押井守監督の実写映画「血ぃともだち
」お蔵入り寸前で一夜限りのイベント
上映決定

(c)八八耗/映画「血ぃともだち」製作委員会 押井守監督による実写映画「血ぃともだち」の一夜限りの上映が決まった。東京・テアトル新宿で2月5日、舞台挨拶付きで上映が行われる。あわせて予告映像も公開された。
 同作は、押井監督のほか、本広克行監督、小中和哉監督、上田慎一郎監督が参加する、“監督絶対主義”のもと“限られた予算”で制作する映画の実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の第4弾作品。当初は2020年4月に公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて4度にわたる公開延期により“お蔵入り”寸前となっていた。血を抜かれる快楽に魅せられ、変態として蔑まれる私立来栖学園高校・献血部の部員たちは、ある日人間を襲うことができない落ちこぼれバンパイアのマイと出会い、自分たちの血で彼女を養うことを決意する。
(c)八八耗/映画「血ぃともだち」製作委員会鈴木敏夫プロデューサー(c)八八耗/映画「血ぃともだち」製作委員会 主人公である献血部の部員のうち、孤独な心を抱える部長の渡部マキを唐田えりか、姉御肌でザバザバした性格の墨田仁子を尾碕真花、天真爛漫で柔軟な思考の持ち主である紺野カオルを天野菜月、クールだが好奇心旺盛な雲天ナミを日比美思が演じる。吸血鬼の名門一族の末裔であるマイ役は牧野仁菜が担当。押井監督作品「THE NEXT GENERATION パトレイバー」に参加した松本圭未が保険医・血祭血比呂役、筧利夫がダンス部のコーチ・伴新九郎役で出演し、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーも教頭の橎堂栄戸役で登場。献血ルームの看護師・薙野素子役で松井玲奈もゲスト出演する。
アニメパートもあり(c)八八耗/映画「血ぃともだち」製作委員会 上映前の舞台挨拶には、押井監督が登壇。また、当日は押井監督が企画に携わった2000年の劇場アニメ「BLOOD THE LAST VAMPIRE」も同時上映される。チケット価格は2500円で、1月21日午前7時から劇場公式サイトで販売。
 以下に押井監督からのコメントを掲載する。
【押井守(監督)】
普段の私の映画と違い、これまで投げたことのない直球で撮った映画であると同時に、これまでになく苦戦した映画でもあります。ワークショップから始めて2ヶ月間、若い演者たちとじっくりつきあってみて、映画制作が意外性に満ちた冒険であることをあらためて痛感しました。撮影からずいぶんと時間が経ってしまいましたが、公開されるまで完成しないのが映画ですから、こうして皆さまにお届けすることができて、この作品にようやく決着がつきます。その機会を与えて下さったテアトル新宿さんには感謝の一言です。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着