BLVCKBERRY

BLVCKBERRY
2021年7月の始動以来、独自のスタイルでメンズアイドルシーンを席巻するBLVCKBERRYが、12月14日にリリースする待望の1stシングル「2035」のMVを公開した。

今作もこれまでと同様に私立恵比寿中学やラブライブ!、谷山紀章などの有名アーティストの楽曲を制作する音楽制作チーム“SPVRK”が手掛けている。また、表題曲である「2035」は、サイバーパンクをテーマとした近未来の儚い二人を描いた楽曲となっており、サウンドはデジタルなハイブリッドミクスチャーロックだ。

女性アイドルではしばしば“楽曲派”というワードを耳にすることがあるが、BLVCKBERRY最大の魅力はなんといっても男性アイドルとして“楽曲派”という言葉を再定義し、“新世紀楽曲派”とも呼べるハイレベル、ハイクオリティなこの楽曲たちにあるといえるだろう。

また、「2035」のMVは前作「Phoenix」同様、MY FIRST STORYなどのMVや映画にも携わる木村和亮が担当し、ダンスと歌唱シーンがメインだった前作とは打って変わってストーリー性のある壮大な作品に仕上がっている。そのため、ダンスシーンや歌唱シーンの他にメンバーの演技シーンがあるところも見どころのひとつだ。

さらに、12月17日に新宿BLAZEにて行われる『BLVCKBERRY 1st ONEMAN LIVE 「不死鳥」』のチケットは販売開始後6分で完売となり、まだまだ彼らの勢いはとどまることを知らなそうだ。

「2035」MV

シングル「2035」2021年12月14日発売
    • 【A-TYPE】(CD)
    • SPVK-001/¥1,200(税込)
    • <収録曲>
    • 1. 2035
    • 2. Phoenix
    • 3. Awake_?
    • 4. 2035 (Instrumental)
    • 5. Phoenix (Instrumental)
    • 6. Awake_? (Instrumental)
    •  
    • 【B-TYPE】(CD)
    • SPVK-002/¥1,200(税込)
    • <収録曲>
    • 1. 2035
    • 2. レイメイ
    • 3. SIDE by SIDE
    • 4. 2035 (Instrumental)
    • 5. レイメイ (Instrumental)
    • 6. SIDE by SIDE (Instrumental)
    •  
    • ※11/30(金)音楽ストリーミングサービスにて全世界へサブスク先行配信決定!

『BLVCKBERRY 1st ONEMAN LIVE「不死鳥」』

12月17日(金) 東京・新宿BLAZE
OPEN 16:30 / START 17:30
※THANK YOU SOLDOUT!!

BLVCKBERRY
『BLVCKBERRY 1st ONEMAN LIVE「不死鳥」』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着