L→R  愛蔵、勇次郎

L→R  愛蔵、勇次郎

【LIP×LIP(勇次郎・愛蔵/
CV: 内山昂輝・島﨑信長)
インタビュー】
“ジュリエッタ”は
感謝を伝えたい時に
自然と浮かんでくるワード

今後さらにいろいろな
LIP×LIPを見ていただきたい

LIP×LIPのふたりを演じている内山昂輝さんと島﨑信長さんのレコーディングの様子はどんな感じでした?

shito
「ジュリエッタ」に関しては全体を通して柔らかく温かく歌ってもらいました。特に《他の誰かを好きになったら/それも君だし応援するよ》という歌詞の部分について、全力で背中を押せないから、ちょっと切ないニュアンスを混ぜてもらったりなど、相談しながら何度もレコーディングしました。
Gom
「青へ」に関しては疾走感と清涼感を大事に、ときどきスリリングな感じも出せるように言葉ひとつひとつを大事に録っていきました。《選手は君だ》という歌詞は、特にこちらから指定せずとも訴えかけるニュアンスを出してくれて、ディレクターさんと笑いが出ちゃうぐらい素晴らしいテイクが録れました。また、ハモリ部分はお互いが意識して歌ってくださって、相方感が出ていましたね。

では、今回のジャケットなど、イラストでヤマコさんがこだわった部分は?

ヤマコ
「ロメオ」と対になる楽曲のため、王子様衣装にしたいというイメージは漠然とありましたが、デザインに関してはかなり悩みました。でも、やはりデビュー曲の「ロメオ」がキラキラな王子様衣装で、当時は自分も手探りで考えたことに思い入れもありましたので、LIP×LIPの初登場時のドキドキ感をもう一度味わってもらえたらというのと、ふたりの成長を視覚的にも感じてもらえたらと思って、「ロメオ」のMVの衣装をアレンジしたデザインにしました。初回生産限定盤(Type AIZO、Type YUJIRO)は色っぽく、通常盤はアイドルスマイルで、それぞれ別の顔を見せたくて表情の幅を大きめにしています。

アニメを観た上で改めてジャケットを見ると、単にアイドルとしてだけでなく、人間としての成長がLIP×LIPを輝かせていると思いました。LIP×LIPを長年描いてきて、今と昔とで心境的な違いはありますか?

ヤマコ
もともと人気アイドルというかたちで登場したふたりですが、私自身、アイドルを描くことがあまりなかったので、自分の経験値を上げて作画技術を上げないとLIP×LIPのふたりを表現できない、人気アイドルの説得力が出せない…というプレッシャーがずっとありました。今もその気持ちはありますが、楽曲が増えてキャラクターが成長していくにつれ、自然といろいろな表情を描けるようになりました。設定だけではなく、実際にたくさんのジュリエッタの方に応援していただき、さらに企業コラボのお話をいただけるようになったことも嬉しく、親のような気持ちなりますね。今後さらにいろいろなLIP×LIPを見ていただきたいですし、視覚的に成長を感じてもらうために自分も頑張らないといけないので、ともに成長できればいいなと思っています。

映画、アニメと世界がどんどん広がっているLIP×LIPについて、これからの展開やどんなところを楽しみにしていてほしいですか?

shito
アニメ後の話になるストーリー、新曲はすでに作り始めています! あまり詳しくは言えませんが、今後LIP×LIPに起きる試練に対してふたりはどう立ち向かっていくのか、ふたりはどういう答えを出すのか、彼らを信じて応援していただけるとありがたいです。
ヤマコ
アイドルとして歌って踊ってパフォーマンスするLIP×LIPはもちろんですが、「ロメオ」や「LOVE&KISS」(2020年12月発売のシングル/映画『HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”』オープニング主題歌)のように、お芝居をしているLIP×LIPももっと見たいと思っています。これは個人的な私の希望です(笑)

取材:榑林史章

シングル「ジュリエッタ」2022年6月22日発売 MusicRay'n
LIP×LIP プロフィール

HoneyWorksがプロデュースする、勇次郎(CV:内山昂輝)と愛蔵(CV:島﨑信長)によるアイドルユニット。2016年12月公開のアニメ映画『好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会〜』挿入歌「ロメオ」でスクリーンデビューし、17年12月発表の両A面シングル「ノンファンタジー/必要不可欠」でメジャーデビュー。そして、19年1月には1stアルバム『どっちのkissか、選べよ。』を発売。さらに20年12月には勇次郎と愛蔵が出会いLIP×LIPを結成するまでの物語を描いたアニメパート『この世界の楽しみ方〜Secret Story Film〜』と、成長したLIP×LIPが披露するバーチャルライブパートを一緒に楽しめる映画『HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”』公開。LIPxLIP オフィシャルTwitter

HoneyWorks プロフィール

ハニーワークス:通称“ハニワ”。ニコニコ動画、YouTubeなど動画投稿サイトで活動する関連動画総再生回数8億回を超えるクリエイターユニット。音楽性は“キュンキュン系”“青春系”と呼ばれるポジティブ系ロックが主体。2014年1月にメジャーデビュー・ボーカロイドベストアルバム『ずっと前から好きでした。』をリリース。同年5月には『ウタカツ!オーディション』でグランプリに輝いたCHiCOとのユニット、CHiCO with HoneyWorksの始動を発表。その後、『アオハライド』『まじっく快斗』『銀魂』『恋は雨上がりのように』『ハイキュー!!』など大人気テレビアニメのテーマソングを担当。また、ジャニーズWEST、戸松 遥、麻倉もも、Geroなどへの楽曲提供も行ない活動の幅を広げている。HoneyWorks オフィシャルHP

【MV】青へ/LIP×LIP
(勇次郎・愛蔵/
CV:内山昂輝・島﨑信長)

ジュリエッタ【クロスフェード】/
LIP×LIP(勇次郎・愛蔵/
CV:内山昂輝・島﨑信長)

TVアニメ「ヒロインたるもの!
~嫌われヒロインと内緒のお仕事~」
オープニングムービー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着