オススメJ-Indieプレイリスト『DIG
UP! - J-Indie -』更新 KEISUKE、Ai
Kakihiraなど|10月4週目

今週の「DIG UP!-J-Indie-」注目のアー
ティスト

じゃあね。 / KEISUKE

広島出身のシンガーソングライター、
の新曲。2018年夏から弾き語り動画をInstagramにアップし始め、現在のフォロワーは1万3千人超。TikTokでも絶大な人気を誇り、4万人以上のフォロワーを抱えるなど、2020年代らしいファンベースの築き方でリスナーから注目を集めています。本作「じゃあね。」は、遠距離恋愛の中で積み重なった小さなすれ違いによって取り戻せない距離ができてしまい、最後の“じゃあね。”を交わすことになってしまった様子を描写した失恋ソング。肌寒くなり、人肌恋しくなるこの季節にぴったりな美メロで、つい口ずさみたくなります。

立体交差 – 簾ンデゲオチェロ Remix / SKYTOPIA,ぎゅうにゅうとたましい,簾ンデゲオチェロ

Kero Kero BonitoKOMONO LAKEのメンバーとしても活動するプロデューサーSKYTOPIAと、個性派ラッパー・ぎゅうにゅうとたましいのコラボ曲「立体交差」を、流線Kグルーヴのメンバーでもあるプロデューサー・簾ンデゲオチェロがリミックス。オリジナルのソリッドなグルーヴはそのまま、ローファイからハイファイまで様々な質感を行き来し、音色のテクスチャが豊かに変化。さらに原曲にはなかったブレイクやアブストラクトなインストパートも追加され、よりアグレッシヴさが増したリミックスに仕上がっています。

Weigh me down / ego apartment

変幻自在に日本語詞と英語詞を混ぜ合わせ、アナログ感と新しさを融合させたオルタナティブサウンドが話題を呼んでいる1998年生まれの3人組ユニット・
の新曲。ギターのカッティングと4つ打ちによるダンサブルなグルーヴが特徴的な楽曲で、時折挿入される声モノのサンプリングやボーカルエフェクトがサウンドに奥行きを感じさせてくれます。日常に踊りをもたらしてくれるダンスナンバーです。

NIMAIGOSHI / Ai Kakihira

長崎県出身で東京を拠点に活動するAi Kakiharaの新曲。作詞作曲からトラックメイク、ミックスまで自身で手掛けるDIYアーティストで、今月に入ってからは、自身初のミュージックビデオとして既存曲「IBU」の映像をアップするなど、より積極的な動きを見せています。本作「NIMAIGOSHI」は、Ai Kakiharaのシグネイチャーともいえるオリエンタルでユルいサウンドに、金モノや太鼓類のビートで味付けしたリズムが心地よい楽曲。日本らしくもあり、同時にここではないどこかにも連れて行ってくれるようなナンバーに仕上がっています。

Fly Away / Hannah Warm

シンガーソングライターやトラックメーカーのみならず、フォトグラファーやデザイナーといったマルチな側面を合わせ持つアーティスト、Hannah Warmの新曲。サウンドプロデュースとギターは音楽プロデューサー・
、ベースは
が担当し、前作「Purple」と同じチームを迎えて制作されています。R&Bのグルーヴを土台にネオソウルへと昇華したモダンなプロダクションに。ウネるベースラインとシンセ、電子音のビートの絡み合いがクールです。
その他、注目のリリースには
などがラインナップされています。

第2,4木曜日更新のSpotifyセレクト『D
IG UP!-J-Indie-』

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着