいいよね~!
吉川
感情とともに盛り上がっていく感じになっているのかなと思いました。
坂井
そうだよ、そうだよ! 《溶けてしまいそうだ》とかハッピーでしかないもん。
吉川
その心の盛り上がりを歌唱でも表現しているからこそ、《恋はいつだってトクベツだ》のところはハイキーで歌うのが大変でした。ライヴでもこのふたりの胸の高鳴りを伝えるためには、しっかりと歌い込んで歌唱レベルを上げなきゃと思っています。
この曲は台詞が4つ入っているんですけど、こんなに台詞が入っている曲もあまりなくて。その台詞も最初はひとちゃん(坂井の愛称)なんですけど、言う時のシチュエーションがあるんだよね?
坂井
校庭に好きな人がいて、屋上でその子に《「逃げないように、捕まえて!」》と叫ぶ設定なんです(笑顔)。
そんな台詞が最後は《「ずっと私を、離さないで!」》に変わるという。台詞が物語の展開に合わせて変わっていくところも注目してほしいですね。
写真左上から時計回りに、杏ジュリア、小泉遥香、吉川ひより、菅田愛貴、坂井仁香、辻野かなみ
辻野かなみ
杏ジュリア
坂井仁香
小泉遥香
菅田愛貴
吉川ひより
ミニアルバム『ハートギュッと!』【TYPE-A(辻野かなみ・小泉遥香)】(2CD)
ミニアルバム『ハートギュッと!』【TYPE-B(坂井仁香・吉川ひより)】(2CD)
ミニアルバム『ハートギュッと!』【TYPE-C(杏ジュリア・菅田愛貴】(2CD)
ミニアルバム『ハートギュッと!』【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着