ぽらぽら。

ぽらぽら。

【ぽらぽら。 インタビュー】
心地良い音を追求した
自然体のエレポップ

歌詞は音の一部であり、
自分の素直な感情

アルバム『ONE-O-ONE』は日頃の生活で感じる息苦しさや、やるせない気持ちを可愛らしくドリーミーなサウンドで浄化している印象がありました。いつ頃からアルバムの構想は練っていたのでしょうか?

曲は書き溜めていたので、本当は昨年リリースするつもりだったんです。でも、コロナ禍の影響で世の中が沈んでいたので、そんな時期に作品をリリースすることに躊躇したところもあるし、ライヴ配信やトーク配信を始めたり、初めてのことをするための準備が多かったのもあって、アルバムの制作まで手が回らなかったんですよね。とはいえ、今年はアルバムを出したかったので、頑張って制作をしていきました。

「RE:BORN」や「奇跡の集合体」といったピュアな気持ちが真っ直ぐ届く曲だけでなく、可愛らしいトラックにシュールな世界観の歌詞が乗る楽曲、穏やかな眠りに誘われる楽曲などがありますが、歌詞と楽曲のコントラストは意識的なものなのでしょうか?

曲は思いつくままに作っているだけですね。曲が先に出来上がることが多いですが、歌詞の世界観を思いついてから“こんな曲調にしたいな”と作っていくこともあります。それこそ「奇跡の集合体」は歌詞が先です。この曲は神保町試聴室を救うプロジェクトのオムニバスCDに収録するために書き下ろしたものなので、“ライヴハウスを助けたい! 自分たちも頑張らなくては!”という想いを込めた曲にしたかったんです。

「Wander in the Musi-Q」は前向きな歌詞が印象的ですが、途中で少し転調があって楽曲の世界が変わるのが印象的でした。この音の変化がまた違う歌詞の意味を生むというか。

ありがとうございます。でも、そういう意図は特にないです(笑)。歌詞から作っていく曲以外は音の気持ち良さだけで作っているんです。だからと言って歌詞をないがしろにしているわけではないんですけど、音の一部として使っているところが大きいので、歌詞カードをじっくり読んで“こういう内容だったんだ!?”となってもらえるのもありかなというスタンスです。

音としての気持ち良さが重要なんですね。でも、本音が吐露された歌詞が多いような気もして。特に「高所恐怖症」は顕著ではないかと。

この曲はどんなに頑張っても上には上がいて、なかなか届かないという不甲斐なさと、高所恐怖症の自分を掛け合わせて書いています。歌詞は誰かに伝えたいメッセージというより、その時の自分の“素直な感情の記録”というか。私自身が前に進んでいくための気持ちや、自分に対する応援のような歌詞が比較的に多いと思います。ネガティブっぽく見えるけど、実は前向きな内容が多いんですよ。

楽曲の構成は洋楽的だなと思いました。

そうですね、そのあたりも無意識です。もともとヨーロッパのポップスや洋楽を聴いて育ってきているので、その影響もあるのかもしれないです。アレンジやサウンドで曲を好きになることが多いので、音の選び方、動き方、明るさにはこだわりを持って作っています。今回のアルバムでは「RE:BORN」だけyasushi.kさんがサウンドリプロダクトをしてくださっているんですけど、これはもともとコラボ案件でyasushi.kさんにサウンド・リプロダクトしていただき、それがかなりカッコ良くいい感じに仕上がったので、今回アルバムにも収録させていただくことにしました。

「RE:BORN」はソロアイドルユニットのmy♪ラビッツのみゆさんのラストシングル曲にも起用されていましたね。

みゆちゃんの「RE:BORN」は、エイプリルズのイマイケンタロウさんがアレンジしているので雰囲気がガラッと変わって、すごく可愛らしくなっていましたし、islandhouseの山本真平さんがリミックスをしたバージョンもまた雰囲気が違って、その違いが面白いなと思いました。過去にコラボレーションCDで他のアーティストさんと楽曲をアレンジし合ったりもしてたんですけど、アレンジだけでかなり楽曲の印象が変わることを実感しています。

4年4カ月振りのアルバムを完成させて、現在の心境はいかがでしょうか?

最近の曲を一枚にまとめてみて、自分でも結構いい曲が収録できたと思っています。渾身のアルバムです。今はライヴの準備で頭がいっぱいなんですけど、ライヴが終わってひと段落ついたらまた曲が作りたくなるのかなと思っています。

取材:沖さやこ

アルバム『ONE-O-ONE』2021年11月10日発売 On-do
    • STPR-0006
    • ¥2,500(税込)
ぽらぽら。 プロフィール

ポラポラ。:“ふわふわ+ピコピコ”サウンドをコンセプトとした、セルフプロデュースプロジェクト。自身で作詞作曲編曲、アートワークのデザインもマルチにこなし、イタリアのショートフィルムに楽曲が採用されたほか、iPhoneゲームアプリ『GROOVE CATCH』に楽曲提供をするなど、精力的に活動を行なっている。ぽらぽら。 オフィシャルHP

「奇跡の集合体」MV

『ONE-O-ONE』試聴Sample

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着