2021年10月23日 at 渋谷Studio Freedom

2021年10月23日 at 渋谷Studio Freedom

【THE SAVAGE ライヴレポート】
『THE SAVAGE LIVE’21
“THE FIRST RGB”』
2021年10月23日
at 渋谷Studio Freedom

2021年10月23日 at 渋谷Studio Freedom
2021年10月23日 at 渋谷Studio Freedom
2021年10月23日 at 渋谷Studio Freedom
2021年10月23日 at 渋谷Studio Freedom
2021年10月23日 at 渋谷Studio Freedom
 オープニングムービーが流れたあと、逆光のライティングに照らされてシルエットを浮かび上がらせたNADiA、TOMOYA、YUYA、NANA。1曲目を飾ったのは「Infinity」だった。歌いながらフォーメーションを変化させて踊る姿が、ステージ上にドラマチックな空間を構築していく。ダンス、歌、ラップを4人が一丸となってエネルギッシュに表現しているさまに、観客はどんどん引き込まれていった。

 「MidNight SunLight」「Lapis Lazuli Liberty」「Candy Sky」が披露されると、最初のMCタイムへ。NADiA は“夢みたいな景色。6月19日にワンマンライヴを予定していたんですけど、緊急事態宣言の真っ只中ということで延期になってしまい。でも、こうしてみなさんと盛り上がれる日がきました!”と、初の有観客ワンマンライヴを開催できていることに対する感慨を言葉にあふれ返らせ、TOMOYA、YUYA、NANAも心底嬉しそうな表情を浮かべながら、観客がいるフロアーを眺めていた。そして、4人がステージに並べられた椅子に腰をかけると、“大好きな楽曲をアレンジして披露したいなと。今日、初めてこの場で披露させていただきます”と、「Green Shade(Acoustic)」「Viridian Mood(Acoustic)」を披露。アコースティックアレンジの瑞々しいサウンドで包み込んでくれるひと時であった。

 DJ nisi-pのターンテーブルプレイが冴え渡ったインターバルを挟んでライヴは後半へ。「Dirty Wolf Moon」「Cobalt Half Moon」「BlackOut 4Style」が届けられたあと、NADiA、YUYA、NANAのダンスソロも炸裂し、「Cryin' Blue Rain」では振り付けを真似して踊る人々の動きがフロアーを明るいエネルギーで彩る。

 “今披露した「Cryin' Blue Rain」の振り付けを考える時に、“みんなで踊りたいよね?”という話をしていたんです。そんな時にとてもお世話になっているMINMIさんのライヴに出演させていただいたんですけど、そこで電撃ネットワークのみなさんと同じ舞台に立たせていただいてインスパイアを受けた振りなんです。その話をしたくて、ずっとウズウズしてました(笑)”(NADiA)

THE SAVAGEはほとんど自分たちで振り付けを考えているんですけど、やっぱり踊っていると疲れるよね? “なんでこれ作っちゃったんだろうね?”って(笑)”(NANA)

“毎回マックスで作りすぎちゃって、作ったあとに気づく効率の悪いグループなんです(笑)”(NADiA)

 そんな振り付けに関するエピソードやオリジナルグッズの紹介を経て、ライヴはいよいよ佳境に突入! “明るい未来へ、みなさんと手を叩こう!”というNADiAの言葉に応えて観客の力強い手拍子が起こった「Clap For Klap」、掲げたタオルを回転させる振りが心地良い一体感を生んだ「Gold Round」、「SunLight Yellow」のアツい盛り上がりとともに本編は締め括られる。そして、アンコールで「THE WHITE STORY」を披露すると、YUYAとTOMOYAが想いを語った。

“THE SAVAGEは昨年の9月に結成して、最初は5人でやっていて。ひとり抜けてしまったんです。“その先どうするんだ?”という不安が毎日あったけど、4人でやるって決めたので。またこうしてステージに立たせてもらったことを本当に幸せだと思っています”(YUYA)

“今日、映画館や遊園地とかではなくて、THE SAVAGEのライヴを選んでくれて、本当に感謝しています。これからも頑張っていくので、また直接お会いできる日を楽しみにしています”(TOMOYA)

 彼らの言葉を噛み締めつつ耳を傾けたラストの曲「GrayWall Distance」は、力強く前に進もうとしている4人の意思を示しているように感じられた。こうして終演を迎えた『THE SAVAGE LIVE’21 “THE FIRST RGB”』。今後の活動への期待も膨らむ初ワンマンライヴであった。

撮影:Momoko Maruyama/取材:田中 大


セットリスト

  1. 1. Infinity
  2. 2. MidNight SunLight
  3. 3. Lapis Lazuli Liberty
  4. 4. Candy Sky
  5. 5. Green Shade(Acoustic)
  6. 6. Viridian Mood(Acoustic)
  7. 7. Dirty Wolf Moon
  8. 8. Cobalt Half Moon
  9. 9. BlackOut 4Style
  10. 10. Cryin' Blue Rain
  11. 11. Clap For Klap
  12. 12. Gold Round
  13. 13. SunLight Yellow
  14. <ENCORE>
  15. 1. THE WHITE STORY
  16. 2. GrayWall Distance
THE SAVAGE プロフィール

ザ・サヴェージ:2020年9月に結成された男女混成ダンス&ヴォーカルグループ。クラシックバレエ、フラメンコダンス、コンテンポラリー、ジャズなどさまざまなジャンルを得意とするNADiA。4歳からダンスを始め、ジャズ・ヒップホップを得意とし、バックダンサーや振り付けアシスタントを務めるNANA。サポートダンサーとしてライヴやMVへの出演を多数経験し、ラップも得意とする他、リリック制作にも積極的に取り組むYUYA。韓国発の公開オーディション『PRODUCE 101 JAPAN』では練習生に選ばれ、歌手を目指しながら実家の家業である植木屋の仕事もこなすTOMOYA。さまざまな経歴を持つ4人が集結し、強い決意を持って“ヤバイ”ものを作り上げていく。THE SAVAGE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』