L→R 藤井ごん(Ba)、れんぴ(E.Pf)、麗(Vo&Gu&Vn)、空閑興一郎(Dr)

L→R 藤井ごん(Ba)、れんぴ(E.Pf)、麗(Vo&Gu&Vn)、空閑興一郎(Dr)

【チョーキューメイ インタビュー】
人間的成長を詰め込んだ、
初のフルアルバム

ありのままで生きていきながら
大事な人との約束は守りたい

昨年末には全国ツアーもされていましたが、そういったライヴ経験が楽曲作りに影響を与えた実感はあります?

空閑
そうですね。お客さんがノリやすいテンポ感だと「おやすみパパママ」や「She Side Blue」や「貴方の恋人になりたい」あたりは分かりやすく4つ打ちになっているので、今までよりは意識した楽曲が増えてきたかもしれないです。1stミニアルバム『約束に守られない』(2021年5月発表)の「落下星」を作ったくらいから、そういう意識はあったよね。
確かにそうかも。それまでは、自分だけが満足できればOKと思っていたんですけど、ライヴで身体を揺らしているお客さんの姿を見たら自分も楽しくて、“聴いてくれている人も楽しいほうが絶対にいいじゃん!”と思うようになったんですよね。だから、自分の中に“私がお客さんだったらこういうのがいい”という基準が生まれました。そういう意味では、無理して考えて曲を作るんじゃなくて、もっとシンプルに考えていいんだと思えるようになりましたね。

楽曲の中にはAメロ→Bメロ→サビといった王道の展開をせず、変則的なパターンのものも多く見受けられますが、それもその観点から作り出されたものなんですか?

いや、そういうわけではないんですよ。もとの音源はAメロから順に作っていくんですけど、みんなで合わせていく中でいいフレーズが生まれたら、構成関係なくあれもこれも採用していっちゃうだけなんです。だから、本当はちゃんとやりたいけど、結果的に好き勝手やっちゃっているっていう。
空閑
スタジオで誰かがちょっとでも変なコードを弾こうものなら、すぐさま“それいいね!”となってしまうんです。それで、最終的にはごんくんが困っちゃうっていう。
藤井
そうそう。“そのフレーズはすごくいいと思うけど、この曲にそれを入れ込まれちゃうとなぁ”っていうことは度々ありますね。でも、空閑さんやれんぴもそういう面白いことには乗り気な人なので、どんどん変わっていっちゃうんですよ。
空閑
例えば「お迎えがきたよ」はごんくんがトイレに行っている間に、3人でセッションしながら考えていたんです。そうしたら最後にものすごいコードチェンジが発生しちゃって、3分後にごんくんが戻ってきた時には別物になっていました(笑)。
れんぴ
ごんの表情が明らかに困惑していたもんね(笑)。

「湖が見えた!」もジャズテイストで、構成も変則的ですよね。

空閑
この曲は麗さん以外の3人がやっていたセッションをもとにしているんです。
れんぴ
あれ、ひどかったよな! いきなり麗から“何か弾いてよ”っていう無茶振りをされたことがきっかけなんですよ。
空閑
そのセッションをもとに曲を作ってきてくれるんですけど、偶発的なセッションなもんで、次のスタジオの時には覚えてないんですよね。

でも、そういった一発のセッションから組み立てているとはいえ、ライヴで演奏するというところも意識されて詰めていくんですか?

考えてないかも…。
空閑
僕らは考えているよ(笑)。
でもさ、スタジオでできるんだからライヴでもできるよね!

あははは! 確かにそうだけど(笑)。「リンカーネーション」ではバイオリンの音が入っていますが、これは麗さんが弾いているんですか?

空閑
『約束に守られない』までは麗さんが弾いていたんですけど、それ以降のレコーディングでは別の方に弾いてもらっています。ライヴでは、歌とギターの演奏もあるのでバイオリンを弾くことが出来るパートをピックアップして、麗さんに演奏してもらう感じですね。
バイオリンの音を入れようと思ったのも、自分が弾けるからこそ出てきたアイディアだと思います。5歳の時に始めて10年くらい習っていたんですが、自分で弾けなかったら入れようとは思わなかっただろうし。でも、あの音色は自分がやりたい音楽との親和性も高いので、結果的に良かったと思います。
空閑
麗さんの音域がバカになっているのもそのせいかもしれないね。
確かに。バイオリンの影響もあるし、ボカロ曲がすごく好きだったこともあって高い音域に馴染みがあるから、ああいう高い声で歌いたくなっちゃうのかも。

『約束に守られない』に入っている「ユウ」のピアノ&ヴォーカルバージョン「ユウ(するどいささくれ)」はどういう経緯で入れることになったんですか?

「ユウ」は私が18歳の時に生まれた曲なんです。その歌詞に《あの時の髪がずっと今も生え続ける/成人式の為/伸ばす私 18》というフレーズがあることで、20歳になった今、改めて歌いたくなったというのがひとつです。あと、前回と同様のバンドバージョンにしなかったのは、時の流れを表現したかったからで。18歳の時は当時の出来事だったけど、今は2年経ったことで、それが思い出になっているという変化をつけたかったんですよね。

先ほどのお話にあった、過去に尖っていた自分が歳月を経るごとに柔らかくなっていったという変化も含めて表現したかったと。

そうです。なので、「ユウ」という曲をさまざまな側面から聴けるのも面白いと思ったんですよね。リアルタイムでいろいろなことが変わっていくということを、これまでリリースしてきた作品の時系列を含めて感じてもらいたかったという意図もあります。年齢ってただ重ねていくだけのものだと思っていますし、その時々で自分が何をするかどうかだと思いますしね。

では、みなさんの中で思い出深い楽曲を選ぶとしたらどの曲になりますか?

れんぴ
僕はやっぱり「ユウ(するどいささくれ)」ですね。人と合わせるのが楽しいからバンドをやっているのに、この曲はほぼソロなので大変でした。しかも、7分もありますし(笑)。結果的に出来上がったから良かったけど、不安はありました。

ベースで言うと、「She Side Blue」は曲を引っ張っていく頼もしさがありますよね。

空閑
ごんくんは仕事に徹してくれる真面目さがあるから助かるんだよなぁ。
藤井
みんながしっちゃかめっちゃかやるから、私ぐらいはちゃんとやらなきゃいけないと思っていますね。やっていて楽しかったのは「おやすみパパママ」ですけど、「湖が見えた!」のフレーズはレコーディング直前まで悩んでいましたね。
空閑
僕は「狩人」です。大学時代にクラシックでパーカッションをやっていたということもあって、ジャンベとかアルパカの爪を使ったチャスチャスという楽器とか、いろんな楽器を趣味で集めていたんです。それらを使って民族楽曲のような雰囲気の音作りができたのは楽しかったですね。
フルアルバムの自由度の高さがあるからこそ、「狩人」みたいな曲を入れられたよね。このアルバムは曲順的に「ユウ(するどいささくれ)」を超えられるかどうかっていう、ある種の篩があると思うなぁ。前半はみんなが盛り上がれそうな曲ばかりだけど、後半はチョーキューメイの玄人が楽しめる雰囲気になっている感じがする。

全体を通してメロディーやサウンドは多様ですけど、歌詞から読み取れるメッセージだったり、使われている言葉だったりは一貫性がありますよね。“秘密”や“約束”というワードは、今作内に限らず出てくるものですし。

そうですね。約束を守ることって責任感が生じるものだと思うんですけど、自由気ままに生きているからこそ、それが大事だとは分かっていつつも、それに縛られたくない気持ちもあるんです。それは、突き詰めると人との信頼関係にもつながる話だと思うんですけど、果たして自分はそういう関係をいつまで守っていられるのか?とも思うんです。

バンドという共同体で生きながら、自分という個性を保持していくことへの葛藤があるんですね。

でも、ヴォーカルとしては協調性ある方だと思うんだけどな。
空閑
麗さんはハチャメチャな人というよりは、“こうしたい!”という絶対的な指針を自分の中に持っている人なだけだと思うけどね。ただ、それが他の人からしたら斜め上の発想というだけであって。
なるほど。でも、みんなが私についてきてくれるからこそ、みんなのことを裏切りたくないという気持ちは大きいですね。こういう性格なので嫌いな人やそりが合わない人も多いんですけど、メンバーのことは大好きだし、そこの信頼は壊したくないと思っています。

取材:峯岸利恵

アルバム『するどいささくれ』2022年6月1日発売 神宮前レコード
    • CQM-0002
    • ¥2,800(税込)

ライヴ情報

『チョーキューメイ 初ワンマンライブ ”チョーキューメイの超ワンマン”』
7/10(日) 東京・下北沢ReG ※SOLD OUT

チョーキューメイ プロフィール

チョーキューメイ:2020年に結成し、9月に下北沢Daisy Barにて初ライヴと同時に1stシングル「教えて」をリリース。21年5月には1stEP『約束に守られない』(CDパッケージ)を限定発売、同年11月には2nd EP『いたくないイヤリング』を発表した。22年2月に「3月の花嫁」がMBSドラマ特区『あせとせっけん』のオープニング主題歌に抜擢され、同曲も収録した1stアルバム『するどいささくれ』を同年6月に発表。7月10日には、下北沢ReGにてバンド初のワンマンライヴ『チョーキューメイ 初ワンマンライブ ”チョーキューメイの超ワンマン”』を開催(チケットは完売)。チョーキューメイ オフィシャルHP

「リンカーネーション」MV

「She Side Blue」リリックビデオ

「3月の花嫁」MV

「3月の花嫁」 リリックビデオ

「ユウ」MV

『するどいささくれ』トレーラー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」