さだまさし、新作アルバム『孤悲』の
アニメーショントレーラー映像公開

さだまさしが6月1日(水)にリリースするソロ43作目のオリジナルアルバム『孤悲』のトレーラー映像前編をYouTubeにて公開した。
同アルバムは、“3年間のコロナとの闘いの末に辿り着いた、さだまさしの新境地”とも呼ぶべきメッセージ作。今回公開となったトレーラー前編では、アルバム全10曲のうち前半の5曲「孤悲」「抱擁」「詩人」「キーウから遠く離れて」「緊急事態宣言の夜に」がダイジェストとして聴くことができる。

アニメーションではアルバムのジャケットにも描かれている”鷽(うそ)”が空を舞い、現代の日常をそんな鷽の目に映る風景としてひとつながりの絵巻物のように楽曲の世界を旅していく。「孤悲」では”会いたくて 会えなくて もどかしい日々を生きて”という歌詞にのってマスクをした人たちの列の中を鷽が飛び、「抱擁」では”まだ家に帰れない人がいる もう11年目の桜が咲いた”という歌詞とともに日常の景色を夢に見る幼い姉弟の寝顔の上を鷽が飛ぶ。「詩人」が飛ばした紙飛行機は「キーウから遠く離れて」の曲と共にいつしかチリチリとゆっくり燃えてなくなっていき、「緊急事態宣言の夜に」では”生活インフラ守る人達に 感謝を捧げて無事を祈るばかり”という歌を背景に働く工事をする人、薬局に勤める人、トラックの運転手などの上空を鷽が飛んでいく、そんな”繋がり”がアニメーションのテーマとなっている。アニメーションは今津良樹氏が担当している。

アーティスト

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着