東京女子流、宮野弦士らが参加した「days 〜キミだけがいない街〜」リリース!

東京女子流、宮野弦士らが参加した「days 〜キミだけがいない街〜」リリース!

東京女子流、宮野弦士らが参加した「
days 〜キミだけがいない街〜」リリ
ース!

東京女子流「days 〜キミだけがいない街〜」ついにリリース!

4人組ガールズグループの東京女子流が、最新シングル『days 〜キミだけがいない街〜』をリリース。
【インタビュー】東京女子流が10年前の自分に伝えたいこと。10周年を迎えた彼女たちの「新たな旅」が始まる
https://utaten.com/specialArticle/index/5872
この街にいたあの人との日々を“回想”し、未来の自分を鼓舞する「days 〜キミだけがいない街〜」、しがらみから解放されて夢の中で踊り明かす“空想”を描いた「夢の中につれてって」の2曲が収録され、世の中の「こうあるべき」とされる価値観に流されず、この先もずっとあなたがあなたらしくいられるようにと思いを込めたシングルとなる。
M1の「days 〜キミだけがいない街〜」は宮野 弦士提供楽曲。90’s R&Bサウンドをもとに表現されたのは、恋人と遠距離恋愛する一人の女性。
「ずっと 一緒だと思い込んでた」「この街の片隅で また探すの」とセンチメンタルに駆られるも、再開を果たすまでは一人強く生きていくことを決心していく彼女に、シンセやフォーンなど、バラエティに富んだ爽快なサウンドと横ノリのビートが背中を押してくれる。
▲東京女子流 / days 〜キミだけがいない街〜(2022.1.18出演 「WONDER WHEEL」)
そして、M2.「夢の中につれてって」では、「薔薇の緊縛」も手がけたMasayoshi Kawabataが参加。
「しがらみから解放されて、夢の中で踊ろうよ」というメッセージが込められたポジティヴな1曲で、歌詞に呼応するかのように、イントロではまるで夢の中いるようなメロウかつメランコリックなサウンドに。
サビではその視界が一気開くように、ラテン調で躍動感ある展開が魅力の作品に仕上がった。
▲東京女子流 / 夢の中に連れてって(2022.1.18出演 「WONDER WHEEL」)
リリース後、SNSでは#女子流days とともに、「ほんとに胸が熱くなる」「女子流ちゃんの歌声はもう言わずもがな全て最高素敵」などの歓喜の声が多数集まった。
5月4日にはLINE CUBE SHIBUYAにて12周年ライブを開催する東京女子流。
勢力的に活動を見せる東京女子流に、今後も目が離せない。
シングル『days 〜キミだけがいない街〜』
▶Linkfire

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着