石原夏織

石原夏織

【石原夏織 インタビュー】
ラブリーな可愛さというよりも、
いたずら感が含まれている可愛さ

自身も声優として出演するTVアニメ『社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。』のOP主題歌「Cherish」は、これまで以上に突き抜けた明快なポップチューン。カップリング曲「Remember Heart, Remember Love」とともに新たな季節に“元気”を届けてくれることだろう。

ここまで明るくて元気に
振り切った楽曲は初めて

「Cherish」は『社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。』のOP主題歌ですが、そのお話をいただいた時のお気持ちはいかがでしたか?

今まで主題歌を担当させていただいた楽曲はカッコ良いテイストのものが多かったので、ついに小さい子たちが楽しそうにしている作品の主題歌を歌える日が来たと思って嬉しかったです。これまでの自分の楽曲に比べてもあまりなかったテイストなので、とてもワクワクしました。『社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。』はタイトルどおり、めちゃめちゃ癒される作品で、小さい子たちが一生懸命に大切な人に何かしたいという想いを伝えたり、でもいざ行動したらうまくいかなくてちょっと迷惑をかけちゃったりもして、幽霊ちゃんたちと人間のやさしさが伝わってきて、“こんな平和な世界があるんだ”と幸せな気分になりました。疲れて家に帰った時に、ワンちゃんやニャンちゃんに癒されるのと同じような感覚で、多くの人を癒してくれそうな作品ですね。

そんなアニメのOP曲を制作するにあたって意識されたことは?

“幼い感じで疾走感もあって、ガヤガヤしている雰囲気の楽曲”というリクエストをいただいたので、ヒゲドライバーさんだったらこの世界観にハマりそうだと思って作曲を依頼しました。

ヒゲドライバーさんが作曲した、このポップなサウンドを聴かれた時の印象は?

最初は1番だけのテレビサイズを聴かせていただいたんですが、イントロのちょっといたずらっ子感があるベース音を聴いた時に、“なるほど! おー、いいな”と思いました。ラブリーな可愛さというよりも、いたずら感が含まれている可愛さだったので、これなら違和感なく自分の曲として歌えると感じました。曲が進んでいくと“ポンッ!”という音とか、子供たちがおもちゃで遊んでいるようなギミックがたくさん組み込まれていて、本当に愉快な楽曲になっていて。アニメはもちろん、自分の楽曲としてもぴったりだと思います。ここまで明るくて元気に振りきった楽曲はなかったので、ヒゲドライバーさんに自分の新たな部分を引き出していただけてありがたかったです。

まさに“愉快”という言葉がぴったりな楽曲ですよね。また、たくさんの音が散りばめられていて展開も多彩で。

そうですね。2番になってくるとリズムやメロディーも変わってきたり、Bメロでもまた雰囲気が変わったり。どんどん表情が変わっていくので、フルサイズを聴いた時に“さらにパワーアップしてる!?”と思いました(笑)。

そんな楽しいこの曲に乗る磯谷佳江さんの歌詞の印象は?

曲と併せて歌詞を見た時に、歯切れのいい言葉とか“さみしい”や“かなしい”という言葉も出てくるので、最初は子供目線なのかなと思ったんです。でも、改めて読んでみると、思いやりややさしさの重ね合わせで世界が違って見えてくること、自分という存在を大切にしないと誰かを幸せにすることはできないということとか、忙しさのあまり忘れてしまいがちな大事なことを教えてくれているんです。歌詞を意識せずに聴くと曲の楽しさが先に伝わってきますが、意外と大人目線の胸に染みる内容なんですよね。そんな曲と歌詞のギャップが絶妙なバランスで組み込まれていると思います。

石原さんが特に気に入っているフレーズは?

2番の《限界なんてそうカンタンに 毎日超えたらダメでしょ?/チャージしよう シアワセなぬくもりを》がとても好きです。“限界を超えたらダメでしょ?”と言いつつも、心をチャージして温かく包み込んでくれるようなやさしさがありますね。

この部分はゆったりとした曲調も相まって、言葉も際立っている印象がありますよね。多彩な展開でかつご自身の曲の中でもこれまでになかったタイプの楽曲ということで、レコーディングでも新たな挑戦があったのでは?

どういうふうに歌うのが正解なのかを掴むのが最初は難しかったです。きっとキャラクターソングのように歌うこともできるけど、それだと自分が出す曲としては違うんじゃないかと思い、キャラソン風と自分っぽいヴォーカルの両パターンを歌って、どちらがより作品の世界観にハマるかを決めたところが、今までのレコーディングと違ったところですね。結果的に自分らしいヴォーカルのほうがハマりました。

アニメの世界観を通して引き出された、新たな石原さんの魅力が詰まった一曲に仕上がりましたね。ミュージックビデオでは楽曲のポップな世界観をそのままに、衣装やインテリア、ネイル、石原さんの明るい表情も含めて、キュートな雰囲気になっていますが、ご自身が思う観どころは?

冒頭から私のあるパーツが可愛くなってって登場するのが個人的には好きですね。“いきなりこうくるの!?”みたいな(笑)。あとは、いろんな時間帯の私が小さくなって一気に登場して、ミニチュアみたいに見えるシーンがあるんです。それが可愛くて、個人的にはお気に入りです。初めて上半身だけのダンスにも挑戦したんですが、歌詞に沿った指の振り付けがあってみなさんにも踊ってもらえるようなダンスになっているので、楽しみにしていてもらえると嬉しいです。
石原夏織
石原夏織
シングル「Cherish」【初回限定盤】(CD+DVD)
シングル「Cherish」【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着