L→R 曽我淳一、ayaho

L→R 曽我淳一、ayaho

【であいもん インタビュー】
“約束”をキーワードにして
曲を作ろうと思った

TVアニメ『であいもん』エンディングテーマ「ここにある約束」を手がけるスペシャルユニット・であいもんは、京都在住で注目のシンガーソングライター・ayahoと、サザンオールスターズをはじめ、つじあやのやTHE BACK HORNなどの楽曲やライヴに携わるクリエーター・曽我淳一によって結成。ふたりの意外な共通点や楽曲制作秘話、曽我が感じたayahoの歌声の魅力などについて語り合った。

アニメの曲を歌うことになるとは
本当にまさかの出来事

どういうきっかけでユニットを結成することになったのですか?

ayaho
最初は高校時代に軽音部でお世話になっていた方からご連絡をいただいて、“こういうアニメに関係するお仕事なんだけどどう?”と。詳しくお話をうかがったところ、『であいもん』に出てくる堀河美弦というキャラクターがギターを弾いて自宅から配信をやっている女の子で、その美弦ちゃんとリンクする京都でシンガーソングライターをやっている女の子を探しているということで、私の名前が挙がってご連絡をいただいたという流れになります。そんなアニメの音楽のお仕事というざっくりとした声がけだったので、“どんな感じだろう?”という興味もありつつ、恐る恐るという感じでした。

アニメの音楽にかかわるということについては、どんな気持ちだったのですか?

ayaho
あまりかかわったことのない界隈だったし、好きなバンドがアニメ主題歌を手がけていたことはあったけど、すごく遠くの話で、夢のまた夢だと思っていたから、私の人生でアニメの主題歌を歌うことになるとは本当にまさかの出来事でした。

曽我さんはサザンオールスターズなど名だたるアーティストの制作やライヴサポートを務めている方ですが、ayahoさんは曽我さんのことはご存知でした?

ayaho
はい。私が音楽を始めるきっかけになったのがNICO Touches the Wallsさんで、もともと母が好きで勧めてもらって聴くようになったんですけど、曽我さんが編曲を手がけていらっしゃったんですよね。そう考えると、私は小さい頃から曽我さんの音楽に触れていて、そんな方と一緒にユニットを組めるなんて、すごく嬉しかったです。
曽我
光栄です。
ayaho
母もびっくりしていました(笑)。

曽我さんはayahoさんの歌声や曲の魅力をどんなところに感じましたか?

曽我
芯が通っていて、真っ直ぐ伸びていく歌声は大きな魅力だと思います。その中でも僕が好きなのは、ayahoさんの曲はすごく前向きなんですけど、声の中に憂いがあって、それがとても個性的なところで。狙って出そうと思っても出せない魅力を感じましたね。

ファルセットも独特ですよね。少し幼い感じにも聴こえて、それがピュアさやキラキラとした感じにつながっているというか。

ayaho
でも、地声からファルセットに変わる変わり目が、前はすごく苦手だったんです。もっと滑らかにならないものかと思って、ずっと課題だったんです。それがある時、ヴォーカルレッスンの先生がそこが良さなんだと言ってくれて、“そうなんや!”と逆にそこを活かすようにしたら、ayahoっぽいと言ってもらえるようになったんです。裏声って大事だと思うので、強い裏声とかやさしい裏声とか、いろいろ使い分けるように意識しています。

自分では欠点だと思っていたファルセットが、実はすごく武器だったと。そんな裏声が存分に活かされた「ここにある約束」がエンディングテーマになっているアニメ『であいもん』は、ayahoさんの地元の京都のお話なんですね。

ayaho
はい。原作コミックスを読んで、すごく親近感が湧きました。京都に住んでいない方も京都に住んでいる気分になると思うし、“京都に住んだらこういう雰囲気なのかな?”と想像してもらえると思います。私にとっては、出てくる建物だったり、方言だったり…あと、祇園祭も出てくるし、とても身近な作品に感じました。

曽我さんも京都にご縁が?

曽我
僕は京都出身のつじあやのさんの制作やライヴに長く携わらせていただいているので、京都にちなんだ作品に携わることが多いです。ただ、僕が下手な京都知識を披露すると、つじさんに怒られます。“曽我くん、それは違う”って(笑)。住んだ経験があるわけではないので、ayahoさんとは違った目線だった…“街並みが素敵だなぁ”や“和菓子が美味しそうだなぁ”とか観光客目線だったと思いますね。

作詞作曲はayahoさんですが、アコギの弾き語りで作ったのですか?

ayaho
そうです。カップリング曲の「あなたがそばにいてくれたら」も弾き語りで作って、ヴォイスメモに録ったものを曽我さんに送ってアレンジしていただきました。

曲のテーマとかは考えましたか?

ayaho
「ここにいる約束」は原作者の浅野りんさんとやりとりをさせていただいた時に、“約束”という言葉を入れてほしいと言われていて、私自身も原作を読んで“約束”がキーワードになっていると感じていました。ヒロインの雪平一果はお父さんとの約束をずっと胸に秘め続けていて、それは物語を通して最後まで消えずにあったものなので、“約束”をキーワードにして曲を作ろうと思いました。

時間はかかりましたか?

ayaho
原作を読んであふれた想いを歌にギュッと詰め込むという作業に時間がかかりました。原作を読んだ時も焼きつけるような感覚で、“この言葉は忘れたらあかん”“この言葉は歌詞に入れたい”など、台詞や雰囲気、その時に思ったことを書き出していって。弾き語りしながらそのメモを見たり、漫画を読み返したりしながら作っていきました。
L→R 曽我淳一、ayaho
シングル「ここにある約束」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着