L→R Sui(Vo)、Ren(Key)

L→R Sui(Vo)、Ren(Key)

【SUIREN インタビュー】
コラボする人に引っ張れられて
出てくるものがある

これはフィーチャリングという
スタイルじゃないとできなかった

では、最新曲「月に咲く花 (feat.成田あより)」についてうかがいたいのですが、今回はコラボなんですね。

Ren
少し角度の違ったものを作って、これまで届いていなかった層にもアプローチしたいと思って。僕らの音楽って聴き流しができるような、いわゆるドライブミュージックじゃないじゃないですか。
Sui
確かに(笑)。クラブでウェーイ!っていう感じでもないし。
Ren
そうそう。一曲聴くだけでお腹がいっぱいなると思うんですけど、それはそれで良くて。僕は“一曲を聴いただけで一本の映画を観たのと同じ気持ちになってほしい”という想いを持って作っているので。そこに女性の声が入ると、いい意味で肩の力が抜けた作品になるかなと。
Sui
Renくん、“ちょっと違う引き出しを開けたい”って言っていたしね。コラボする人に引っ張れられて出てくるものがあるって。
Ren
だから、これはフィーチャリングというスタイルじゃないとできなかったんですよ。SUIRENとしてやってしまうと、リスナーの認識にぶれが生じてしまう。でも、いざ完成してみれば、全然、肩の力が抜けた感じじゃなくなってしまったんですけど(笑)。

これも先にサウンドがあって、そこからメロディーと歌詞を紡いで?

Sui
この曲はデモをもらった時点で歌メロが入っていたんですよ。
Ren
思いついちゃったんです(笑)。歌詞に関しても《愛し続ける事って どれだけ難しいだなんて》という部分はあって、“これでよろしく。あとは頑張ってください”と投げました(笑)。
Sui
そこから広げていく作業でした。最初は僕ひとりで歌詞を書いていたんですけど、やっぱり難しかったんですよ。で、あよりちゃんに相談したら“こういう感じはどうですか?”とか“こんな言い回しはどうです?”とアドバイスをくれて、“あっ、そういうの可愛いな”ってなり、“ふたりで書いていくのってどうですか?”とあよりちゃんに話して、そこからはスムーズに進んでいきましたね。LINEで話しながら作っていきました。

あよりさんをコラボ相手に選んだ理由というのは?

Sui
僕の昔から知り合いで、何人か候補を挙げたうちのひとりなんですけど、あよりちゃんになると思っていたし、僕自身もあよりちゃんがいいと思っていました。僕の歌声とも合うだろうし、今回はテーマとして日常的な要素があるものをやってみようっていうのがあって、となるとあよりちゃんだなと。彼女の曲って自分の部屋の中で繰り広げられているものが多いから、それに引っ張ってもらえるかなと思ったので。

「5.5万円の1DK」という曲を歌っていたりしますものね。

Sui
ですね。実際、彼女に引っ張られていい曲になったし。すごく楽しかったです。
Ren
ある種、彼女がやっている音楽と僕らのやっている音楽って真逆なんですけど、そこがうまく作用した感じがありますね。だから、一緒にやって良かったです。

曲はどんなものにしようと?

Ren
最初に構想はあるんですけど、メロディーができて、歌詞ができていく中で、やっぱり変わっていくので…とはいえ、ピアノは生で録りたいというのはありましたね。ここまでがっつりとグランドピアノで弾く曲ってあまりないので。あと、ふたりの歌声を前面に出したいから、音数は減らしてシンプルにすることも意識した…それぐらいですかね。

序盤は歌とピアノがメインで、2番から音数が増えてドラムやベースが加わり、《奇跡みたいな当たり前の 嘘の様な本当の/物語を紡いでいこう ずっと》の大サビが曲の山場で、そこからクライマックスに向かって開けて、温かい光に包まれる感じがありました。

Ren
そこを感じていただけて嬉しいです。作っている曲はJ-POP…それこそコード進行や使っている楽器はJ-POPなんですけど、一曲の中でドラマが欲しいと思っているんですよ。この曲は発展していく恋愛を歌っているので、J-POPに少しファンタジーの要素を入れました。
Sui
歌詞の世界観もそういう感じですからね。ネガティブなところから始まるけど、それを許し合い、受け入れ合うようになっていくので。

当たり前のことですけど、歌詞のストーリーとサウンドの展開が素敵でした。では、最後にSUIRENとして、それぞれの野望を教えてください。 

Ren
それなりのキャリアを積んだ今、音楽をやる意味を考えると、これが駆け出しでは想いを貫くことはできないんですよ。ぶれちゃう。若い時というのは方向性だったり、周りとの人間関係だったり、時代とかに惑わされながら成長していくわけじゃないですか。そこがもう落ち着いていることが強みだと思っているんです。信念だったり、覚悟を持っているというか。なので、偉い人から“これをやれ!”と言われても、僕はやらないです(笑)。もちろん意見を取り入れることはしますけど。だから、自分たちがカッコ良いと思うものを、ただひたすら作っていく…野望として言うならば、“SUIRENを続けていく”ですね。5年後、10年後もSUIRENを続けているということは、信念を貫き続けているということですし。“売れたい”じゃないんですよ。でも、続けられているということは、“売れている”ことの裏返しなので。
Sui
僕は…
Ren
カッコつけて“武道館に立ちたい”とか、よこしまなことを言っていんだぞ(笑)。
Sui
いや、意外とそういうのはないんですよ。アーティストとして立てるところには立ちたいのはありますけど、それは“立つべき”なので。でも、子供の頃になりたいと思っていた自分の未来像っていうのは、そういうところに立つ人なんですね。そういう意味では、“歌う人になりたい”と思っていた子供の頃の自分が見た時に、“こうなりたい!”と思えるアーティストになりたいです。

取材:土内 昇

配信シングル「月に咲く花 (feat. 成田あより)」2021年12月1日配信開始 S.R.World
    • RW0005
    • ※配信先の詳細はオフィシャルHPをチェック
SUIREN プロフィール

スイレン:ヴォーカルのSuiとキーボーディスト&アレンジャーのRenによる、水彩画のように淡く儚い音を描くユニット。2020年7月に最初のオリジナル楽曲「景白-kesiki-」を動画投稿サイトにて公開すると同時に突如現れ、数々の作品を公開し続けている。Suiの独特な歌声から生まれる淡く儚いメロディーと、Renが作り出す美しく洗練されたサウンドが交じり合い、唯一無二の世界を構築している。SUIREN オフィシャルHP

「月に咲く花 (feat. 成田あより)」
MV

「月に咲く花 (feat. 成田あより)」
[オーディオドラマ
(声 : 林勇 / 降幡愛)]

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着