多岐川舞子、地元・南丹市文化観光大
使に就任「故郷の魅力を全国にアピー
ルします」

多岐川舞子が自身の出身地である京都府南丹市の文化観光大使に就任することが決定し、南丹市役所秘書広報課より4月1日に正式発表された。

南丹市は京都府中部の丹波地方に位置する人口31,000人弱、京都府第2の面積を有する。

この度発表された南丹市文化観光大使は、南丹市の歴史や文化・観光をはじめ、多面的な魅力を国内外に発信し、認知度の向上、引いては交流人口拡大・定住促進・産業振興など南丹市の発展につながる取組を推進するためのもので、2022年の4月1日に新設。大使は、産業振興、教育、文化、芸能、スポーツ等の分野において活躍する本市出身もしくはゆかりのある個人又は団体の中から市長が委嘱するもので委嘱期間は、2年間。今回、計9名の文化観光大使が委嘱を受けることとなった。

高校を卒業するまで南丹市で育った多岐川は、作曲家の市川昭介に師事。京都と東京を往復しながらレッスンに励み、1989年にシングル『男灘』で歌手デビューを果たす。1996年にはTBS「日本有線大賞」に出演や、1996年〜1997年に発売したシングルでは3作連続でオリコン演歌チャート1位を獲得している。

多岐川への就任オファー理由として同市は「南丹市出身であり、長年演歌歌手として活躍され、幅広い人脈をお持ちであることや、本市に貢献し、まちをPRしたいという熱い思いも持っておられるということをお聞きし、多数の方のお名前が挙がりましたが、第1次として任命をさせていただくこととなりました。」としている。

【多岐川舞子 コメント】 この度、私、多岐川舞子は我が故郷 京都府南丹市文化観光大使をつとめさせていただくこととなりました。緑豊かで清らかな空気と景色に恵まれた南丹市。心癒される美しい環境で伸び伸びと育ち、私の心や歌声にたくさんの影響をいただいたと思っています。こんな時代だからこそホッと帰れる故郷が有難いです。誇れる美味しいものもたくさんあります! 南丹市の素晴らしい魅力を故郷へ恩返しするような気持ちで微力ながら精一杯全国の皆さんにアピールして参ります!『いつでもあなたを待っています!』どうぞ宜しくお願い申し上げます。

自身にとっても初めての観光大使への就任となる多岐川。5月18日には新曲「挽夏の岬」を発売予定しており、全国キャンペーンを通して歌と故郷をアピールしていく。

多岐川舞子 ニューシングル『晩夏の岬

発売日:2022年5月18日(水)
COCA-18005 ¥1,350(税込)
[ 収録楽曲 ]
1. 晩夏の岬
 作詞:紺野あずさ 作曲:岡 千秋 編曲:南郷達也
2. 雪に咲く花
ほか
【多岐川舞子 プロフィール】
1969年11月24日生まれ
京都府南丹市出身
血液型O型 身長167cm

1985年 16歳の時に、NHK「勝ち抜き歌謡天国」奈良大会でチャンピオンになる。その時に作曲家の市川昭介の目に留まる。
1989年 シングル『男灘』でデビュー。新宿音楽祭同賞受賞。横浜音楽祭新人奨励賞受賞。
1996年 TBS「中間発表!日本有線大賞」期待曲ノミネート出演
1997年 シングル『幻海峡』が20万枚のセールスを記録
1998年 シングル『あんたの海峡』が50万枚のセールスを記録
2002年 新宿コマ劇場錦秋特別企画1か月公演に出演
2003年 シングル『信濃川』オリコン演歌チャート4週連続1位
     大阪新歌舞伎座「春夏秋冬ふられ節」1か月公演に出演
2013年 日本青年館にてデビュー25周年リサイタル
2018年 TKPガーデンシティにてデビュー30周年ディナーショー
2022年 5月18日シングル『晩夏の岬』発売

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着