L→R 朝日(Gu)、カズマ・タケイ(Dr)、もっさ(Vo&Gu)、中村郁香(Key)、藤田(Ba)

L→R 朝日(Gu)、カズマ・タケイ(Dr)、もっさ(Vo&Gu)、中村郁香(Key)、藤田(Ba)

【ネクライトーキー インタビュー】
大丈夫になる方法を探しながら
歌を作っていて、
それは今も続いている

朝日(Gu)がボカロPの“石風呂”名義で発表してきた楽曲をセルフカバーしたミニアルバム『MEMORIES2』が完成! 2019年7月に発表した『MEMORIES』の第二弾となる今作は、石風呂版の音源をもとにアレンジした人気曲「君はいなせなガール」「魔法電車とキライちゃん」、大胆にアレンジを変えた「サカナぐらし」など原曲からの変化も楽しめるほか、今のネクライトーキーにつながる精神も感じられる。

前回の『MEMORIES』よりも
バンドの演奏がクールになった

今作は“ライヴで石風呂の曲をよくやるから、音源もあったほうがいいんじゃないか?”という計らいがきっかけで制作されたミニアルバム『MEMORIES』の続編ですが、前回の制作とは違いはありましたか?

藤田
『MEMORIES』はライヴでやっている曲ばかりだったので、ライヴでやっていることを音源にするというコンセプトもあったんです。「ロック屋さんのぐだぐだ毎日」「午前3時のヘッドフォン」は前回から候補にあって、「壊れぬハートが欲しいのだ」「魔法電車とキライちゃん」はその後ライヴでやった上でまたミニアルバムとして収録したいという話になりましたけど、前回とはちょっと考え方が違ったのかもしれません。『MEMORIES2』にはライヴでやったことがない曲も入っていますし、石風呂の曲を出すという根本は同じなんですけど、ライヴでやっていたものを音源化するのではなく、石風呂の曲をネクライトーキーの音源として出すという考えで作られているのかなと。
中村
アレンジを考える時のまとまり方は早くなったような気がしました。『MEMORIES』の時はもっと悩んでいたんですけど、今回は誰かがアレンジを閃いて、そこから固まるまでがスムーズに進んだ感じがします。

前回は中村さんが加入して5人体制になったばかりの頃だったので、それから3年経ったからこその変化かもしれないですね。『MEMORIES』シリーズは石風呂の音源とのギャップも面白いところですが、「君はいなせなガール」は元東京カランコロンの“せんせい”こと日本松ひとみさんがフィーチャリングで参加されていて、石風呂の音源に入っている歌声のイメージとぴったりでした。

朝日
この曲を作ったのは10年くらい前で、ボーカロイドを人らしく歌わせてみたいと思ったんですよ。シンプルに好みなんですけど、当時はDTMらしいことをやるのが苦手だったので、逆に人間臭い音楽をやってみようかなと。それが電子の歌姫のイメージが強かったボーカロイドの中にあるというのが、逆張りで面白いと思って作ってみた曲でした。その頃から東京カランコロンが好きでよく聴いていて、自分の中にあったイメージがせんせいのヴォーカルだったので、曲のイメージのもととなった人に参加してもらったんです。

日本松さんのお姉さんっぽい歌声と合わさると、もっささんの歌声にもあどけなさが出ていて面白い組み合わせにも感じました。おふたりのレコーディングは別々だったんですか?

もっさ
一緒でした。いつもはメンバー以外の人が歌っているところを見たりとか、自分が見られることってあんまりないので緊張したんですけど、重ね合うフレーズが多いので、一緒に録ったほうがそのニュアンスが出るんじゃないかということで。すごく素敵な歌声なので、当日はウハウハしていました。正反対な声のマリアージュ?(笑)

“マリアージュ”いいですね(笑)。この曲は石風呂のイメージを再現したという表現のほうが近いと思うのですが、演奏面はいかがでしたか?

タケイ
難しい曲だろうとは思っていたんですけど、各々が修行を経て録り終えることができました(笑)。難しさのベクトルは曲によって違うのですが、「君はいなせなガール」はすごく軽快なノリなのにやっていることは細かくて難しいんですよ。それを全部ビートに乗せて、気軽に聴ける感じを出したかったので、どういう塩梅でやったらいいのかを考えました。
藤田
ライヴでやるとなると日本松さんのパートを私が歌うことになるんですけど、以前ライヴでのカバー候補に挙がった時には、こんなとんでもないフレーズを弾きながら歌うことはできないから無理だと思ってできなかったんです。跳ねるリズムだしすごく早いテンポの曲なので、いかにしてドラムとベースを嚙み合わせられるかってところは悩みました。

「魔法電車とキライちゃん」は楽曲の蒼さを感じるイントロに引き込まれて、ライヴで聴いた時から今のネクライトーキーっぽさもある曲だと思っていました。

朝日
ライヴアレンジを残してレコーディングすることになったので、石風呂の音源よりもイントロが長くなっていてライヴ感はすごくあると思います。なんか前回の『MEMORIES』よりもバンドの演奏がクールになったような気がするんですよね。前ならもっとギャインギャインに歪ませていたんじゃないかなって。
もっさ
この曲は今作の中で一番音色を悩みました。石風呂版のシンラインのチャキチャキ音の印象が強いけど自分ではそれを再現できないし、別のベクトルで音作りが始まっていたのでまったく違う音になったんです。
藤田
基本のベースとドラムをちょっと録って、ギターを変えたらベースも変えてみて…って、音作りはかなり時間がかかりましたね。でも、シンプルに勢いがつく曲なので、2曲目に入っているのも気に入っています。
L→R 朝日(Gu)、カズマ・タケイ(Dr)、もっさ(Vo&Gu)、中村郁香(Key)、藤田(Ba)
L→R 中村郁香(Key)、朝日(Gu)、もっさ(Vo&Gu)、藤田(Ba)、カズマ・タケイ(Dr)
ミニアルバム『MEMORIES2』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着