手越祐也 連続配信 第5弾「ONE LIFE」11/24(水)にリリース決定!

手越祐也 連続配信 第5弾「ONE LIFE」11/24(水)にリリース決定!

手越祐也 連続配信 第5弾「ONE LIFE
」11/24(水)にリリース決定!

連続配信 第5弾「ONE LIFE」11/24(水)配信リリース決定!

本年7月7日、七夕の日に「シナモン」でスタートした手越祐也6ヶ月連続デジタルシングルリリース。
手越祐也「ウインク」歌詞の意味は?異色コラボ が生み出したハロウィンソングを考察!
https://utaten.com/specialArticle/index/6992
これまで様々なジャンルの楽曲をリリースしてきたが、第5弾となる「ONE LIFE」は大空に向けた美しく壮大なバラードになっている。

毎回、新たな主人公を演じるかのような様々なカラーの作品をリリース、ヴォーカリストとしてのポテンシャルを見せつけてきた手越祐也。
今回の「ONE LIFE」では、子供の頃に見た青空と大人になって見る青空はどこか変わったように見える、でもそれは青空自体は全然変わってなくて、きっと大人になった自分が変えてしまってたのかもしれない。
あの頃の自分、真っ直ぐに走っていた少年の頃の自分を誇りに、一度きりの人生が精一杯輝くように、走り続けたい、そんな想いを繊細でかつ大地を包み込むようなオーケストラサウンドに乗せて歌っている。
今回、特筆すべきなのは豪華な作家陣と結集したミュージシャン、スタッフ。
作詞にjam氏、作曲にはMISIAの“Everything”など手掛ける松本俊明氏、アレンジには日本を代表する編曲家、キーボードプレイヤー武部聡志氏また、エンジニアはサザンオールスターズMr.Childrenらの作品で有名な今井邦彦氏を迎えている。
ミュージシャンも鶴谷智生(Dr)、浜崎賢太(Bs)、石成正人(Gt)、そしてストリングスには今野均ストリングスがバックを固めている。
そして「ONE LIFE」は超豪華な作家、ミュージシャンの元、より艶やかで伸びのあるヴォーカリストとしての手越祐也の歌唱が存分に発揮された作品となっている。
20日にSPACE SHOWER TV Plusで放送される「スペプラ手越 〜Music Connect〜」では「ONE LIFE」のレコーディング風景に加え、楽曲に対するコメントも放送される。
またリリース日の11/24 20:00からは「ONE LIFE」のミュージックビデオも公開も予定されている。
リリース情報
6ヶ月連続配信、第5弾Digital Single
ONE LIFE / 手越祐也
作詞:jam 作曲:松本俊明 編曲:武部聡志
2021年11月24日配信
1st ALBUM
NEW FRONTIER / 手越祐也
2021年12月22日発売
<初回限定盤>
FLCF-4526 ¥4,800(tax in)
<通常盤>
FLCF-4527 ¥3,300(tax in)

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着