TikTok Spotlight 最終選考アーティ
スト発表、TuneCore Japanからのエン
トリーアーティストが多数選出

TikTokによる才能溢れるアーティストの夢を応援する音楽プロジェクト「TikTok Spotlight with JP THE WAVYAwesome City Club・Chinozo」の最終選考アーティスト16組が発表されました。

TuneCore JapanはTikTokと連携し、同プロジェクトのエントリーを8月13日から9月10日まで実施し、今回3つの部門、JP THE WAVY(HIPHOP,R&B)部門/最終選考アーティスト5組、Awesome City Club(Rock,POP)部門/最終選考アーティスト6組、Chinozo(ボーカロイド)部門/最終選考アーティスト5組の16組の枠において、各部門でTuneCore Japanからエントリーしたアーティスト計7組が見事最終選考に進出を果たしました。

TuneCore Japan以外にも、TikTokからのダイレクトや複数のエントリー窓口が用意され、非常に多数の応募曲があった中、最終選考アーティストの半数近くがTuneCore Japanからエントリーしたインディペンデントアーティストとなりました。

TuneCore Japan経由で各部門の最終選考に残ったアーティストと楽曲は下記となります。


【JP THE WAVY(HIPHOP,R&B)部門】
HYBRID MUSIC「Grrrr!!!!」
https://linkco.re/5as9uMM7
Billy Laurent「BABYSTA☆」
https://linkco.re/z2py27ex
POOL「R.O.O.M」
https://linkco.re/HE3DaYQ9
【Awesome City Club(Rock,POP)部門】
BURNABLE/UNBURNABLE「このままどこか」
https://linkco.re/hAxBgMu0
荒巻勇仁「不透明」
https://linkco.re/anBYGSaF
【Chinozo(ボーカロイド)部門】
QutaQuta「タイムロスルーザー」
https://linkco.re/NtEGstZ8
端希「ブラック・リモ」
https://linkco.re/bTRAZ24e
また、本日9月16日から9月23日にわたり、各部門の優勝者を決定する最終選考が実施されます。最終選考は、ユーザー投票に加え、アプリ内での楽曲再生数や投稿数、アンバサダーアーティストの審査により決められます。

各部門優勝者はアンバサダーアーティストによる楽曲プロデュースを受けることができ、さらにアンバサダーアーティストとともにライブに出演できる権利も得られます。そして、各部門の優勝者楽曲のアプリ内での再生数や投稿数、LIVE視聴者投票などを総合的に判断した上で選ばれた1組がTikTok CMソング&アプリ内でのハッシュタグチャレンジ権を獲得できます。

TikTok Spotlight with JP THE WAVY・Awesome City Club・Chinozo 最終選考投票ページ :

TuneCore Japan

チューンコアは、自分の楽曲をiTunes, Amazon Music, Google Play Musicなど世界120ヵ国以上の配信ストアで販売できるサービスです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着