Hey! Say! JUMP山田涼介が特撮映画で
見せた“技術とセンス”とは? 映画
『大怪獣のあとしまつ』ラストシーン
を一部解禁

2月4日(金)に公開される映画『大怪獣のあとしまつ』から、ラストシーンの一部を切り取った場面写真が解禁された。
『大怪獣のあとしまつ』は、主演に山田涼介Hey! Say! JUMP)、ヒロインに土屋太鳳を迎えた“空想特撮エンターテイメント”。松竹と東映がタッグを組んで完全オリジナル脚本で製作される作品だ。本作では、巨大怪獣が倒された“その後”の物語が描かれる。主演の山田涼介が首相直属の特殊部隊の帯刀アラタを演じ、土屋太鳳が環境大臣秘書でアラタの元婚約者・雨音ユキノ役で共演。雨音ユキノ(土屋太鳳)の夫で総理秘書官・雨音正彦役で濱田岳、元特務隊であり爆破処理のプロ・ブルース役でオダギリジョー、内閣総理大臣・西大立目完役で西田敏行、そのほか、眞島秀和、SUMIRE、田中要次、有薗芳記、銀粉蝶、六角精児、ふせえり、矢柴俊博、笠兼三、MEGUMI、岩松了、嶋田久作、笹野高史、菊地凛子、二階堂ふみ、染谷将太、松重豊らがキャストに名を連ねている。また、怪獣造形を、平成ゴジラシリーズや『ウルトラマン』シリーズなどで知られる若狭新一氏が手がけている。メガホンをとったのは、ドラマ『時効警察』シリーズや映画『イン・ザ・プール』『亀は意外と速く泳ぐ』『俺俺』などで知られる三木聡監督。
解禁された場面写真は、山田涼介演じる主人公・帯刀アラタが傷だらけになりひとりで草原にたたずんでいるもの。ラストへと続く重要なカットだという。山田は、本作で初の特撮映画に挑戦。巨大なグリーンが張られたスタジオ内で存在しない実景や怪獣の死体を想定しながら演技に挑んだという。なかでも、怪獣の死体の上で爆弾を仕込もうとするシーンでは、美術部が製鉄所に発注して制作した特注品で山田よりも大きく重い“穿孔爆弾”を背負って撮影。山田は「ミサイルを背中に抱えて、怪獣をのぼっていくところはキツかったですね(笑)。めちゃくちゃ重いんですよ……。たぶんミサイルのリアリティを出すために、ちゃんと重くしないといけなかったと思うんですけど。一度抱えるとなかなか外すにも大変で。でも大変なのはそのくらいで、結構楽しんじゃうんです。こんな撮影方法があるんだって思うことの連続でした」と振り返っている。
また、三木監督は、「ジャニーズ事務所の俳優は役者、アイドル、歌手など自分の置かれた環境を1日の中で何度も切り替えなければならないので、スイッチする感覚に長けています。山田君もグリーンバックで見えないものを相手に芝居したあと、そのまま人と絡む芝居に入っていた。改めて技術とセンスが大切だと思い知らされました」と山田の演技を賞賛。「彼の雰囲気が逆のベクトルに働いたら面白いんじゃないか。つまり強そうなやつが強い相手に向かっていくより、繊細な人間が無理な仕事を振られる方が面白い。僕の映画は、とにかく主人公が迷惑をかけられる展開が多い。誰を困らせようかと考えたとき、山田君は僕にとって新しいタイプの“困らせたら面白そうな人”だったんです(笑)」と明かしている。
『大怪獣のあとしまつ』は2022年2月4日全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着