星野源が菅田将暉主演の映画『CUBE
⼀度⼊ったら、最後』に主題歌を書き
下ろし 斎藤工や吉田鋼太郎らが絶叫
する予告編も公開

10月22日(⾦)公開の映画『CUBE ⼀度⼊ったら、最後』に、星野源が書き下ろしの新曲を主題歌として提供していることがわかった。
1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督による『CUBE』は、「ソリッド・シチュエーション・スリラー」と呼ばれる密室サスペンス映画の先駆けとして、世界中でカルト的人気を誇っている。男女6名がある日突然、立方体=CUBEの中で目を覚まし、理由もわからないまま、熱感知式レーザー、ワイヤースライサー、火炎噴射といった仕掛けに襲われながら、脱出を図ろうとする姿を描いた作品だ。
日本版リメイクとなる『CUBE ⼀度⼊ったら、最後』では、主演の菅田将暉がエンジニア・後藤裕一を演じる。そのほか、団体職員・甲斐麻子役で杏、フリーター・越智真司役で岡田将生、中学生・宇野千陽役で田代輝、整備士・井手寛役で斎藤工、会社役員・安東和正役で吉田鋼太郎が共演している。メガホンをとったのは、『MANRIKI』の清水康彦監督。脚本を、ドラマ『おっさんずラブ』シリーズや『私の家政婦ナギサさん』の徳尾浩司氏がてがけ、映画『キングダム』やNetflix『今際の国のアリス』のやまだ豊氏が音楽を担当。また、クリエイティブ協力でナタリ監督が参加している。

星野が主題歌として提供したのは、映画と同タイトルの新曲「Cube」。星野が映画のために楽曲を書き下ろすのは、2018年の『ドラえもん』以来3年ぶり。「未来閉ざした もう終わりさ すべてに希望が⾒えない 振られた賽の中 閉じ込められた」という歌詞で始まる同曲を使用した予告編も解禁されている。
予告では、絶望の叫びから主題歌「Cube」がかかると、謎の⽴⽅体=CUBEに閉じ込められた6⼈の姿が次々と映し出されていく。さらに、レーザートラップや初お披露目となる映像のほか、菅田、斎藤、吉田らが絶叫する場面や、リメイク元でもおなじみの謎の暗号も映し出されている。
(c)2021「CUBE」製作委員会
星野、菅田、制作陣のコメントは以下のとおり。
星野源
オファーを頂き、カナダのオリジナル版と完成したばかりの⽇本リメイク版の『CUBE』を観ていると、その猟奇的な内容にこれまでになかったような新しい⾃分の⾳楽が作れる予感がしました。楽曲制作に⼊り、⼰と映画から受け取ったテーマをぶつけてみると、怒りにも似た爆発するようなエネルギーが⽣まれていき、それを⾳と⾔葉に封じ込めました。
ぜひ、わーきゃー叫びながら、爆⾳で聴いてください。
菅⽥将暉
圧倒的絶望の中にいて、希望を探す
希望を探すと愚かな⾃分に出会い
⾒つかりかけた希望が
⾃分のせいでまた失ってしまう
そんなCUBEという映画が最後星野さんの⾳楽によってその悲しみや後ろめたさは残したまま希望を持って前に進める作品になる気がしました
映画館から⽣活に戻っていく中で
これはとても⼤切なことだと思います
悲しみだけで終わらせない星野さんの⾳楽に頭が上がりません
今とても⼤事なことだと思います
是⾮お楽しみに
清⽔康彦(監督)
CUBEは、⾃分⾃⾝と向き合う空間。登場する⼈物たちは、向き合いたくない⾃分と向き合うことになります。まさに絶望。しかし、その先にあるものが絶望だけではないのだという、我々がCUBEで最も伝えたいことを、星野さんに描いていただけたように感じました。そして、映画を最後まで⾒てくれたお客さんを讃える歌でもある。星野さん、CUBEを締めくくるにふさわしい楽曲をありがとうございます。
制作陣
多彩な⾳の引き出しとアイディアに溢れている星野さんならば、映画の最後に、また新たな広がりを与えていただけるのではないかと感じ、この難題に挑んでいただきました。⾃由な発想で、今までなかった世界観で作っていただいた主題歌「Cube」は、まさに「⼈間の持つ無限の可能性」ということを形にしたような、思いがけない展開に溢れていて、エモーショナルかつダイナミックに脳内を駆け抜けていくような作品でした。
⼼から感謝しています。
『CUBE ⼀度⼊ったら、最後』は10⽉22⽇(⾦)全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着