L→R ゆーまお(Dr)、シノダ(Vo&Gu)、イガラシ(Ba)

L→R ゆーまお(Dr)、シノダ(Vo&Gu)、イガラシ(Ba)

【ヒトリエ インタビュー】
ヒトリエは絶対にもっと
いろいろな音楽が作れるはず

ライヴみたいな流れに
できたらいいと思ったんです

『REAMP』に引き続き、今回も3人それぞれが曲を作っていますが、イガラシさんとゆーまおさんはどんなことを意識しながら作っていったのですか?

ゆーまお
僕が作った「ステレオジュブナイル」と「風、花」がアルバムに入ることが決まっていたので、他のふたりが作ることを考えたら、もう僕はアップテンポの曲を書かなくてもいいなと思っていました(笑)。
シノダ
“アッパー枠はもう埋まったな”ってね(笑)。
ゆーまお
そう。僕の曲は「電影回帰」がもう一曲入ったんですけど、ドラムがすごいバタバタやっているし、キメが多いし、結構激しく聴こえると思うんですけど、最初に作った時はそんなつもりじゃなかったんですよ。でも、シノダにデモを渡したらこんなふうになって返ってきたのでびっくりして(笑)。“何だ、この曲は!?”って戸惑っていたんですけど、“まぁ、カッコ良いからいいか”と思いました。
シノダ
ゆーまおが作ったデモではAメロのゆったりした感じがずっと続く曲だったんですよ。いつもアレンジは3人で考える前に僕がとりあえずやるんですけど、その時にゆーまおから“エレクトロみたいな感じにしよう”と言われたんですね。それを言われた時に“エレクトロって何?”ってなっちゃって。そこにそれぞれのエレクトロ観の相違が発生したんですけど、僕はEDMのEの字みたいな解釈をしていたから、バキバキのシンセをサビに入れたんです(笑)。そうしたら…
ゆーまお
僕はミニマルな方向で考えていたのでびっくりして(笑)。でも、結果的にはヒトリエらしい曲になったなって。
シノダ
そうだね。こんなふうに変な感じで曲を作っていました。
ゆーまお
だから、僕は今回すげぇアッパーな3曲を作りましたね(笑)。

イガラシさんはいかがでしたか?

イガラシ
俺もアッパーな曲を作りはしたんですけど、結果的に「Quit.」がシノダに採用されました。
シノダ
アッパー枠は埋まっちゃっていたからね(笑)。「Quit.」はイガラシが作ってきたデモの中でも飛び抜けて良かったんです。これは絶対に入れたいと思いましたね。
イガラシ
シノダの中で、その枠が空いていたということですね(笑)。

イガラシさんは『REAMP』でも「イメージ」というバラードを提供していましたが、そういう曲が求められていると考えたのですか?

イガラシ
いえ、それは考えてなかったです。単純にゆっくりしたきれいな曲を作りたいと思って作ったら、今回も収録されることになって。

アルバムは前半と後半でパキっと印象が分かれた曲順が面白いですね。

シノダ
ライヴみたいな流れにできたらいいなと思ったんですよ。僕らの最近のライヴもそうなんですけど、わりと終盤にアッパーな曲を畳みかける。そういう流れを意識しながら組んだところはあります。

前半がダンサブルで。

シノダ
1曲目の「Flashback, Francesca」は不思議なノリの曲なんですが、2曲目の「ゲノゲノゲ」、3曲目の「風、花」でダンサンブルとは言え、ぶちアゲる要素を一個設けて、そこからいったん落ち着いて、6曲目の「Flight Simulator」でガツンとアゲて、最後は「Quit.」でしっとり終わる。5月の恵比寿LIQUIDROOM公演もそういう流れだったんですけど、最近の自分たちのライヴのムードから曲を組んでいくと、こういう流れになるのかな?

なるほど。今回の10曲の中で、アルバムを作りながら、その後の指標になるような曲は「ステレオジュブナイル」「風、花」以外にもありましたか?

シノダ
「ゲノゲノゲ」ですね。『REAMP』の中の「curved edge」とか「ハイゲイン」とか、その後、シングルとしてリリースした「3分29秒」とか、僕の中ではすごくパワーのある曲を作ったつもりだったんですけど、ちょっと攻めきれなかった感覚もあって。“だったら、ここまでやったらどうだろうか? さすがにここまで攻めたら人は聴くだろう”みたいな(笑)。そこを徹底的にやってみた曲です。

「ゲノゲノゲ」を2曲目に持ってくるってちょっとすごいと思いました(笑)。

シノダ
そうですか。僕は2曲目しかないと思いましたよ。“とにかくこれを聴いて、みんなびっくりしろ!”っていう爆弾的な曲です。

ヤバい曲なんですけど、そのヤバさがすごく癖になるんですよ。

シノダ
このアルバムの推し曲になっているので、「風、花」の次にみんなはこれを聴くことになると思うんです。だけど、とても同じバンドとは思えないだろうし、びっくりしてほしいですね(笑)。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着