豊川悦司と中村倫也が型破りな刑事コ
ンビを“ワンシチュエーション”で演
じる ドラマ『No Activity/本日も異
状なし』特報映像を解禁

Amazon Originalドラマ『No Activity/本日も異状なし』が12月17日(金)より配信されることが決定。あわせて、特報映像とキービジュアルが解禁された。
『No Activity/本日も異状なし』は、出世を諦めた万年ヒラ刑事・時田信吾と、人たらしな新米刑事・椎名遊のバディが、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす騒動を描いた連続ドラマ。主人公の時田信吾役で主演するのは、豊川悦司。時田は、敏腕刑事のように見えるが、実は昇進とは無縁の警視庁のお荷物刑事で、捜査の現場でもやる気を見せず、謎の迷言を次々と繰り出しながら人を煙に巻いてゆく人物だ。また、時田とバディを組む椎名遊役で、中村倫也が共演。椎名は自動車学校の教官から警察に転職してきた異色の新人刑事で、聞き上手で人たらしな一面を持ち、ベテランの時田もつい本音を漏らしてしまう。メガホンをとったのは、映画『ヒロイン失格』や『賭ケグルイ』シリーズ、『東京リベンジャーズ』などの英勉監督。脚本を手掛けるのは、映画『甘いお酒でうがい』、『美人が婚活してみたら』や、ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』のシソンヌのじろうが手がける。

公開された特報映像では、大規模な麻薬捜査に張り込む時田と椎名が、銃を片手に現場に突入するのかと思いきや、下ネタなどふざけた会話で盛り上がってしまう様子が切り取られている。また、キービジュアルでは、マンガや競馬新聞、お菓子の袋やルービックキューブが散乱する中、キメ顔で警察車両に乗り込む時田と椎名の顔がデザインされている。
主人公の時田を演じた豊川悦司は、「じろうさんの脚本がとても面白く、台詞一つ一つに説得力がありました。相方が中村倫也さんだったこともあり、とても楽しそうな企画で是非参加したいと思いました。登場人物たちのユーモア溢れる掛け合いを楽しんでください」とコメント。
相棒の椎名を演じる中村倫也は、「刑事ドラマなのにほぼワンシチュエーションの設定で、どうしようもない会話だけで物語が進んでいくという日本では珍しい作品だと思います。この作品であれば楽しそうなことできるなと思いました。豊川さん演じる時田とのちょっと変わったバディ感を楽しんで下さい」と語っている。
また、英勉監督は、「じろうさんが苦労して書かれた脚本が素晴らしく面白かったです。俳優陣の演技も素晴らしいので、これまでにない刑事ドラマに仕上がっていると思います。ぜひご期待ください」、脚本のシソンヌじろうは、「豪華なキャストの方々に出演していただけることを知った時、“とんでもない案件に関わってしまった…”、と畏れおののきました。個性の強いキャラクターたちの会話劇を、監督がどのように仕上げてくれたのかが楽しみでなりません」と、それぞれコメントしている。
ドラマ『No Activity/本日も異状なし』は、12月17日(金)Prime Videoにて独占配信。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着