LAGRANGE POINTとの出会いに「運命を
感じる」~舞台『MARGINAL#4』 BIG
BANG STAGE ユニット座談会vol.2

2022年2月23日(水・祝)~2月27日(日)にヒューリックホール東京にて上演される「舞台『MARGINAL#4』 BIG BANG STAGE」。CD、ゲーム、アニメ、イベントなどさまざまなメディア展開を続けている「MARGINAL#4」の舞台化作品として、架空の芸能プロダクション・株式会社ピタゴラスプロダクションに所属するアイドルユニットたちの活躍が描かれる。
本作に登場する全4ユニットにインタビューを実施。第2弾となる今回は「LAGRANGE POINT」の牧島シャイ役・YUKI、緋村キラ役・佐々木佑紀による対談をお届けする。
左から YUKI、佐々木佑紀
――本作が初共演ではありますが、以前から面識があったそうですね。
佐々木:直接お話したことはなかったんですけど、同じアーティストイベントに出演していたことがありました。
YUKI:キラ役で佐々木さんのお名前を見たときはめちゃくちゃ安心しました。ビジュアル撮影の時に初めてお話したときから気さくで「キラがこの人で良かった!」と思いましたもん。
佐々木:僕もです! 極度の人見知りなので(笑)。
YUKI: 打ち解けるまで様子をうかがってしまう癖があって。見た目がとっつきにくいので、なるべく話しやすい空気を出せるように心がけてはいるんですけど……。
佐々木:演じるキャラ同士としては対等な関係ですが、僕はすでにYUKIくんをものすごく頼りにしています。
YUKI:こちらこそ、いろいろ頼らせてください!
YUKI
――出演が決まった際の感想と、演じるキャラクターについて教えてください。
YUKI:舞台への出演は2度目ですが、原作のあるキャラクターを演じるのは初めて。(所属するダンスボーカルグループの)MADKIDとして別のアニメ作品でタイアップをやらせていただいたこともあり、個人的にも大好きなアニメに携わるお仕事をしたかったんです。もともと2.5次元に興味があって、特に昨年はたくさんオーディションを受けていました。こうして作品に参加できることが本当に嬉しい。シャイさんはダンスも歌もピカイチで、みんなから尊敬されている先輩。僕もシャイさんのように、ストイックに物事に取り組むことには自信があります。自分と重なる部分も多く、縁を感じました。原作のゲームやアニメを自分なりにかみ砕きつつ、今作の脚本を読みながらもっとシャイさんを知りたいと思っているところです。
佐々木:僕はフリーランスシンガーとして活動していて、今回が独立してから初めての舞台出演です。実はこれまで、俳優じゃない人が役者をやるのは失礼だと考えていたんです。考えを改められたのは、フリーになってから。たとえ違う畑でもすべてのことに100%で挑戦できる人って、ちゃんと全部自分のものにできている。じゃあ今後どうしていくべきかというところに今回のお話をいただきました。僕は運命だと感じたのが、キラとの共通点の多さ。血液型も身長も、漢字が苦手なところも同じ(笑)。これはあくまで個人的な印象ですが、明るくて頼れる兄貴だけど、後輩に対して兄貴肌を作ってしまうところもすごく共感できる。キラを演じられることに運命を感じています。
佐々木佑紀
――ほかのアイドルたちの先輩にあたる「LAGRANGE POINT」。お二人が思う、ユニットとしての魅力は?
佐々木:何をするにも秀でるし、何をするにも引っ張れるのがラグポ(LAGRANGE POINTの略称)。事務所のレジェンドとしてのオーラがありますよね。
YUKI:憧れの存在ですし、実力があって歌もダンスもレベルが高い。ライブイベント(ピタゴラスプロダクションLIVE「Big Bang Fes」)の映像を見させていただいたとき、クオリティの高さに圧倒されました。原作ファンの方にも「舞台のラグポも良かった!」って思ってもらえるようなパフォーマンスを目指したいです。
佐々木:僕、ダンス経験があんまりないので、YUKIくんに指導してもらいたいです。
YUKI:僕は佐々木さんに歌を教えてもらいたいですよ!
佐々木:お互いに手取り足取り、支え合ってやっていきましょう!
左から YUKI、佐々木佑紀
――お二人ともアーティストとして活動されていますが、歌やダンスを始めたきっかけは?
佐々木:僕、大学まではプロ野球選手を目指していて。
YUKI:そうなんですか!
佐々木:大学1年で全日本のメンバー入りした1カ月後にけがしちゃったんです。そこから2年間は松葉杖生活になって、プロへの道が絶たれてしまった。野球のために通っていた大学を辞めるとき、親に将来を聞かれて咄嗟に吐いた嘘が「歌手になる!」。全然、歌の経験なんてなかったんですけど。2年間挑戦してダメならおじいちゃんのレストランを継ぐ約束をして、1年8カ月目にオーディションに合格して最初の事務所に入りました。嘘から始まったアーティスト人生ですけど、80歳まで歌い続けると心に決めています。
佐々木佑紀
YUKI:僕のきっかけは中3のときにマイケル・ジャクソンが亡くなったニュースを見たことです。世代だった父と母にマイケルについて教えてもらって、衝撃を受けました。その日から3年間、自宅でマイケルのMVをひたすら真似するだけの時間を過ごして……そのうち、マイケルの物まねでクラブイベントに出ることになりました。関連して90年代の歌手にも興味を持って、マイケルをリスペクトしてるアッシャーやクリス・ブラウンといった洋楽アーティストも知って、ラップやK-POPもたくさん聴くようになりました。
佐々木:すごい。3年間もMV見ながらひたすら真似するって、並みの神経じゃ絶対できない。
YUKI:あの頃は学校から帰ってきて、6時間くらいテレビの前に陣取ってました(笑)。グループを組む前まで、歌もラップもダンスも全部独学でしたね。
佐々木:やっぱりアーティスト活動する方ってみんな独特な個性があるし、ドラマがありますよね。インタビューが一気にドキュメンタリー番組みたいになってしまった(笑)。
YUKI
――では、話題をガラッと変えて(笑)。公演まで寒い時期が続きますが、皆さんの冬の必需品を教えてください。
佐々木:感動したのが、今年買った寝具一式。今までベッド周りを白で統一していたんですが、吸湿発熱素材のモコモコしたブラウンのシーツ、枕、掛布団カバーに。これがまた、とんでもなくあったかい! 暖房も電気ストーブもいらん! とってもぬくい! 昨年までとは別世界ですよ。暖房いらず。
YUKI:それ、いいですね! 僕、寒さが得意じゃないのに暖房が苦手なんです。肌が弱くて乾燥しちゃうので、どちらかというと加湿器のほうがよく使うかも。家では着込んだり、あったかい素材の毛布使ったりしてなんとか寝つきを良くしてます。
佐々木:そっちも買ってみます! あったかさを比べてみたい(笑)。
――最後に、意気込みや見どころなどメッセージをお願いします。
佐々木:コロナ禍でこうして舞台をやれるのは、当たり前のことじゃない。一生懸命取り組んで、舞台の『MARGINAL#4』を作り上げて大成功させたいという気持ちが一番強いです。YUKIくんも言っていた通り、原作ファンの方にも「こういうキラもいいな」って思ってもらうために全力で臨みます。100%で体当たりしながら、キラを演じていきたいです。
YUKI:僕自身もアニメやゲームが好きなので、キャラを愛しているファンの方たちの思いの強さも共感できる。だからこそシャイさんに関して、もっと理解を深めていきたい。自分なりのシャイさんを演じながらも、ファンの方たちの理想に近づけるように。今以上に、本番までにもっと研究して、シャイさんを愛していきます。
左から YUKI、佐々木佑紀
取材・文=潮田茗 撮影=池上夢貢

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着