中村美律子、デビュー35周年記念コン
サート開催「あと35年は歌いたい」

1986年8月25日に「恋の肥後つばき」でデビューして今年で35周年を迎え、同記念シングル「命の花道」が好調の中村美律子が11月30日、東京・中野区のサンプラザホールで<35周年記念 中村美律子コンサート~人が好き 歌が好き この道をゆく~>と銘打ったコンサートを開いた。

当初、同記念コンサートは、デビュー記念日の8月25日に開催を予定していたが、新型コロナの感染拡大防止のため延期となり、3カ月後のこの日、ようやく実現することになったもの。
開演前、「まさかコロナがこんなにも仕事に影響するとは思ってもいませんでした。でも、コロナ禍だといって家でゴロゴロしていてはいけないと、10年前に買った三味線を引っ張り出してお稽古を始めました。暇つぶしに始めたのですが、それなりに上達もしてきたからか、マネージャーから『35周年コンサートで三味線を弾きませんか』と言われて、最初は無理だとは思ったのですが、マネージャーに背中を押されて、今回は三味線を皆さんにご披露いたします。原点の『河内音頭』あり、歌謡浪曲あり、ヒット曲あり、新曲も歌ってと、非常に盛りだくさんでして、中村美律子のええとこ、ぎゅーっと詰め込んでお届けしたいと思います」と気合い十分。
新型コロナ感染防止対策のため客席を半分にして、約1000人のファンが詰めかける中、彼女にとって音楽の原点である「河内音頭」を、「錦糸町商店街振興組合」の24人の踊り手と一緒に踊って歌って、賑やかにオープニングの幕を開けた後、前半は、デビュー曲「恋の肥後つばき」をはじめ、「酒場ひとり」「人生桜」「だんじり」「歌謡浪曲 無法松の一生」などを歌唱。
後半は、三味線を披露した後、「命の花道」をはじめ、「壺坂情話」「浪花しぐれ」「瞼の母」、フィナーレは代表曲「河内おとこ節」など全16曲を熱唱。最後まで元気いっぱいの華やかなステージで客席を存分に楽しませた。
35周年を振り返って、「いろんなことがあり過ぎましたけれど、よくここまで35年間もやり続けることができたなと思います。それはひとえに皆さんに支えていただき、応援していただいたお陰だと心から感謝しています。好きな道をここまで歩けたこと、それだけですごく幸せなことです。歌手としては本当にいい人生でした。この後は、病気をしたことがあったので体には気をつけて、皆さんが喜んでくださる顔を大切にしてこれからも歌い続けていきたい。でもまだまだ元気ですので、あと35年はやろうと思っています(笑)。いまジムに通っていますが、足腰を鍛えるのに日舞を習ったらいいかなと思っていまして、来年は日舞にも挑戦してみたいですね」と話していた。
来年1月8日から14日まで愛知・名古屋市の御園座で「美律子と純烈の 新春!初うた!! 初笑い!!!」と題した新春特別公演を開催。

来年3月9日にこの日のコンサートの模様を収録したDVDとCDが発売予定となっている。

(提供:サンニュース)

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着