大黒摩季、30周年記念アルバム&47都
道府県ツアー開催「誕生祝いではなく
“ご恩返しの一年”」

大黒摩季が、全国47都道府県を回る全国ツアー<MAKI OHGURO 30th Anniversary Best Live Tour 2022-23>開催と、30周年記念アルバムのリリースを発表した。

B’z、TUBE、ZARD、WANDSなどのレコーディングコーラス・ミュージシャン、作詞・作曲提供などの下積み生活を経て、1992年5月27日に「STOP MOTION」でデビューし、2022年5月27日にアーティスト・デビュー30周年を迎える大黒摩季。

6月1日(水)、故郷札幌・カナモトホールを皮切りにスタートする全国ツアー<MAKI OHGURO 30th Anniversary Best Live Tour 2022-23>は30年に渡るアーティスト活動の集大成として1年間を通して日本全国を駆け巡る。2023年5月のファイナル公演までいくつかのシーズンに分け、60本近いライブツアーを行い、故郷・北海道から沖縄まで全国47都道府県を回る。

そして、7月には30周年記念アルバムをリリースする。今までのヒット曲の中からとりわけ人気の高い楽曲。この30周年にあたって、大黒摩季自身がヒット曲から選曲し新たにリミックス、リアレンジした新たな音源作品。さらには、初CD化となる楽曲やこのアルバムのために書き下ろした楽曲を収録したCD 3枚組の豪華アルバムになる。

このアルバムに初収録となる曲には、大黒が「なぜ歌うのか」を30年問い続けて来たことへの思いを綴った書き下ろしの新曲や、ファンに対して感謝の思いを込めて制作した作品、30年前の自分に挑戦したハイパーなロックチューンなど、大黒らしいカラフルかつパワフルな作品が並ぶという。

また、リミックス、リアレンジ作品については、デビューから30年を経て、“当時生まれていなかった世代の音楽ファンに、2022年の最新SOUND WORKを施した90年代の作品を新たな楽曲として聴いて欲しい”、“90年代から聴き親しんできたファンには、それぞれの作品のまた違った表情を聴いて欲しい”という思いで制作にトライした。

全国47都道府県ライブ・ツアーと記念アルバムのリリースによって幕を開ける大黒摩季の30周年イヤーであるが、ツアーの合間には別テーマでのクラシックオーケストラとのコラボコンサートや夏向けのイベントなども予定され、映像作品や書籍、ファッション&ジュエリーのプロデュースなど、まるで大黒摩季の人生すべてを吐き出すべく様々な企画が進行中であるという。

【大黒摩季 コメント】 先日、歌番組で郷ひろみさんのデビュー50周年のお祝いでコーラス&ダンス(苦笑)してきたのですが、それを思えば30周年なんてまだまだ〜(汗)、出世魚の鰤の次のハマチにまでも来てないとは思い大変恐縮ではありますが、 小さな頃から世の中に合わせきれず、音楽にしか心を見せられない、自分でも何をやらかすのか不安な奔放さと危うさ、その上高過ぎる美意識と理想に不器用で鈍感な自分が押し潰されてはもがく凸凹な私が、よくぞ30年も歌えてこれたものだと他人事のように達観しています。 ただただ、大黒摩季を生かしてくれた社会をはじめファンの方々の愛と応援は勿論、私と関わってくれたスタッフ、クリエイター、ミュージシャン、家族、友人、猫達、恋してくれた人達…、その全てに深謝するばかりです。 私にとっての周年は、大黒摩季の誕生祝いではなく「ご恩返しの一年」。 コロナ禍で会えなくなってしまったジュリエットに向かって、一途に走って行くロミオの如く、これまで首都圏のライブ会場まで遠いところまで出向いてきてくれたファンの皆さんのもとへ、自分が会いに行く番。自身の希望や願いに関わらず、音楽や映像や言葉、想い、全て、期待し望んでくださるものをありったけお届けすべき一年。 そして、毎年のツアーでオリンピック選手のごとく自分の限界へ挑戦し続けてきたなか、ごまかしのきかない大黒摩季の歌は、そろそろ体力的に年齢も含めいつまで挑み続けられるか賭けのようになってきましたので、このツアーが自分の記録更新は最後かなあ…と、後ろ向きな意味ではなく、30年連れ添った傷だらけの体が語りかけてきてもいるので、今年こそ私の“4回転アクセル★”に挑み、自分のポテンシャルを使いきりたい。 才能と未来ある後進たちに身をもって体感した技術やボーカリストとしてのフィジカル&メンタル維持方法、表現と声帯&筋肉との伝達方法・ノウハウなど私の生きた証を残せるツアーにしたいと思い、つまりやっぱり最高最上級の全力で挑みます(笑)。 コロナ禍で人生や未来をねじ曲げられ、自然の猛威に暮らしを奪われ、世界はもちろん、日本人は今誰もが疲弊し疲れていると思います。 大黒摩季、そしてともに音と感動を届けるメンバー&ツアースタッフ=大黒組の太陽系エナジーと希望、そして笑顔のきっかけをぜひ!吸収しに来てください。 これまでにいただいたヒット曲満載なBESTツアーですので、輝く青春の日に還り少年少女に戻って輝きと瑞々しい夢や希望があなたから溢れ出る瞬間を体感してください。 自分一人じゃポジティブになれないのなら、皆“一緒に”前向きになれる歌を感じて気分だけでも上がれば、目線が上がる。目線が変われば明日と出会いが変わる。明日が変われば未来も変わります☆ 私だって、もう失えるものがないくらい色んなものを失くし、今は空虚と虚無の中にいますから皆さんと一緒に“楽しむ”ことで、心と体の免疫をガッツリ上げて↗↗ 恋に好奇心に火をつけて、再び眩い第二の青春を過ごしたいので!!! 大黒摩季は、アーティストでもカリスマでも何でもない、いちミュージシャン。皆さんと並んでともに歩き走る“隣の摩季姐” “愛する者すべて親戚”として、心からの解放と笑顔を引き出しまくりたいと思います❤ 正直、のけぞるほどのハードなスケジュールですが(苦笑)、ぶっちゃけ… 超楽しみ〜〜〜〜っ!!!! 最終日は、ハワイが目標❤〜〜〜っ!!!! 皆一緒に行きましょう〜〜〜〜〜っ☆!!!! 〜 with L❤VE 〜 2022,3,1 大黒摩季

<MAKI OHGURO 30th Anniversary Best
Live Tour 2022-23>

■Season I
6月1日(水)北海道・カナモトホール(札幌市民ホール)
6月4日(土)福島県・けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター)大ホール
6月5日(日)山形県・やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)
6月11日(土)岩手県・岩手県民会館 大ホール
6月12日(日)青森県・リンクステーションホール青森
6月18日(土)福井県・福井フェニックスプラザ
6月19日(日)石川県・本多の森ホール
6月25日(土)栃木県・宇都宮市文化会館 大ホール
6月26日(日)埼玉県・羽生市産業文化ホール 大ホール
6月29日(水)徳島県・あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)
7月1日(金)大阪府・大阪 新歌舞伎座
7月3日(日)茨城県・ザ・ヒロサワ・シティ会館(旧茨城県民文化センター)大ホール
7月9日(土)東京都・J:COMホール八王子
7月16日(土)群馬県・高崎芸術劇場 大劇場
7月17日(日)長野県・ホクト文化ホール 大ホール

■Season II
9月3日(土)広島県・呉信用金庫ホール
9月4日(日)山口県・周南市文化会館
9月10日(土)静岡県・三島市民文化会館
9月17日(土)大阪府・大阪狭山市SAYAKAホール
9月18日(日)兵庫県・加古川市民会館
9月24日(土)山梨県・YCC県民文化ホール(山梨県民文化ホール)
10月1日(土)高知県・高知県立県民文化ホール(オレンジホール)
10月2日(日)愛媛県・愛媛県しこちゅ~ホール
10月8日(土)山形県・シェルターなんようホール(南陽市文化会館)
10月10日(月)宮城県・東京エレクトロンホール宮城
10月14日(金)島根県・出雲市民会館
10月16日(日)鳥取県・とりぎん文化会館梨花ホール
10月22日(土)和歌山県・和歌山県民文化会館 大ホール
10月23日(日)奈良県・なら100年会館
10月29日(土)岡山県・倉敷市民会館 大ホール
11月3日(木)鹿児島県・川商ホール(鹿児島市民文化ホール)第1ホール
11月5日(土)沖縄県・沖縄コンベンションセンター 劇場棟(会議場C)
11月12日(土)熊本県・熊本城ホール メインホール
11月13日(日)宮崎県・延岡総合文化センター
11月26日(土)三重県・シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢
11月27日(日)滋賀県・ひこね市文化プラザ

※SeasonIII以降については、順次発表。
※詳細、チケット情報はオフィシャルサイトまで。

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着