L→R 村井研次郎(Ba)、石井秀仁(Vo&Gu)、桜井 青(Gu&Vo)

L→R 村井研次郎(Ba)、石井秀仁(Vo&Gu)、桜井 青(Gu&Vo)

3人とも恥ずかしい曲は
絶対に持ってこない

バンドを始めた時と今で、変わったと思うことってありますか?

桜井
あんまりそういうことは考えないですね。曲を作る、お金を稼ぐっていうだけで小難しいことはあんまり考えていないんです。このメンバー以外でのcali≠gariはもうあり得ないし、入れ替わりもないと思っているから、“誰かが抜けたら終わり、以上!”ってくらいかな?
石井
やり方も特殊だし、急に他の人が入ってきたらこうはいかないでしょうね。
桜井
うちのバンドのやり方に対応できる人ってあんまりいないと思う。自己責任がすごいので、どんな曲を持ってきても“いいんじゃないですか?”で終わるんです。それは投げやりなんじゃなくて、それぞれ恥ずかしいものは絶対に出さないので、そこには確固たる自信みたいなものがありますね。

それだけ認め合っているというか。

桜井
ダサい言い方をするとそうなりますよね(笑)。アツい表現でいいと思います。

すみません(笑)。では、最後にみなさんそれぞれにとってのキーパーソンを教えてください。

石井
メンバーは3人ですけど、再結成したあとから長年やってもらっているレコーディングエンジニアの白石元久さん。ほぼ4人目のメンバーみたいな存在で、この方がいないと成り立たないです。人間的にも音楽制作に取り組む姿勢とか、対人関係にも影響を受けています。
村井
cali≠gari界隈だと同じく白石さんですね。cali≠gariの外だとCOALTAR OF THE DEEPERSのNARASAKIさん。ミュージシャンの方ですけど、心でベースを弾く、心で音楽をやるっていうことを学びました。上っ面にやるんじゃなくて、気持ちを曲や演奏にぶつける方なので、すごくいろんなものをもらっています。
桜井
良くも悪くも亡くなったマネージャーですかね。エンタメってすごく難しいというのを教わったかな? あとは、金勘定ですね(笑)。バンドをどうビジネスで展開していくのかっていうのを学びました。僕と同い年だったので、もうマネージャーというより山師のような人でしたね。本当にすごい人でしたよ。今も生きていたら、cali≠gariはまた違うところにいたのかもしれないと思います。

取材:千々和香苗

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着