L→R 美寿々(Ba&Vo)、千陽(Gu&Vo)、ひな(Dr&Cho)

L→R 美寿々(Ba&Vo)、千陽(Gu&Vo)、ひな(Dr&Cho)

【nolala インタビュー】
新たな挑戦と成長が
もたらした手応え

“自分たちだけのCD”
という気持ちにはならない

「piece of」の歌詞は別れた恋人に対する未練を歌っているように思えて、最後に前向きな決心を思わせるフレーズがグサッと刺さりました。

千陽
基本的に何でも過去を引きずるタイプなので、嫌なことはめちゃめちゃ鮮明に憶えているんです。この曲の題材になっている人はもう結婚しているから、歌詞を書きながらいつまでもその人のことを書いていることが腹立たしくなってきて(笑)。“お前もちょっとぐらい引きずれよ!”と思ったので戦いの意味を込めました(笑)。

そんな意味だったとは(笑)。 

千陽
その人がこの曲を聴いたとして自分のことと思うかどうか分からないですけど、“もう次に行くよ”という気持ちを込めました。未練を歌っていると思わせて、実は前向きな歌です。

「piece of」は新しい要素も加えられたとおっしゃっていましたが、次の「大人になったら」も新境地なのでは?

千陽
そうですね。あえて自分が苦手なものを詰め込みました。前半のギターのミュートカッティングとか、細かいコードチェンジとか、本当はあまりしたくないんですけど(苦笑)。でも、曲が増えてくると似通ってきちゃうと思って、あまりやらないことを取り入れて、新しさを感じてもらえたらいいなと。なので、この曲を聴いて“あっ、この曲、nolalaなんだ⁉”とちょっとでも思ってもらえたら嬉しいです。

大人っぽい曲調も含め、今回の聴きどころだと思います。

美寿々
ベースもサビで結構動いているんですよ。削ることを前提に音数を詰め込んだフレーズを考えたんですけど、メンバーにそれをいいと思ってもらえて。歌の邪魔をしたくないから、これまでは“ルート弾きでいいんだったらルート弾きで”っていうタイプだったんですけど、今回のEPをきっかけに積極的にフレーズをつけていこうと思います。

4つ打ちを使ったダンサブルなドラムも聴きどころだと思います。

ひな
この曲は最後にレコーディングしたんですけど、レコーディングの時はまだ最後までできてなかったんです。千陽ちゃんの中ではできていたみたいなんですけど、私たちは当日にそれを教えてもらって、その場で作っていったんですよ。ラスサビ前のドラムソロから転調すると思わせて転調しないところが聴きどころで、その場で作ったからこそできた、面白いアレンジになっていると思います。

そして、最後の「結び目」は美寿々さんの作詞作曲ですね。

美寿々
初めて作詞作曲しました。ツインヴォーカルってことを考えたら、自分の想いを歌った曲も必要だと思ったので、千陽ちゃんに書けないところがあるかもしれないと考えながら作ってみました。

千陽さんは他のメンバーが曲を作ることに対してはどう思ってるのですか?

千陽
めっちゃ悔しいです!
美寿々
悔しい?
千陽
うん、悔しい。こんないい曲を作られたら、私の立場ないやんって(笑)。
美寿々
ライバル心や(笑)。“ぜひぜひ作ってください”って感じだったのに。
千陽
いやぁ、良すぎるでしょ。話が違う。私の顔を立ててもらわな困るやん。こんなん持ってこられたら、もう超えるしかない! これからめっちゃ頑張らなきゃいけないと思っています。

でも、それはバンドにとっていいことですよね。「結び目」を聴いた時、千陽さんひなさんはどんなふうに思いましたか?

千陽
言葉の選び方が美寿々さんっぽいと思いました。やさしい、柔らかい人なんです。そこが前面に出ています。
ひな
やさしい中にも芯があって、美寿々さんらしいと思いますね。
美寿々
メンバーやスタッフやお客さんのことを思いながら作ったんですけど、普段周りに“うわーん”ってなっている人がいるから、私は“大丈夫大丈夫。やったったらええねん”って強気でいられるんですよ。でも、その人たちがいなかったら、もう全然へぼいんですよ。おかげで私自身が強くいられるから、そのお返しじゃないですけど、包み込んであげられるような曲ができて良かったと思います。

さて、そんな「結び目」を含め、nolalaらしさも感じさせつつ、新しい魅力も見せられるEPが完成しました。改めて、どんな手応えがありますか?

千陽
自分でもまだ聴き慣れないというか、“これはnolalaだ”みたいな感じが自分で作ったにもかかわらず、まだ見えてないです。それはいろいろなことに挑戦した結果だからいいことなんですけど、nolalaらしさも残しつつ、聴いた人が“あっ、これ、nolalaだっけ!?”となるような一枚になったのかな? CDになるまでにこれまでとは比べものにならないくらいの人が協力してくれたので、その人たちの一部を削ってもらって一枚の作品ができた感覚もあります。自分たちだけのCDという気持ちには、いい意味でならないですね。
美寿々
自主じゃなくなったからには一段上がってないといけないと思ったんですよ。前と同じじゃ、nolalaっぽいという意味ではいいのかもしれないですけど、やっぱり新しい良さも知ってほしいと思いました。そしたら、今回の曲を聴いてもらった友達から“事務所に入ったら曲調が変わったやん”と言われたんです(笑)。曲は自分たちだけで作っているにもかかわらず、そういうふうに言ってもらえたってことは、ちゃんと一段階上の作品になったということなのかなと思ってます。
ひな
そういう成長をリスナーにも感じてもらえたら嬉しいです。

取材:山口智男

EP『sequence』2021年12月15日発売 FAMILYPACK RECORDS
    • NCJD-10008
    • ¥1,650(税込)

ライヴ情報

『sequence』リリースツアー
12/24(金) 大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE
w/3markets[ ]/ AQMO
[2022年]
1/15(土) 新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
w)GOODWARP、SideChest
1/16(日) 長野・松本ALECX
w)postman、ever youth、SideChest
1/22(土) 岡山・CRAZYMAMA 2nd Room
w)the cibo、LEODRAT、AQMO
1/23(日) 香川・高松DIME
w)水になれば、、LEODRAT、AQMO
1/29(土) 宮城・仙台FLYING SON
w)GOODWARP、ミイ
1/30(日) 北海道・札幌SOUND CRUE
w)藍色アポロ、MoLse
2/08(火) 愛知・名古屋APOLLO BASE
w)hananashi and more
2/11(金祝) 福岡・Queblick
w)ソウルフード and more
2/12(土) 広島・ALMIGHTY
w)ソウルフード、アスノポラリス and more
2/19(土) 東京・渋谷TSUTAYA O-nest
w)GOODWARP and more
2/27(日) 京都・KYOTO MUSE ※ワンマンライブ

nolala プロフィール

ノララ:2016年に結成された、京都発のツインヴォーカル・3ピースバンド。千陽がTwitterに投稿した“私は別れた彼氏を全員曲にするタイプです”というツイートが話題を呼び、ともに投稿された「グッバイライアー」のMVはセルフプロデュースながら14万回再生を突破。自主制作CDにも注文が殺到し、手売りのみで合計900枚が完売。21年7月に初の全国流通盤シングル「ルームメイト」をリリースした。nolala オフィシャルHP

「piece of」MV

「生き辛い世の中だ」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』