おかゆ、カバーアルバム第2弾を記念
して無観客配信イベントを開催

2019年に「ヨコハマ・ヘンリー」でメジャーデビューし、平成のおんなギター流し&シンガーソングライターとしてテレビやラジオで活躍。現在、最新シングル『星旅』がロングセラー中のおかゆが、1月26日にニューアルバム『おかゆウタ ~カバーソングス2~』を発売したことを記念して同日、東京・池袋のライブハウスSpace emo池袋で無観客配信イベントを開いた。

今回の無観客による「無料ミニライブ配信&インターネットサイン会」は、時代の流行歌をカバーした前作の『おかゆウタ ~カバーソングス~』に続くカバーアルバム第2弾のリリースを記念して行われたもの。

人気ラッパー・心之助のヒット曲「雲の上」をはじめ、高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」、岩崎宏美の「思秋期」、八神純子の「みずいろの雨」」など、バラエティーに富んだ選曲で全10曲収録。詩人で童話作家・宮沢賢治が作詞・作曲した「星めぐりの歌」という異色の歌や日野美歌の「氷雨~流しスタイル~」(編曲・おかゆ)は、おかゆならではの世界と歌唱力で聴かせる注目のカバー曲だ。
そんな発売ほやほやの最新アルバムから岩崎宏美の「思秋期」、八神純子の「みずいろの雨」、ペドロ&カプリシャスの「五番街のマリーへ」、それにアンコールで「氷雨」など全6曲を熱唱。ライブ終了後にはインターネットサイン会を行い、同アルバムをSpace emo ONLINE STOREで予約注文した人全員にジャケット型ミニ色紙をプレゼント。その中から抽選で5人に当日撮影のチェキもプレゼントされるなど、最後まで多くのファンとの交流を長時間にわたって楽しんだ。
同アルバムの選曲は「1曲目は、いまSNSでバズっている心之助さんの『雲の上』を収録させていただきましたが、演歌・歌謡界には吉幾三さんというラッパーの大先輩もいらっしゃるので、私もちょっと挑戦してみようかなという気持ちで歌わせていただきました(笑)。『残酷な天使のテーゼ』は、カラオケでよく歌われていますし、流し時代にもリクエストが多かった私の大好きなアニメソングです。それに、思い入れのある曲の数々をカバーさせていただきました」。
カバーアルバムは2枚目で、「前回は、昭和、平成、令和の3つの時代の名曲をカバーし、今回は、明治、昭和、平成、令和の4つの時代の名曲をカバーさせていただきました。なかでも(明治時代の)宮沢賢治さんが作曲もなされていたのには驚かされました。時代を超えて、人生の大先輩方から私よりも年下のヤングの世代まで幅広い方々に聴いてほしいですね。カバーソングス1では、カバーしたことによってシティポップスという新たなジャンルへの開拓につながったので、カバーソングス2からもまたいろんな感性を吸収して自分の新作、新曲としてアウトプットしていけたらいいなと思っています。令和に時代が変わってもこうやって歌い継がれていくのは、歌手と楽曲の力がすごく大きいわけですから、私もそうやって歌い継がれていく曲を作って歌っていきたいという意気込みで、オリジナルと同じくらい魂を込めて歌っています」と熱っぽく話していた。

2月6日には、東京・吉本有楽町シアターで約3年ぶりの単独ライブを開催予定。
今回のイベントのアーカイブは、で2月2日 午後6時半まで視聴可能。

(提供:サンニュース)

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着