Barbican Estate、リリース・イベン
トより映画『貝殻と僧侶』生演奏付き
上映映像が公開

Barbican Estateが12月に東京・下北沢SPREADにて開催したイベントより、映画『貝殻と僧侶』の生演奏付き映像が公開された。
本イベントは同月にリリースされた1stアルバム『Way Down East』を記念したリリース・イベント。当日はAntnin Artoud(アントナン・アルトー)脚本のシュールレアリスム映画『貝殻と僧侶』(原題:The Seashell and the Clergyman/1927年)を、活弁ならぬ活弦演奏付きで上映。演奏にはアルバム・プロデューサーのRollo、ギターのKazuki Toneri、パーカッションにはドラムのKoh Hamadaが参加した。
【リリース情報】

Barbican Estate 『Way Down East』

Release Date:2021.12.22 (Wed.)
Label:Barbican Estate
Tracklist:
1. Oblivion
2. White Jazz
3. Eyes in the Sky
4. The Divine Image
5. Obsessed
6. Morphine, and the Realm of Ouroboros
7. Abandon
8. Elysium
9. The Innocent One

[Barbican Estate]
Kazuki Toneri」Guitar, Sitar, Baglama
Miri:Vo, Bass, Flute
Koh Hamada:Drum, Percussions

Sound Production & Mixed by Hideki Urawa (Rollo)
Recorded by Yui Kimiima (TSUBAME STUDIO)
Mastered by Kentaro Kimura (Kimken Studio)
Design & Photography Kentaro Takahashi

■Barbican Estate: Twitter(https://twitter.com/barbicanestatem) / Instagram(https://www.instagram.com/barbicanestateband/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着