BTS、国連総会演説&パフォーマンスに外信が集中報道!

BTS、国連総会演説&パフォーマンスに外信が集中報道!

BTS、国連総会演説&パフォーマンスに
外信が集中報道!

国連総会演説&パフォーマンスに外信が集中報道「BTSはもう国連の常連」

BTSが第76回国連総会で「未来世代と文化のための大統領特別使節」として演説を通じ伝えたメッセージに外信も注目した。
BTS「Dynamite」歌詞の意味やMVの世界観を解説!虜になる人が続出する訳は?
https://utaten.com/specialArticle/index/5716
BTSは20日に開催された国連総会特別イベント「SDGモーメント」の開会セッションで青年と未来世代の声を全世界に伝えた。 パンデミックの状況の中で、より健康に生きるために努力する若い世代の話などを紹介し、共感を集めた。
BTSは挑戦を恐れない未来世代について「コロナによる『ロストジェネレーション』ではなく『ウェルカムジェネレーション』という名前の方がふさわしい。 変化に怯えるよりはウェルカムと言いながら前に進んでいく世代という意味」と強調した。
メンバー全員が韓国語で演説したのに続き、会場など国連総会を駆け巡りながら軽快な魅力の「Permission to Dance」のパフォーマンスを披露し、注目を集めた。
アメリカの有力メディアは、このようなBTSの行動を深く取り上げている。 ニューヨークタイムズは「国連のメインステージに上がったBTS…100万人以上のファンがリアルタイムで見守った」という見出しの記事をホームページに掲載した。
ワシントンポストも「100万人の視聴者が月曜日を最も熱く盛り上げたイベントを見守った」と言及した後「7人のメンバーは若い世代の経験を分かち合い、未来を見る観点がパンデミックによってどう変わっているのかについて話した」と伝えた。
音楽専門メディアビルボードは「BTSは愛と共同体のメッセージをグローバル舞台にもたらした。 彼らは世界をよりきれいで効率的な場所にするために集中する若い世代に希望のメッセージを伝えた」と紹介した。
BTSが2018年と2020年に続き2021年に3度目となる国連演説に参加したことについて、IT専門メディアのマッシャブルは「BTSはもう国連の常連」と評し、ローリングストーン、バラエティー、ティーンボーグなどの主要メディアがBTSの国連総会での演説とパフォーマンスにフォーカスを当てた。
一方、BTSは第76回国連総会での演説やUN SDGモーメントとのインタビューをはじめ、メトロポリタン美術館の韓国室への訪問、米ABC放送のインタビューなど、活発な特使活動を行っている。
Photo by (P)&(c)BIGHIT MUSIC

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着