工藤晴香

工藤晴香

【工藤晴香 インタビュー】
今までリリースしてきたものとは
ちょっと違いを見せたい

声優として高い評価を得るとともに2020年3月からソロアーティストとしての活動もスタートさせた工藤晴香。彼女の記念すべき1stフルアルバム『流星列車』は“旅”というテーマで全体を覆いつつ、その音楽性の幅広さを見せていることが印象的だ。自身が数々のアイディアを発信したことも含めて、同作を聴くと彼女がミュージシャンとして鋭いセンスを備えていることが分かる。

今の私が言いたいことは全部、
「旅立ち」に集約されている

『流星列車』は“旅”をテーマにしたコンセプチャルなアルバムですが、まずはこういうアルバムを作ることにした流れなどを教えていただけますか。

2年前にソロデビューしてから本当にありがたいことに、ミニアルバム2枚とシングル1枚をリリースさせていただいたんですね。それを経て、いざフルアルバムとなった時に、今までリリースしてきたものとはちょっと違いを見せたいと思って。それで、テーマを決めてコンセプトアルバムというか、テーマの世界観に沿った作品にしたいという気持ちになったんです。今回はそれを最初に決めました。

工藤さんのアイディアだったんですね。では、“旅”というテーマはどんなふうに決められたのでしょう?

アルバムを作るにあたって、すでにライヴで披露している楽曲もあったんですけど、その曲のテーマでアルバムを作るというのは難しかったんです。そんな中、『流星列車』の1曲目に入っている「旅立ち」の歌詞が書けた時、“あっ! めちゃめちゃいい歌詞が書けた”となって。しかも、ストーリーを感じる歌詞だったので、これを始まりの曲にして、「旅立ち」をベースにしたフルアルバムにしようと。

その時点で、アルバムに入れる曲は出揃っていたのでしょうか?

まだそんなにはなかったです。作曲の平地孝次さんが曲を作っているのと同時進行で、私もずっと歌詞を書いていたという感じですね。毎月、平地さんから何曲かデモがポンポン届いて、歌詞を書いていって、レコーディングして、レコーディングの途中でまた新しいデモが届いて…みたいな感じで進めていきました。

ということは、もしも最初に“旅立ち”という歌詞を違う曲で書いていたら、それがアルバムの1曲目になっていたかもしれないと?

そうですね。平地さんから届くデモの順番が違っていたら、1曲目どころか、また違ったアルバムになっていたかもしれないです。偶然なのか運命なのか分わからないですけど、最初に歌詞を書いたのが「旅立ち」で良かったですね。

同感です。「旅立ち」は現実的な旅の始まりを描くと同時に、大人になっていく過程や人生などを感じさせる歌詞になっていますね。

ロードムービーとかに近いのかなと思います。旅を通して成長しているので。出会いも別れもあるし、見てきた風景に何ひとつ同じものがないということだったり、切なさだったり、今まで気づかなかったことに気づけたり…とか。いろんなことを意識して歌詞を書いたので、人生を描いているように感じさせるところはある気がしますね。今の私が言いたいことは全部、この一曲に集約されています。

「旅立ち」もそうですが、今作を聴いて生きるということ自体が旅だと改めて思いました。では、具体的にアルバムについて話しましょう。『流星列車』は「Cry for the Moon」や「Utopia」「Supernatural」「ROCK STAR's Brand new song」といったラウドなナンバーが核になっていますが、こういった曲もどこかロマンチックだったり、ドリーミーな雰囲気があることが印象的です。

激しい曲に関しては、いつもの平地さんの感じで書いてくださるようにお伝えしていたんですけど、先にコンセプトが決まっていたから平地さんも曲を作る時に意識した部分はあったと思うし、私も激しい曲でもコンセプトに沿った歌詞を書いたので、結果的にラウドな曲はちょっと独特のものにはなっていると思います。あとは、フルアルバムなのでバラエティー豊かというか、いろんなテイストの曲を入れたいと思っていたんです。バラードはしっかりバラードで、ミドルテンポの楽曲はEDMっぽい要素を入れたいとか。その結果、今までのミニアルバムとはまた違ったバランスになっていると思いますね。面白い作品にしたいというか、曲で遊びたいというのもあったので、そういう要素もいっぱい入れ込みました。

そういうスタンスが奏功して、個性的かつ魅力的な世界観が生まれていますね。

そう言っていただけると嬉しいです。歌詞の面でも、例えば「Cry for the Moon」と「Under the Sun」は登場人物が同じで、この2曲は対になっているんです。「Cry for the Moon」の主人公は最終的に羽ばたけないんですね。この街に縛られてずっと生きていて、鳥のように飛び立ちたいと思うけど、ずっとここにいる…という歌詞で、結局最後に羽ばたかない。《今独り歌うよ》というフレーズで終わっているんですけど、それとは対照的に「Under the Sun」は羽ばたくんです。そういうふうに登場人物を設定して物語のように歌詞を書くことに今回はトライしていて、「Scar」と「Tread this Earth」も「Cry for the Moon」と同じ登場人物というか、つながっているんです。そういうことを意識して歌詞を書いていきましたね。

そういう手法をとることで、自分の中で詳細なストーリーを考えたりされたのでしょうか?

そこまではしなかったです。歌詞を書き進めていく中で、“あっ! この曲とあの曲はつなげられる”と思ったんですね。で、2曲をつなげることにして、他の曲はリンクするように、あとから言葉を足していった感じでした。最初はガチガチにストーリーを固めて書こうと思ったんですけど、そうしたら書けなくなってしまったんです。“これは難しい…”となってしまったので、ストーリーは考えないようにしました。軸さえぶれていなければ自然とつながるはずだと自分を信じて。そしたら、ちゃんとつながってホッとしました(笑)。
工藤晴香
アルバム『流星列車』【初回限定盤】(CD+M-CARD)
アルバム『流星列車』【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着