ももすももすの『きゅうりか、猫か。』

ももすももすの『きゅうりか、猫か。』

ももすももすの
『きゅうりか、猫か。』
- #1 寺山修司詩集 -

シンガーソングライターの“ももすももす”が、音楽・アート・映画・書籍など、毎月好きな芸術作品を紹介する連載コラム。

はじめまして。ももすももすです。
この度、OKMusicさんで連載を始めさせていただくことになり、うれしいです。

早速連載のタイトル「きゅうりか、猫か。」なのですが、大好きなきゅうりに由来するか、猫に由来するか、迷った挙句選べなくて、こうなりました。

このコラムでは、毎月わたしの好きな文化的なものを紹介していきたいと思います。でも、いつか脱線して美味しいアイスクリームを紹介するかもしれないけれど、許してね。

今日取り上げるのは、大好きな寺山修司さんの、「寺山修司詩集」です。

この作品は、人生に関する詩から、ロマンスを感じる詩まで、様々な詩が収録されているのですが、その中でも「あなたに」という詩がお気に入りです。私は、制作や生活の中で孤独を感じるとき、本を読むことが多いのですが、「書物は家なき子の家」というこの詩の中の言葉が、こんな自分でもいつでも帰れる家があると思わせてくれて、透明な涙をそっと拭ってくれました。

また、この作品には俳句集も含まれています。
寺山修司詩集 (ハルキ文庫)

寺山修司詩集 (ハルキ文庫)

これまで俳句に心惹かれることは、あまりなかったのですが(尾崎放哉の「咳をしても一人」という自由律俳句だけは好きです。)、寺山修司さんの俳句はどの句も、歪な美しさがあって、切ないので、読んでいてとても面白いし、心に響きます。またにクスッと笑えるようなものもあるので、是非触れてみてほしいなと思います。

また皆さんも、もしおすすめの歌人がいたら、いつか教えてくださいね。

この世界に本があるということは、居場所があるということなんだなあ。ああ、よかった。だからきっと大丈夫だね。
ももすももす プロフィール

ももすももす:常々渦巻く思考を独自の詩的な表現で紡ぐシンガーソングライター。学生時代に組んだバンドでも作詞作曲を手掛け、2018年からソロ活動を開始。同年にデモ音源「うさぎの耳」を配信リリースし、19年2月にはシングル「木馬」でメジャーデビュー。20年3月には1stアルバム『彗星吟遊』を発表した。ももすももす オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着