大空ゆうひらが日本古典の名作を“朗
読×日本舞踊”で上演 朗読舞踊劇T
ales of Love『お七-最初で最後の恋
-』オフィシャルレポート

日本古典の名作を“朗読✕日本舞踊”で届ける新感覚エンターテインメント、朗読舞踊劇Tales of Love『お七-最初で最後の恋-』が9月10日(金)に開幕、 9月12日(日)まで東京・よみうり大手町ホールにて上演された。本公演のオフィシャルレポートが到着したので紹介する。
『朗読舞踊劇Tales of Love』とは、日本の古典芸能の中で生まれ育まれてきた数々の恋の物語を解きほぐし、“朗読✕日本舞踊”という異色のコラボレーションで伝えるエンターテインメント・シリーズ。今回はその第1弾として 実在したといわれる“八百屋お七”(井原西鶴『好色五人女』巻四「恋草からげし八百屋物語」より)を題材に、少女・お七の命を賭した激しく切ない初恋を描く。
9月10日(金)公演、吉三郎役:中島ヨシキ
9月11日(土)公演、吉三郎役:福山潤
9月12日(日)公演、吉三郎役:神尾晋一郎
主演のお七を演じたのは女優の大空ゆうひ、お七の心情を舞い踊った舞踊家・花柳幸舞音、日替わりで吉三郎を演じたのは声優の、中島ヨシキ(9月10日(金)出演)、福山潤(9月11日(土)出演)、神尾晋一郎(9月12日(日)出演)。 さらにギタリスト・KOHKIと尺八奏者・大河内淳矢が生演奏で参加した。上演台本は与田想。 演出は中屋敷法仁(劇団「柿喰う客」)。
9月10日(金)公演、 吉三郎役:中島ヨシキ
9月10日(金)公演、吉三郎役:中島ヨシキ
艶やかな振袖姿の花柳が膝をついてうなだれ、頭にはすっぽりと白い手拭いがかけられているという、ショッキングな姿から始まった本作。そのすぐ近くで朗読が始まり、声優が演じる奉行が、大空演じるお七に対し、火付け(放火)の罪を確かめている。舞台セットは、KOHKIと大河内が演奏するための台と、段がひとつだけあるシンプルなカタチで、演者はそこに立って朗読したり、段に座って朗読したりする。衣装もシンプルで声で物語を届けることを際立たせていることがわかる。
9月12日(日)公演、吉三郎役:神尾晋一郎
冒頭の朗読で、お七の16歳という年齢を知り、大空の朗読をどこか大人っぽくも感じた。けれどそれが、この物語でこれからお七が体験する“最初で最後の恋”を経て辿り着いた姿であることは、そこからの朗読でじっくりと感じることになる。お七を表現する花柳の舞は実に表情豊か。朗読と舞が説明のしあいにならず、「掛け算」や「化学変化」とはまさにこれなのだと納得させるほどに、朗読が広げる世界に舞が色彩を乗せ、舞が表すカタチのないものを朗読が鮮やかにし、これまでに観たことのないコラボレーションが生まれていた。そして中島、福山、神尾は、吉三郎役をはじめ、お七の家に仕える下女・お杉、 お七を裁く奉行と、演じ分けが見事。それぞれの姿がありありと浮かんでくるような朗読は、一人ひとり違う温かさや慈しみを感じさせ、それがこの物語をより切なく繊細なものにしていた。
朗読と舞と音楽が三位一体となり、お七の恋が劇場を満たす作品となった。
取材・文=中川實穗 撮影=源賀津己

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着