中島美嘉

中島美嘉

【中島美嘉 インタビュー】
選んだ楽曲を通して、
自分の想いも表現したかった

20周年のアニバーサリーイヤーを迎えた中島美嘉が、アコースティックカバーアルバム『MESSAGE~Piano&Voice~』をリリース。ピアノと弦を中心としたシックなアレンジで届けられるのは、「粉雪」(レミオロメン)、「One more time, One more chance」(山崎まさよし)、「愛が降る」(加藤ミリヤ)など。慈愛と強さにあふれたヴォーカルをぜひ心ゆくまで味わってほしい。

“今、自分が伝えたいメッセージ”を
テーマに選曲させていただきました

2021年は全国ツアー『MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2021 JOKER』、11月にブルーノート東京で開催された『MIKA NAKASHIMA LIVE at BLUE NOTE TOKYO』、YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』への出演など、20周年に相応しい活動が続きました。そんな2021年は中島さんにとってどんな一年でしたか?

3年半振りに全国ツアーを開催できたことや初のブルーノート東京公演、『THE FIRST TAKE』などを通して久しぶりにファンのみなさんに会うことができ、温かさに触れた一年でしたね。そして、これまで以上に表現や歌唱と真剣に向き合う年になったと思います。コロナ禍の状況もあり、誰にとってもつらく、我慢の年になったと思うのですが、その中で自分が歌う意味を模索しながら挑むパフォーマンスが続きました。

8月29日にパシフィコ横浜で開催された全国ツアーの最終公演、ブルーノート東京公演も拝見しましたが、ひとつひとつのフレーズを真摯に紡ぎ出す姿が強く心に残っています。この20年の活動の中で、歌うことに対する意識やスタンスはどう変わりましたか?

歌うスタンスは変わらないと思います。

では、歌うことに関し一貫して大事にしているものはありますか?

大事にしていることは“聴いてくださる方が自身を解放できるように、私も歌で全てを伝える”ということです。大人が安心して泣ける場所を作りたいと思っていますね。

なるほど。そして、今回のアコースティックカバーアルバム『MESSAGE~Piano&Voice~』ですが、このタイミングでカバーアルバムをリリースしようと思ったのはどうしてでしょうか?

“Piano & Voice”シリーズはこれで3作目になるのですが、それぞれにテーマがあって、今回は“今、自分が伝えたいメッセージ”をテーマに選曲させていただきました。コロナ禍もあり、私なりに“今、伝えたいことは何だろう?”と考えた時に浮かんできた素敵な楽曲を通して、私の想いも表現できたらいいなと思って。

多彩なアーティストの楽曲が並びましたが、選曲で大切にしたことはありますか?

選曲の基準としては歌詞の内容を重視したことですね。あとは、私の声で歌わせていただいて、自分なりの表現で届けたいと思った曲を選ばせていただきました。

歌詞を丁寧に手渡すようなヴォーカルが本当に素晴らしかったです。レコーディングではどんなことを意識していたのでしょうか?

この“Piano & Voice”シリーズというのは、生楽器と一緒にレコーディングするスタイルなんです。そのライヴ感や生々しさを伝えたいということをいつも意識していますね。

収録曲についても聞かせてください。まずは「サンサーラ」。ドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』の主題歌で、これまでに中 孝介さん、たむらぱんさん、城 南海さん、竹原ピストルさんなどが歌唱しています。

『ザ・ノンフィクション』の語りに挑戦させていただいた際(2020年9月と10月に放送された『ザ・ノンフィクション<あの日 妹を殺されて>前・後編』)、このテーマが流れた瞬間に涙が出て、原稿が読めなくなってしまって。儚くも力強く“生きる”を伝えてくれる歌詞とメロディーに惹かれました

2曲目の「粉雪」は今やスタンダードとなっているウィンターバラードで、3曲目の「不協和音」(欅坂46)は歌詞の強さが際立つ楽曲ですね。

「粉雪」はずっとカバーしてみたかった曲なんです。さわやかな曲調の中に切ない想いが詰め込まれていて、藤巻亮太さんの声も大好きだし、この機会に選曲させていただきました。「不協和音」は“自分自身を貫け”というメッセージの強さにとても感動したんです。オリジナルからはかなり離れたアレンジになっているのですが、ピアノで歌えたらカッコ良いだろうなというイメージがすぐに湧きましたね。

どちらも歌詞の素晴らしさが伝わるカバーだと思います。続く「Baby if,」(Fayray)はリスナーを包み込むような温もりが印象的でした。

「Baby if,」は泣いてしまうくらいの繊細なメロディーとやさしい歌詞が大好きなので、やっとカバー曲として選ぶことができて嬉しかったです。カラオケに行くと毎回歌いますね。

70年代のニューミュージックを代表する名曲「サボテンの花」(チューリップ)は?

「サボテンの花」に関しては、この曲が主題歌となったドラマ『ひとつ屋根の下』が大好きで、実際にサボテンの花も好きになりました(笑)。ぜひともこの機会にみなさんにも好きになってほしいですね。

そして、「愛が降る」は中島さんとも交流があり、「Gift」「Fighter」でもコラボレーションした加藤ミリヤさんの楽曲です。また、忌野清志郎さんの「JUMP」が収録されているはちょっと意外でした。

「愛が降る」はミリヤちゃんの曲の中でも大好きで、大切な想いが伝わる曲だと思います。ミリヤちゃん本人にも聴いてほしいという想いで歌いました。清志郎さんはもともと大ファンで、特に「JUMP」の歌詞が好きなんですよ。今の時代にぴったりな、背中を押してくれる一曲だと思っています。

最後は「One more time, One more chance」。言わずとしれたライヴソングの名曲ですね。

デビュー前、カラオケに行くといつも友人にリクエストされる曲だったんですよ。この仕事をするようになった今だからこそ、「One more time, One more chance」をピアノで表現したらどうなるのか興味があったんです。当時の友人にも贈りたい一曲ですね。
中島美嘉
アルバム『MESSAGE~Piano&Voice~』【初回盤】(CD+DVD)
アルバム『MESSAGE~Piano&Voice~』【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着