『RIZIN TRIGGER 2nd』は2/23に静岡
開催! メインはクレベル・コイケvs
佐々木憂流迦

RIZINの2022年開幕戦となる『RIZIN TRIGGER 2nd』が、2月23日(水・祝)にエコパアリーナ(静岡アリーナ)で開催される。
『RIZIN TRIGGER』は、“再生・回帰、発掘・育成、地域活性”をテーマに独自の視点で開催される大会。試合がゲージ(金網)で行われるのも特徴で、今後は日本各地で実施される予定だ。
大会に先立って行われた記者会見では、すでに参戦が発表されていたクレベル・コイケに加え、その対戦相手となる寝技天狗・佐々木憂流迦が登場。クレベルは磐田市に居住、佐々木憂流迦は静岡県出身で、ともに地元凱旋マッチとなる。
さらに、フェザー級では闘うバウンサー・新居すぐるが、北海道の新鋭ファイター・山本空良と対戦。バンタム級からは地元静岡出身の加藤ケンジが出場し、バンタム級GP初戦以来の復帰戦となる倉本一真と戦う。
対戦カードを発表する榊原信行CEO
会見にはクレベル・コイケと佐々木憂流迦が登壇した。クレベルは「(憂流迦に)以前フェザー級で負けていますが、彼は61kgでは強かったですが、66kgではあまり強くはないと僕は思っています。同じ静岡県としてしっかり勝ちに行きたいです。彼を倒したいと思います」とコメント。
リベンジを誓うクレベル・コイケ
憂流迦の印象については、「強いです。私と同じグラップリングで強い選手です。私は彼を凄くリスペクトしていますが、私は勝ちたいです。でもグラップリングとMMAはちょっと違います。今回はMMAなので次は私が勝ちます」とリベンジを宣言した。
「しっかり勝ちに行きたい」と語る佐々木憂流迦
一方の佐々木憂流迦は「正直結構、胸が踊っています。メインで闘えることが光栄です」とコメント。そして「クレベル選手は昔から知っている仲。家族を大切にしたり、素晴らしい人間性であることも知っています。選手としては言わずもがな、凄いいい選手。(クレベルは)現RIZINフェザー級最強の位置にいると思うのでしっかり勝ちに行きたい」と勝利を誓った。
『RIZIN TRIGGER 2nd』の対戦カードは以下の通り。
<スペシャルワンマッチ>
RIZIN MMAルール:5分 3R(66.0kg)
クレベル・コイケ vs. 佐々木憂流迦
<スペシャルワンマッチ>
RIZIN MMAルール:5分 3R(61.0kg)
加藤ケンジ vs. 倉本一真
加藤ケンジコメント
「こんにちは、3POUND K.O.SHOOTO GYMの加藤ケンジです。『RIZIN TRIGGER』 2大会連続オファーどうもありがとうございます。対戦相手が誰であろうと自分のファイトスタイルは変わらないので、自分勝手にやろうと思います。2年ぶりの地元・静岡での開催、2年前の悔しさは忘れていないので必ず勝って次のステップに進みます。ファンの皆さん楽しみにしていて下さい」
倉本一真コメント
「2月23日のRIZIN TRIGGERに呼んでいただきありがとうございます。対戦相手は加藤ケンジ選手。去年、自分はバンタム級トーナメントで負けて死ぬほど悔しい思いをしたので、今年はまずこの試合をしっかり勝って進化した自分の存在をアピールしたいと思います。万全の状態で試合に挑めるようしっかり仕上げます。当日はインパクトあるエグい試合をしますので楽しみにしていてください」
<スペシャルワンマッチ>
RIZIN MMAルール:5分 3R(66.0kg)
新居すぐる vs. 山本空良
新居すぐるコメント
「こんにちは新居すぐるです。『RIZIN TRIGGER』に参戦することができて嬉しいです。前回はプロレスラーの熱いおっちゃんにコテンパンにされて、見事『あのバウンサーは弱い』のレッテルを貼られたと思います。ただ、僕もアホじゃないんでもう一度チャンスもらえた時のためにバウンサーの仕事を週一にして他の時間は練習に注ぎ込んできました。あの試合からたった4ヶ月ですが、今度こそ強いバウンサーの姿を見せるので、是非もう一度僕の試合を見て欲しいです。勝つのはもちろんですが、会場を沸かせます。前回負けて沸かせてしまったので、今回は勝って沸かせます!よろしくお願いします!押忍」
山本空良コメント
「またRIZINに出させてもらえてとても嬉しいです。前回は判定負けをしてしまいましたが、とてもいい経験が積めました。
前回の試合からより一層、成長できたと思います。今回の試合では前回よりも積極的に攻めて行こうと思います。狙うは1R決着です。最初から最後まで試合をコントロールし続けます。格闘技ファンの方々に楽しんでいただけるような試合を出来るよう頑張ります」
ともに開催地・静岡に由縁のあるクレベル・コイケと佐々木憂流迦の対戦が、メインに決定した『RIZIN TRIGGER 2nd』。引き続き、今後どんなカードが組まれるか期待が膨らむ。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着