鈴木亮平が「無限の彼方へさあ行くぞ
!」 ディズニー&ピクサー『バズ・
ライトイヤー』日本語吹替版声優に決

7月1日(金)に封切られるディズニー&ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』日本語吹替版で主人公“バズ・ライトイヤー”の声を俳優の鈴木亮平が担当することがわかった。あわせて、日本版予告も解禁されている。
『バズ・ライトイヤー』は、『トイ・ストーリー』のメインキャラのひとりである“バズ・ライトイヤー”の誕生を描いた作品。バズ・ライトイヤーは、おもちゃの世界を描いた『トイ・ストーリー』で、アンディが夢中になった流行のTVアニメ『バズ・ライトイヤー』の主人公。『バズ・ライトイヤー』では、「もしもアンディが夢中になったバズ・ライトイヤーの物語の世界が実在したら?」を映像化している。メガホンをとったのは、『ファインディング・ドリー』でアンドリュー・スタントン氏と共に共同監督を務めたアンガス・マクレーン監督。マクレーン監督は、『トイ・ストーリー』シリーズの短編『ニセものバズがやって来た』でもメガホンをとり、『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』では脚本・監督を兼任している。また、バズ・ライトイヤーの声を、『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ』シリーズなどで知られるクリス・エヴァンスが担当する。
有能なスペース・レンジャーのバズは、自分の力を過信したために、1200 人もの乗組員と共に危険な惑星に不時着してしまう。地球に帰還するため、バズは猫型の友だちロボットのソックスと共に不可能なミッションに挑む。その行く手には、ずっと孤独だったバズの人生を変えるイジーや個性豊かな仲間たちと、思いもよらぬ“敵”が待ち受けていた。
(c)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
鈴木亮平は、US 本社のオーディションを経て、日本版声優に起用。決定の知らせを聞いた鈴木は、「興奮しました! あのバズ・ライトイヤーを僕がやらせていただいていいんだろうかという思いが一番強かったですね。嬉しかったですし、光栄ですが、ちゃんとやらなきゃいけないというプレッシャーも感じています」とコメント。収録に臨むにあたり、「バズがどういう人間で、何を求めて生きていて、どういう環境で育ってきたのかを考えるところから始めました。おもちゃのバズのモデルとなった“人間のバズ”をどこまで演じられるか、いろんなバズの面を掘っていきました」と、役へのアプローチを明かしている。
(c)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
また、バズの魅力について聞かれると「完璧じゃないところかなと思います」と語り、さらに「一見、完璧でかっこいいスペース・レンジャーに見える、本人もそうありたいともがいているけれども、実は失敗もたくさんして、人を育てるのが苦手。プライドと責任感は表裏一体だと思うんですが、そういう未熟なところと、かたやすごく愛情深くて優しくて、何か自分が間違えたと悟ったときにはすごく素直に自分を変えることが出来るという、未熟さと素直なところがバズの一番の魅力かなと思います」と説明している。
そして、鈴木は「ふり幅を広くとって表現して、いろんな面を見せていけば、深い人間バズ・ライトイヤーとして浮き上がってくるかなと思っています」とアフレコへの意気込みつつ、「無限の彼方へ、さぁ!」とのおなじみのセリフについて、「おもちゃのバズの言い方との違いを、いい意味で裏切りながら皆さんに楽しんでいただきたい」とアピールした。
(c)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
鈴木は、作品について、「今生きている環境、周りにいる友人、家族、物もそうですが、今あるものに感謝して、“自分は恵まれているんだ、もしかしたら必要なものはもう既に周りにあるのかもしれない”と気づくというのがテーマの一つにもなっています。バズを通して、歳を重ねていくこと、時間が過ぎていくことのすばらしさをすごく感じました」と述懐。最後に、「どんな方が見ても必ず共感できるキャラクターがいます。バズを応援したいという気持ちになってもらえますし、大きな感動とワクワク感を持ち帰っていただけると思います」と締めくくっている。
『バズ・ライトイヤー』は7月1日(金)全国劇場公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着