L→R カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ

L→R カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ

【超特急 インタビュー】
公演するたびに幸せや喜びが
更新されていっている

超特急がやることやメッセージは、
今までもこれからも変わらない

ところで、衣装とMVは今回もカイさんがプロデュースを?

カイ
はい。衣装は2着あって、1着は超私服っぽいというか、みんなが普段着ているブランドやテイストをそのまま再現したんです。そこで“素の超特急”だったりオフ感を表現する反面、もう1着は黒のスーツにして、オンとオフのギャップを表現させてもらいました。スーツの胸元には、それぞれのイメージカラーの生花がついていて、そこにもいろんな意味があるんですよ。超特急はライヴにこだわっているグループだから、その“ライヴ=生”感だったり、“はなむけ”だったり、これから先の未来が僕たちにとって満開だよ…というメッセージだったり。掲載される媒体や時期によって、使う花も変わるだろうけど、メンバーカラーというところにはこだわっているんです。

写真によって花が変わるというのは見る側からしても嬉しいですね。ただ、カイさんの青とタクヤさんの緑は生花を用意するのが難しそう。

カイ
そうなんです。だから、その2色は事前に発注しないと仕入れてもらえない(苦笑)。MVはちょうど昨日が撮影だったんですけど、10年間のMVやライヴを振り返るような演出が入っています。今まで10年歩んできたのは超特急としての僕たちでもあり、個人としての5人でもあるから、そこにオンとオフというものを掛けたくて、今回は衣装を2着にしたんですよね。
ユーキ
背景にパイプオルガンと天使みたいな石像が立っていて、めちゃくちゃ荘厳な撮影場所でした! クラシックのコンサートに使うような高級感のある場所で、すごく気品あふれていましたね。
タカシ
とはいえ、ダンスシーンはステージの上で撮ったので、いつものMVに比べると踊りやすかったです。普通にライヴをやってる感覚に近かった。

ツアー『Progress』でのステージも日増しにクレッシェンドしていくと思いますが、そこで総合演出のユーキさんが一番観てほしいものは何でしょう?

ユーキ
季節柄もあって“出会いと別れ”感だったり、そこから生まれる新しい挑戦というところは、要所要所に見えると思うんです。そうやって僕らが“Progress(=前進)”している姿を通して、8号車に力を与えていきたいんですよね。だから、いつもだったらアッパーな曲で幕を開けるところ、僕らの出会いと別れを象徴する曲「a kind of love」を1曲目に持ってきたりしているんですよ。もちろん超特急を知らない人が観ても、純粋に楽しめる明るいライヴではありつつ、8号車なら感じられるストーリーやバックボーンがひとつひとつの楽曲にあるだろうから、そこで超特急と向き合ってもらえたら嬉しいです。

新メンバーが加入するとなると現体制では最後のツアーになりますが、そこに対する意識もあったりしますか?

カイ
そこはあまりないですね。現体制ラストになるかもしれないけど、超特急がやることだったり、8号車や世の中に向けて届けたいメッセージは、今までもこれからも変わらないので。

その言葉を聞けて安心しました。では、最後にリーダーからツアーへの期待を煽るひと言をお願いします!

タカシ
ちょっと思わせぶりなことを!
リョウガ
え!? え~と…曲中に手を振ったら、それは××だよ!
カイ
これで〆てください!
タクヤ
いや、そんな気持ち悪いグループになりたくないです!

じゃあ、タクヤさんに〆ていただきましょうか。

リョウガ
気持ち良く〆て!
タクヤ
ええ! …ライヴをする僕たちメンバーも、来てくれる8号車のみんなも、スタッフのみなさんも、健康第一で無事走り切れますように!
カイ
素晴らしいです! これですよ!

取材:清水素子

配信シングル「クレッシェンド」2022年6月10日配信 SDR
    • ※詳細はオフィシャルHP等をチェック

ライヴ情報

『BULLET TRAIN 10th Anniversary Tour 2022 「Progress」』
6/09(木) 大阪・オリックス劇場
6/10(金) 大阪・オリックス劇場
6/18(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
6/19(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
6/25(土) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
6/26(日) 福岡・福岡サンパレス
7/01(金) 東京・東京ガーデンシアター
7/02(土) 東京・東京ガーデンシアター
7/17(日) 宮城・仙台サンプラザホール

超特急 プロフィール

チョウトッキュウ:今話題のメインダンサー&バックヴォーカルグループ。2011年12月25日結成。12年6月にシングル「TRAIN」でインディーズデビュー。17年4月26日にリリースしたCDデビュー5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」は初のオリコンウィークリーチャート1位、ビルボードチャートHOT100総合1位を獲得! 18年12月には念願のさいたまスーパーアリーナでのワンマンライヴを成功させ、19年12月〜20年1月にはグループ史上最大規模のアリーナツアーを、20年12月にはグループ史上最大スケールのオンラインライヴを、そして21年6月には神奈川・ぴあアリーナMMにて3日間にわたる有観客ライヴを成功させた。超特急 オフィシャルHP

「クレッシェンド」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着