ミュージカル『エリザベート』が22年
~23年に4大都市で上演決定 再集結
した豪華キャストに加え、新たに甲斐
翔真・立石俊樹が出演

1996年に宝塚歌劇団により日本初演、2000年の東宝版初演から観る者を魅了し続けてきた大ヒットミュージカル『エリザベート』が、2022年~2023年に東京・愛知・大阪・福岡の4大都市にて、上演されることが決定した。
ミヒャエル・クンツェ(脚本/歌詞)、シルヴェスター・リーヴァイ(音楽/編曲)、小池修一郎(演出/訳詞)という最高のクリエイター陣と出演者が再び集結し、観客を美と退廃の世界へと誘う。
今回は2020年の全公演中止を経て待望の上演、2019年公演から約3年ぶりとなり、出演者も同時に発表された。
ミュージカル『エリザベート』東京公演メインビジュアル
エリザベート役は花總まりと愛希れいか。日本初演の『エリザベート』でタイトルロールを世界最年少で演じ、本場ウィーンの製作陣からも高い評価を得て、2019年にはオーストリア共和国有功栄誉金章受章、国内でも読売演劇大賞優秀女優賞、菊田一夫演劇賞大賞を受賞し、『マリー・アントワネット』『レディ・ベス』主演など大役を次々と演じ常に進化し続け圧倒的な存在感を放ち続ける花總まりは、本公演が四半世紀以上を共に歩んだエリザベート役の集大成となる。
2019年より花總とともに同役を演じた愛希れいかは、ミュージカル『マタ・ハリ』、『泥人魚』などに加え、NHK大河ドラマ「青天を衝け」、CX「潜水艦カッペリーニ号の冒険」など多方面での活躍を経て、本公演も花總とWキャストでエリザベートを演じる。
ミュージカル『エリザベート』愛知公演メインビジュアル
トート役には、人気・実力ともにミュージカル界のトップを走り続ける山崎育三郎(東京公演のみ)、古川雄大井上芳雄(福岡公演のみ)の三俳優が集結。2020年、新型コロナウイルスの影響で幻となった“山崎トート”が、2022年ついに帝国劇場に現れる。
ミュージカル『エリザベート』大阪公演メインビジュアル
そのほか、フランツ・ヨーゼフ役を田代万里生、佐藤隆紀(Wキャスト)、ルドルフ役を甲斐翔真、立石俊樹(Wキャスト)、ルドヴィカ/マダム・ヴォルフ役を未来優希、ゾフィー役を剣 幸、涼風真世、香寿たつき(トリプルキャスト)、ルイジ・ルキーニ役を黒羽麻璃央、上山竜治(Wキャスト)が演じる。なお、甲斐翔真、立石俊樹は新キャストとなる。
ミュージカル『エリザベート』福岡公演メインビジュアル
それぞれの想いの競演が、東宝版『エリザベート』の新たな伝説を創る。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着