足立佳奈

足立佳奈

【足立佳奈 インタビュー】
“あなたがいて私がいる”という
視点で曲を作りたいと思った

20歳を迎えてリリースした2ndアルバム『I』(2020年2月発表)から約1年9カ月、配信シングル「朝になったら削除します」「まちぼうけ」「ノーメイク」「Film」「キミとなら」を含む3rdアルバム『あなたがいて』が完成した。デビュー以来、日常から感じた想いを等身大の歌として届け続けてきた足立佳奈の“現在地”とは?

本当にいろいろな方々と
作らせてただいた作品

今作の制作にあたって意識されたことは?

2ndアルバムは20歳になってすぐの作品だったこともあり、自分が大人になるということや、もっとしっかりしなくちゃいけないという想いが前面に出ていたので“I”というタイトルになったんです。『あなたがいて』は制作に向けて話をしている時に、スタッフさんが“佳奈ちゃんの話には、いつも相手がいるよね”と言ってくれて、“私はそういう人なんだ!?”と改めて自分を見つめ直して、“あなたとの思い出”や“あなたと出会った瞬間”を曲にしてみようと。前作は自分自身のことだったけど、今作は“あなたがいて今の私がいる”という視点から相手と私の気持ちを楽曲にしたので、タイトルも“あなたがいて”にしたんです。

収録曲は多彩ながら、ご自身の持ち味も際立っているように感じました。今作では共作曲も多いですよね。

今回は本当にいろいろな方々と作らせていただきました。「ライオンの居場所」は事務所の先輩であるハマ・オカモトさん(OKAMOTO’S)に私からSNSのDMで連絡をしてプロデュースをお願いさせていただきました。ハマさんも“やろうよ!”と気さくに話を進めてくださったんです。私が曲を仕上げてハマさんに送って、その曲をより良くしてくれるミュージシャンの方々をハマさんが集めてくださいました。

バンドサウンドの「ライオンの居場所」は今までとは違った“華”のある楽曲ですね。

私も新しいと思いました。今までなかなか楽器のレコーディングに立ち会うことができていなかったのですが、今回はハマさんたちが演奏されているところを初めて見させていただいたり、そのテイクを選ばせていただいたりして作ることができたので、すごく新鮮でしたし、勉強になりましたね。歌詞もハマさんやドラムを担当してくれた澤村一平さん(SANABAGUN.)をはじめ、みなさんが客観的な意見をくださったんです。その意見を持ち帰って書き直すということを何回か繰り返しました。歌詞では初めて家族と過ごしている時の自分のことを書いています。動物園に行った時に見たライオンが、家族と一緒にいる自分と似ている気がして…そういう自分を見せるのは少し恥ずかしいですね(笑)。今まで見せていなかった新しい顔だと思います。そんなふうにサウンドだけじゃなく、歌詞の内容もみなさんと一緒に作らせていただいたのが楽しかったです。

歌詞の世界感も印象的な「2歳の記憶」では、Schroeder-Headzの渡辺シュンスケさんが参加されていて。

ピアノでこの曲のデモを作った時に、スタッフさんと“レコーディングはピアニストの方と一緒にできるのがいいね”という話になり、私もそう思って以前からご一緒したかったシュンスケさんにお願いしました。“せーの”でシュンスケさんのピアノに合わせて歌いながらレコーディングをしたんです。一発に気持ちも音も込めるレコーディングのスタイルは本当に挑戦でした。シュンスケさんだからこそ、こんなにエモーショナルな歌に仕上がったんだと思います。

歌詞はどのように生まれたんですか?

以前、私があるアーティストのライヴを観させていただいた時に、その方が“みなさんにも鮮明に覚えている小さい頃の記憶ってありますよね?”と語りかけていたんです。“私にもあるかな?”と思いながら歌を聴いていたんですけど…家に帰ってから自分のことを思い起こしていたら“パパとの思い出だ!”と思って。実体験をもとに父との思い出を書きました」

配信リリースもされたwacciとのコラボ曲「キミとなら」は男性ヴォーカルとのデュエットということもあって、アルバムとして聴くとより新鮮に聴こえました。

もともとwacciさんの曲をすごく聴いていたので、ご一緒できたのが本当に嬉しかったです。曲はwacciのみなさんで作ってくださったんですけど、やっぱり温かい曲ですよね。普段も♪キミとなら〜って口ずさみたくなる曲で大好きです! 10月の誕生日を皮切りに東名阪で開催したバースデーライヴ『ADACHI KANA BIRTHDAY PARTY 2021』でも歌ったのですが、みなさんが揺れながら聴いてくださっているのが嬉しかったです。制作中、wacciさんとテンポの話になったんですけど、テンポを変えるだけでこんなにガラっと印象が変わるんだと思いました。テンポが速いとより曲が明るくなって、ゆっくりだとさらにほっこりする感じになるんです。結果的に、遅すぎず早すぎず、その間を取ったテンポに仕上がって。wacciさんがわずかなテンポ感までこだわっているのが本当に素晴らしくて、私も学ぶことが多かったです。

シンガーソングライターのMichael Kanekoさんプロデュース曲の「おやすみ」も穏やかで心地良く浸れる一曲になりましたね。

この曲は1年半前ぐらいから温めていたんですけど、今作に入れたいと思い、歌詞も今の私から出てくるワードにしたいと思って、当時作った歌詞とは変えています。もっと具体的に、聴いている人も情景が浮かぶような歌詞にしたいと思って、いろいろな実体験をもとに自分の恋愛観を込めました。それと、私は夜の寝る前に歌ったり、家であぐらをかいてギターを持って曲を作ったりしていて…そういう自分のリアルと歌をリンクさせたいと思ったから、そのスタイルを真似て、レコーディングでも立たずに椅子に座って録音したんです。歌詞の主人公になりきって、家で過ごすいつもの感じでちょっと力を抜くという意味でも、そのスタイルでやってみようということになって。決してグダグダと歌っているわけじゃないですよ(笑)。
足立佳奈
アルバム『あなたがいて』【完全生産限定盤】(CD+Blu-ray+特典)
アルバム『あなたがいて』【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着