L→R  えつこ(Vo&Key)、REIS(Vo)、休日課長(Ba)

L→R  えつこ(Vo&Key)、REIS(Vo)、休日課長(Ba)

【DADARAY インタビュー】
こういう状況なので、
焦らないで一曲ずつ作っていった

2ndフルアルバム『ガーラ』が完成! メンバーの休日課長が手がけたレシピ本『ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん』を原案としたドラマ『ホメられたい僕の妄想ごはん』の書き下ろし主題歌「Ordinary days」をはじめ、バンドの急速な進化を感じさせる新作とその背景について、メンバー全員にたっぷり語ってもらった。

DADARAYにとって大きかった
コロナ禍でのリモート制作

こうして楽曲がまとまったリリースはひさびさで、4枚目のミニアルバム『DADABABY』(2019年10月発表)以来ですけど、この2年は振り返ってみてどんな期間でしたか?

REIS
どうだったんだろうなぁ?
休日課長
思うように活動できない部分ももちろんあったよね。
えつこ
まず、2020年の春ツアーが全て中止になってしまって、“どうしようか?”って感じではあったんですけど、あの時期は演奏動画をSNSにアップするのが流行っていたじゃないですか。それでDADARAYも初めて3人だけで完結させたアレンジを新しくやってみたり。しかも、全部リモート作業で。コロナ禍だからこそ、聴いてくださるみなさんの楽しませ方をすごく考えたというか。
REIS
そういうのはDADARAYにとって大きかったよね。
えつこ
めっちゃアナログ人間で今まで宅録をまったくやってこなかった私もやらざるを得ない状況になったので、いろいろ機材を揃えたり。分からないことを周りの人に訊いたりして、なんとかスキルアップの期間にはできたと思います。

精神的に落ち込んだりしてしまうことはうまく避けられました?

REIS
いやー、すごく塞ぎ込んだ時期もありますよ(笑)。
休日課長
そりゃあ、当然あったよね。
REIS
でも、DADARAYは早い段階で立て直せた気がします。現状でやれることをひとつひとつしっかりやっていくっていうスタイルに徹せた感じで。無駄にもがくのではなく、精神的に安定できるような制作の進め方を選べて良かったと思いますね。そこを優先してスケジュールを組み替えてもらえたり、ちゃんとコミュニケーションがとれるメンバーで嬉しかったです。
休日課長
ツアーが中止になったのは、さすがにフラストレーションが溜まりましたからね。そんな中で、僕らはリモートのやりとりとかで気持ちを切り替えられた感じがします。無観客の配信ライヴもできたし。計2回やったんですけど、映像チームが全然違ったりして。
えつこ
そうだった、そうだった。

初回限定盤のDVDには、その無観客生配信ライヴの模様が収録されていますね(2020年10月4日の『YOI』at 下北沢ERA、2021年4月11日の『パリのラジオ』)。

休日課長
そうです。特に最初の配信ライヴなんて、長年お世話になっている下北沢ERAのチームに担当してもらったからすごく新鮮でした。これも今の世の中じゃなければなかった刺激だったなと。

アルバムの収録曲「イキツクシ(HOME VER.)」もリモート制作が出発点になっているそうですね。

えつこ
はい。今回のバージョンはまた新たにアレンジし直したものなんですけど、きっかけはYouTubeにあがっている演奏動画です。
休日課長
またガラッと変わったもんね。完全にまっさらなところから録り直したので。
えつこ
これも初めての経験だったんですけど、トラックは自分で全部作って、課長にベースを入れてもらって、そこから課長にエンジニアになってもらい、REISの歌と私のコーラスを録ってミックスするっていう。本当にDIYな感じで完成したバージョンなんです。普通に音楽活動を続けていたらきっとなかった経験でした。
休日課長
初めての経験で言うと、サポートもいろんな方に参加してもらっているんですよ。

例えば「ハートの合図」には柏倉隆史(toe、the HIATUS)さんがドラムで参加されていますね。

えつこ
私はご一緒するのは初めてだったけど、REISと課長は共演したことあるんだよね?
REIS
うん。ソロの時にね。
休日課長
僕はレコーディングでお世話になったのと、専門学校でセミナーをご一緒させていただいたこともあるんです。ドラムとベースについてそれぞれ話して、最後はセッションもするみたいな。今回、DADARAYで叩いていただいて、改めて感動させていただきました。

どういうところがですか?

休日課長
想像のつかない手段による表現力のすごみというか。一言では表現できませんが、曲のテンション感をすごく分かりやすくしてくださるドラムでもあって。ダイナミクスを滑らかに描いたり、かと思えば急激に変化させたり。
えつこ
圧倒的なドラミングなので自分がちゃんとついていけるのか不安だったんですけど、一緒に演奏してみるとこちらが合わせやすいように寄り添ってくれるという感覚で、とても貴重な体験でした。
REIS
柏倉さんのグルーブの中で生きているようでいて、自分のグルーブも出させてもらえるような。お互いに引き出し合える感じがありましたね。
えつこ
「Ordinary days」では真壁陽平さんにギター、GOTOくんにドラムで入っていただいたり、「流光」のギターはtricotのキダ モティフォさんが弾いていたりするし、「fake radio」のトラックではPARKGOLFさんにも制作参加してもらっています。あと、ライヴでいつもサポートしてくれているギターの木下 哲くん、ドラムの佐藤 丞くんも参加しています。ゲストミュージシャンそれぞれの味がいい感じで出ているんですよ。

いろいろな刺激を受けつつ、じっくり作れたフルアルバムという感じがしますね。

REIS
かなり時間をかけていいものが作れたと思います。
えつこ
「ハートの合図」「URARAKA」あたりは2020年の3月なので、緊急事態宣言が発令される前に録っていました。
REIS
最初の緊急事態宣言期間が明けてから、また曲作りしたりレコーディングしたりを繰り返す感じだったよね。
えつこ
本当はもっと早くリリースする予定もあったけど、こういう状況なので臨機応変にと言いますか、焦らないで一曲ずつ作っていこうって。1stフルアルバムの『DADASTATION』(2017年12月発表)に比べたら、すごく余裕を持ってやれましたね。
L→R  えつこ(Vo&Key)、REIS(Vo)、休日課長(Ba)
アルバム『ガーラ』【初回限定盤】(CD+DVD)
アルバム『ガーラ』【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着