L→R ゆーまお(Dr)、シノダ(Vo&Gu)、イガラシ(Ba)

L→R ゆーまお(Dr)、シノダ(Vo&Gu)、イガラシ(Ba)

【ヒトリエ インタビュー】
ヒトリエは絶対にもっと
いろいろな音楽が作れるはず

バンドとして
エンジンが回転している感じ

シノダさんとイガラシさんは音作りの面で常識外れと言えるようなことはやらなかったのですか?

イガラシ
4曲目の「Neon Beauty」で数年振りに歪みのエフェクトペダルを踏まなかったんです。

あぁ(笑)。

イガラシ
2015年ぐらいからかな? 歪みのペダルはオンにしかしてこなかったんですよね。
シノダ
ヒトリエのレコーディングって、ずっと同じエンジニアさんにやってもらっているんですけど、そのエンジニアさんもベーシストなので、ほっとくとふたりの間にシンパシーが生まれてベースの音がどんどんでかくなっていくんです。今回はそこに対して、かなり厳しい目を向けるようにはなりましたね(笑)。
イガラシ
ベーシストにとって冬の時代が来たって思いました(笑)。
シノダ
ふたりが密約していると思う時がありますもん。
イガラシ
密約してないよ。ミックスを聴いた時に俺もびっくりする時があるし(笑)。

シノダさんのギターは?

シノダ
これまでのようなギターのオケの構築をしなかったことかな? 「Flight Simulator」が顕著なんですけど、この曲は同じフレーズを2本録って、左右にパン(動か)しているんです。これまではバッキングのギターがあって、それに対してリードをつけるという2本のギターの構築をなるべく心がけてきたんですけど、バンドが3人になって、ギター1本で完結できるような曲作りも心がけなきゃいけないと思ったんです。その辺りを気にしながら「Flight Simulator」とか「ゲノゲノゲ」は作りましたね。その結果、そういう作り方をしてもカッコ良いものはできるという結論に至ったのは大きな発見だったと思います。あと、9曲目の「strawberry」は全体的に可愛らしい曲だと僕は思っているんですけど、中盤には本当に汚い音のギターソロを入れましたね(笑)。

確かに入っていますね。汚なくはないですけど、こういうポップナンバーに入れるかなぁって思うくらい、かなりエグい音だとは思います。

シノダ
そうそう。しかも、そこはギターが1本だけになるっていう。前からやってみたかったことなんです。もっとギターの音量があってもいい…ただ、まだ小せぇなと思っているんですけどね(笑)。ギターの派手さみたいなもののとらえ方を変えましたね。

ところで、“PHARMACY”というタイトルはどんなところから?

シノダ
昨年、一昨年から良くないことがずっと続いていて。それはバンド的にもそうだし、世の中的にもそうだし、世界はどんどん悪くなっているんじゃないかって感じで、とにかく精神状態が良くなかったんですよね。それでもツアーが始まったから“よし、やっていくか”と思ったら、俺が新型コロナウイルスに感染してぶっ倒れちゃって。どうしたもんかと思っていたんですけど、このアルバムを作っていくうちに自分が元気になっていくのが体感として分かったんです。そういう意味で、このアルバムは俺にとっての“PHARMACY(薬局)”という想いがあります。
イガラシ
シノダがこのタイトルを出した時に響きがいいなと思いました。字面も可愛いですよね。
シノダ
僕を正常に戻してくれたアルバムというか、これを作っている時、本当に楽しかったんです。バンドとしてエンジンが回転している感じ…その回転が安定している感じがあって、こういうことをやってなきゃダメなんだと思いましたね。

「Flashback, Francesca」の《今日もドラッグストアを探してるよな あいつらにしか聞こえない歌がある》の歌詞からの連想で、このアルバムがリスナーにとっての“PHARMACY”なのかと聴きながら想像していました。

シノダ
作り手がそうなので、聴き手もそうなってくれたらとは思いますけど、それよりも“この俺を正常に戻した音楽だぞ!”って気持ちが強いです。もちろん、リスナーに任せますけどね。ここから先は自由に聴いてもらえれば、全然いいと思います。

さて、リリース後は7月16日からツアー『ヒトリエ Summer flight tour 2022』が始まります。「Flight Simulator」をはじめ、歌詞の中に空を飛ぶイメージが幾つか散りばめられているからこのツアータイトルなのかと思ったんですよね。9月22日のツアーファイナルもZepp Haneda(TOKYO)ですから。

シノダ
あぁ、確かに! そこは気づかなかったな。言われてみればそうですね。でも、羽田空港からどこかに飛び立つ予定はないですけど(笑)。夏が好きなんですよ。ずっと夏にワクワクしていたわりに夏にツアーをやるバンドでもなかったから、いい夏の思い出になればいいなという気持ちで臨みたいですね。この間の恵比寿LIQUIRDOOM公演もいいライヴになったので、きっといいツアーになると思います。

取材:山口智男

アルバム『PHARMACY』2022年6月22日発売 非日常レコーズ/Sony Music Associated Records
    • 【初回生産限定盤】(CD+Blu-ray)
    • AICL-4253~4
    • ¥3,740(税込)
    • 【通常盤】(CD)
    • AICL-4255
    • ¥2,860(税込)

ライヴ情報

『ヒトリエ Summer flight tour 2022』
7/16(土) 広島・セカンド・クラッチ
7/17(日) 香川・高松DiME
7/30(土) 宮城・仙台 Rensa
7/31(日) 岩手・盛岡CLUBCHANGE WAVE
8/06(土) 大阪・梅田クラブクアトロ
8/07(日) 兵庫・神戸VARIT.
8/17(水) 鹿児島・鹿児島SR HALL
8/18(木) 福岡・DRUM Be-1
8/27(土) 北海道・札幌 cube garden
9/02(金) 新潟・新潟LOTS
9/03(土) 石川・金沢AZ
9/08(木) 愛知・名古屋クラブクアトロ
9/09(金) 京都・磔磔
9/22(木) 東京・Zepp Haneda (TOKYO)

ヒトリエ プロフィール

ヒトリエ:wowaka(Vo&Gu)、シノダ(Gu&Cho)、イガラシ(Ba)、ゆーまお(Dr)の4人により結成。ボカロPとして高い評価を集めていたwowakaがネットシーンで交流のあったイガラシ、ゆーまおに声をかけ、シノダが加入し、2012年に活動をスタートさせた。同年12月にミニアルバム『ルームシック・ガールズエスケープ』、13年4月にはEP『non-fiction four e.p.』を立て続けに自主制作盤として発表し、初のワンマンライヴ実施。同年11月にソニー・ミュージックグループ傘下に自主レーベル『非日常レコーズ』を立ち上げることを宣言。14年1月にメジャーデビューシングル「センスレス・ワンダー」を発表し、その後も精力的なリリースとライヴ活動を展開するが、19年4月にwowakaが急逝。残るメンバーは3名体制で同年9月より全国ツアーを開催した。20年8月にベストアルバム『4』、21年2月に新体制初となるフルアルバム『REAMP』を発表し、同年6月にシングル「3分29秒」をリリースした。22年も入り、全国ツアーを実施しながら5月からはシングル「風、花」とアルバム『PHARMACY』を2カ月連続で発表。7月からはツアー『ヒトリエ Summer flight tour 2022』をスタートさせる。ヒトリエ オフィシャルHP

「ゲノゲノゲ」MV

「風、花」MV

「ステレオジュブナイル」MV

「3分29秒」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着