L→R 岡峰光舟(Ba)、菅波栄純(Gu)、山田将司(Vo)、松田晋二(Dr)

L→R 岡峰光舟(Ba)、菅波栄純(Gu)、山田将司(Vo)、松田晋二(Dr)

【THE BACK HORN インタビュー】
キャリアを重ねてきたからこそ、
堂々と胸を張って言えるタイトル

見たことがないところへ
飛び込んでいけるワクワク

カップリングの「疾風怒濤」はそんな栄純さんの作詞作曲ですが、サウンドの混然一体ぶりやぶっ飛んだノリがあって『情景泥棒』(2018年3月発表のミニアルバム)に入っていそうな曲だなと感じました。

まさに。もともと『情景泥棒』を作っている頃に栄純が持ってきた曲です。

そうだったんですね! ジャンルがよく分からない感じなのに、どうしようもないくらいにTHE BACK HORNのテイストもあるという。

こういう遊びがうまいですよね、栄純は。サラッと聴こえるけど、展開も言葉遣いもすごい。“どんな精神状態で作ってんだ!?”って思いますよ。

ものすごく酔っぱらった時に書いているようにも思えますし、逆に超素面な状態で書いているのか分からないですね。

素面と言っていました。「疾風怒濤」はパズルみたいにいろんなパーツをはめていく感じで作ったそうです。

ベースとシェイカーから始まるイントロからかなり独特ですけど、どういう曲を作りたいイメージだったんですかね?

いろいろ混ぜたいのはあったんだろうけど、栄純の頭の中はちょっと分からない(笑)。ちなみに、今回のカップリングに「疾風怒濤」がいいんじゃないかと言ってくれたのは光舟です。“あれ、今回収録するのはどうか?”って感じで。結果、面白いバランスになったと思いますね。

結局はTHE BACK HORNっぽくなるんですよね。

なっちゃうんですよ。何なんですかね? この感じは。俺も俺でこういう変な曲に憑依するのが得意なんです(笑)。見たことがないところへ自分が飛び込んでいけるようなワクワクがあって。何も用意しないまま飛び込んでみて、“そこで自分がどう歌うのか?”とかやってみるのが楽しい。

実験的な感じで?

そう。まずは何も考えないで反射的に歌ってみて、それを俯瞰して練り直していくというかね。「疾風怒濤」はAメロの歌い方がどこの国の発音だかわからないような謎めいたトーンなので、ひたすらこの16ビートのノリに合わせて歌っていきました。シェイカーを振っているのをイメージしつつ、悩ましさとかやる気がない感じも含めながら。

《楽しめ だらけろ 怠けろ 笑おう》あたりの2文字ずつ切る感じの歌い回しは、ラップを取り入れた最近の音楽シーンでよく使われているアプローチだったり。

歌い手の俺が楽しんでいるから、こういうラップっぽい譜割りとか、どんなタイプの曲でも持ってこられるんだと思います。もはや合わせる必要がない。このあたりも歌っていて新鮮でしたね。栄純のデモにあったニュアンスを“美味しいな”と感じて、自分が生かしました。

実に中身の濃いシングルになりましたね。

ずっと続けてきて、これが自分たちの最先端なんだろうなと感じています。かと言って、狙いまくった“どうだ!”みたいな曲ではない。生クリームがチューって出るアイスの機械あるじゃないですか。そこからグニョっとこぼれ落ちた感じっていうの? 全然うまく言えてないけど、THE BACK HORNらしさがさりげなくこぼれ落ちている2曲だと思うんです。

あざとくない…みたいな?

そう、それが言いたかった!(笑) 自分たちの感覚として完全に消化しちゃっているから、さりげなく言葉が出てくるんです。生まれるべくして生まれた曲だと思えるので。

先がはっきりとは見えない世の中ですけど、将司さんは今どんなふうに希望をイメージしていますか?

今は自分のできることをやる。足下をちゃんと見る。自分たちが木だとしたら、土にどれだけしっかり根を張っていけるのか、そこを大切に考えたいです。当たり前と言えば当たり前のことなんですけど、より根っこを強くしていきたくなっているんですよね。バンドの雰囲気もすごくいい状態で、根がどんどん太くなってきたし。

この状況下でバンドがいい状態にあるのも、実はすごいことだと思います。

そうですよね。根っこを大切にやっていけば、この先のライヴも音源も大丈夫だと自信が増すだろうし、ひいては希望が生まれていくと思うので。今後もTHE BACK HORNらしくやっていきたいです。

取材:田山雄士

シングル「希望を鳴らせ」2021年12月5日発売 SPEEDSTAR RECORDS
    • NZS-871
    • ¥5,500(税込)
    • ※Blu-ray付
    • ※VICTOR ONLINE STORE限定販売商品

ライヴ情報

『USEN STUDIO COAST CLOSED EVENT THE BACK HORN「KYO-MEI LIVE」〜STUDIO COAST THE FINAL〜』
1/13(木) 東京・USEN STUDIO COAST

THE BACK HORN プロフィール

ザ・バックホーン:1998年結成。“KYO-MEI”という言葉をテーマに、聴く人の心を震わせる音楽を届けている。01年にシングル「サニー」をメジャーリリース。17年には宇多田ヒカルとの共同プロデュース曲「あなたが待ってる」が話題に。結成20周年となる18年、3月にメジャーでは初となるミニアルバム『情景泥棒』を、10月にはインディーズ時代の楽曲を再録した新作アルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』を発表。また、ベストセラー作家・住野よるとのコラボレーション企画も注目を集め、2021年末にはフィジカルとして約4年5カ月振りとなる待望のシングル「希望を鳴らせ」をリリース!THE BACK HORN オフィシャルHP

「希望を鳴らせ」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着