L→R baratti(Voice percussion/Nagie Lane)、mikako(Lead vocal&Chorus/Nagie Lane)、mayu(Lead vocal&Chorus/Nagie Lane)、ぽおるすみす(Vo/INNOSENT in FORMAL)、rei(Lead vocal&Chorus/Nagie Lane)、euro(Bass/Nagie Lane)

L→R baratti(Voice percussion/Nagie Lane)、mikako(Lead vocal&Chorus/Nagie Lane)、mayu(Lead vocal&Chorus/Nagie Lane)、ぽおるすみす(Vo/INNOSENT in FORMAL)、rei(Lead vocal&Chorus/Nagie Lane)、euro(Bass/Nagie Lane)

【INNOSENT in FORMAL
× Nagie Lane インタビュー】
アカペラグループとロックバンドの
コラボなんて聞いたことがなかった

新時代のミクスチャーを鳴らすカートゥーンバンド・INNOSENT in FORMALが全曲フィーチャリングアーティストを迎えたコラボミニアルバム『INNOSENT 3 ~High purity Mixed juice~』を完成させた。ぽおるすみす(Vo)が異色のシティポップ調クリスマスソング「doo dah!! winter!!」でコラボした男女混成アカペラグループ・Nagie Laneのbaratti(Voice percussion)とrei(Lead vocal&Chorus)と制作の舞台裏を語る。

もっとレベルアップしなきゃいけない
っていうか、己の小ささを痛感した

INNOSENT in FORMAL、Nagie Laneともに2021年は転機を迎えたと思うのですが、この一年を振り返ってみていかがですか?

baratti
コロナ禍になって“この先、どうなるんだろう?”と不安になっていたタイミングで、4月に『関ジャム完全燃SHOW』に出演させていただいて、それがきっかけで知っていただける機会が増えたんです。そこからメジャーデビューも含め、活動に勢いをつけたいと思っていた中で、やっと少し光が見えてきたという感じです。まだまだライヴもそんなにできないし、どういう評価を受けているか探っているところではありますけど、少しずつ階段を上がれている実感が得られた一年ではありましたね。
rei
そんなふうにグループが一歩進んでいる一方で、メジャーデビューしたことがひとつ責任になって、“もっとレベルアップをしなきゃ!”という気持が強くなりました。ヴォイトレを受けたり、ライヴではアカペラで歌いながら踊る曲も何曲かあるので、ダンスのレッスンもワンマンライヴに向けてギュッと詰め込んだりしたんですよ。そんなふうに新しいことを始めつつ、今までやっていたことのスキルアップもしようとしていたので、あっと言う間に一年が過ぎました(笑)。
ぽおるすみす
barattiくんは“光が見えてきた”と言ってたけど、僕は未だに見えてないです(笑)。ひたすら暗闇の中を転がり続けている一年でした。
baratti
いや、僕らも相当小さい光ですよ(笑)。
ぽおるすみす
でも、インプットは僕らもすごく多くて、それこそNagie Laneとコラボしたのもそうだし、今回のミニアルバムは全曲いろいろなラッパーとコラボしているんです。僕らもメジャーデビューして、やっぱり感じるものがあって…もっとレベルアップしなきゃいけないっていうか、己の小ささを痛感して(笑)。だから、“成長するためにはどうしたらいいんだ?”って考えて、それには視野を広げなきゃいけないと。“でも、視野を広げるにはどうしたらいいんだ? そうか、痛みを伴えばいいんだ!”と考えて、自分よりもスキルが高いとか、いろいろな経験をしているとか、とにかく自分の好きなアーティストと一緒にやってみようと思って今回のミニアルバムを作ったんです。制作している時は、Nagie Laneも含め、コラボした人たちがすごすぎて、グサグサと刺されながら、ようやく作り終えたって感じなんですよ。

さっきreiさんが言っていた新しいことには、今回のコラボも含まれていると思うのですが、そもそもINNOSENT in FORMALとNagie Laneはどんなふうに出会ったのですか?

ぽおるすみす
僕らのプロデューサーの告井孝通さんの紹介です。今回、Nagie Laneとコラボした「doo dah!! winter!!」はもともとオケがあったんで、それをどう変化させていこうかってところから始まって、“誰かいい人いないですかね?”って告井さんに言ったら、“Nagie Laneというアカペラの、ヤバい男女混成グループがいるよ”って教えてくれたんです。
baratti
自分たちのエゴサをしていて、告井さんが僕らのことを呟いてくれているのは見ました(笑)。その時は、まさかこんなことになるなんて思っていなかったですけど。
ぽおるすみす
アカペラグループと僕らのようなロックバンドがコラボするって聞いたことがなかったので、“どういうふうになるんだろう?”って思ったけど、今までやったことがないことをやらないと新しい扉は開かないから、OKしてもらえるか分からなかったですけど、まずはお願いしたら快諾してもらえたんです。

それはいつ頃の話だったのですか?

ぽおるすみす
この曲の完成がミニアルバムをリリースすることを発表するタイミングギリギリぐらいだったんですよ。
baratti
この曲が最後だったの?
ぽおるすみす
最後でした。同時に3曲ぐらい作っていた中の一曲だったんですけど、早速プリプロをしようって告井さんのホームスタジオに集まったのが“はじめまして”でしたね。そしたら共通の友達がいることが分かって(笑)。
baratti
だから、プリプロもリラックスしてできたんですよ。

今回のコラボをオファーされた時はどう思いましたか?

baratti
“なんで自分たちなんだろう?”と思いました(笑)。だって、僕らと共通点がないじゃないですか。雰囲気も楽曲も。でも、自分たちとしてもいろいろ新しいことをやりたいと思っていたんですよ。以前だったら対バンライヴをすれば、そういう楽しさや刺激を得る機会はあったけど、コロナ禍以降はそういう機会が極端になくなってしまったし。だから、成長したいと思った時にこういうコラボってありがたいので、飛び込んでみようと。
rei
最初は私たちの声が全部かき消されてしまうんじゃないかってちょっと心配しましたけど、INNOSENTさんのプロフィールというか、ストーリーを読んだら、メンバーそれぞれの設定が面白くて。個人的にそれがすごく気に入っていて、初めてぽおるさんに会った時、“あれ、誰が考えたんですか?”って訊いて(笑)。
ぽおるすみす
“俺、俺”って(笑)。
rei
“なんか面白い人たちだぞ”と思いました(笑)。完全に偏見ですけど、ロックバンドってもっと強面の人たちなのかなと思っていたんですけど、ぽおるさんに会ったらとても想像力が豊かな方で。しかも、今回の曲はクリスマスにまつわる曲だと聞いて、アカペラってクリスマスと親和性が高いから面白いことができるに違いないと思いました。

INNOSENT in FORMALがクリスマスソングなんて、かなり意外だったのですが(笑)。

ぽおるすみす
曲を作った時、ミニアルバムのリリースが12月と決まっていたので、“INNOSENT in FORMALが世界中の誰もが知っているクリスマスという大きなイベントをテーマに曲を作ったらどうなんだろう?”と。テーマを設けて曲を作るってやったことがなかったから面白いんじゃないかってことになり、オケを作ったんですよ。
baratti
そのデモをいただいて、そこにどういうコーラスを入れていくかを、僕がさらに重ねるかたちでデモを作って聴いてもらったんです。ただ、その時は重ねると言っても、楽器の音色で“こんな感じのハーモニーをつけたらどうですか?”と確認してもらっただけだったから、実際にぽおるくんと僕ら6人で告井さんの家に集まって、声を重ねていったんですよ。でも、もらったデモが想像以上にクールというか、和音もそんなにロックっぽくなくて、“えっ、こんな感じの曲なんだ!?”とびっくりしました。実はデモを聴いた時、和音が分からなくて、それを必死に聴き取るところから始めたんです。
ぽおるすみす
あの和音、イカれていましたよね(笑)。
baratti
でも、すごいと思いましたよ。Nagie Laneも和音は面白いものを使うから、逆にそこを狙ってくれたのかなって一瞬思ったりもして、そこは共通点だって思いました。そういうところを汲み取りながら、さらに新しい音を足してってことをプリプロではやりましたね。
ぽおるすみす
プリプロ中にNagie Laneのみんながコーラスを重ねていくんですけど、リアルタイムでbarattiくんが“こんな感じどう?”って作っていくんですよ。それに対して、みんなが“こっちのほうがいいんじゃない?”ってアイディアを出していくっていうアカペラグループのコーラスアレンジを目の当たりにして、“なんだこれは!? 6人それぞれが本当にレベルの高いことをやっているんだ”ってちょっと面を食らっちゃって。お菓子をたくさん買ってきてもらったんですけど、あんまり喉を通らなかったです(笑)。
rei
無茶ぶりに対する対応力が、たぶん鍛えられてるんですよ(笑)。
ぽおるすみす
それがほんとすごいんですよ。今回、reiちゃんも含め、女性メンバーの方たちがラップをやってくれてるんですけど、ラップをやってもらうって決めたの当日ですからね。
rei
そうでしたね。どこを誰が歌うかっていう歌割もふんわりとした状態で、それぞれで全部押さえておいて、当日生で声を聴いてもらって、その場でパートに合う人を当てはめていこうってスタイルで今回はやったんです。だから、ラップも“じゃあ、ここを分けて、リレーしていこうか”ってなって、急に女子3人が必死でイヤホンで聴きながら覚えて(笑)。
ぽおるすみす
でも、秒でしたよ。“えっ、もうできちゃったの⁉ 早っ”って(笑)。
rei
それはぽおるさんのお手本がしっかりあったから。
ぽおるすみす
いやぁ、お手本があれど、ほんとに早かった。びっくりしました。
L→R baratti(Voice percussion/Nagie Lane)、mikako(Lead vocal&Chorus/Nagie Lane)、mayu(Lead vocal&Chorus/Nagie Lane)、ぽおるすみす(Vo/INNOSENT in FORMAL)、rei(Lead vocal&Chorus/Nagie Lane)、euro(Bass/Nagie Lane)
ミニアルバム『INNOSENT 3~High purity Mixed juice~』
INNOSENT in FORMAL
Nagie Lane
baratti(Voice percussion/Nagie Lane)
rei(Lead vocal&Chorus/Nagie Lane)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着